MART ONE

ショップ マートワン

カテゴリー

【子育て豆知識】18ヶ月〜3歳までの時期

      2017/03/01

やさしいジョイントマット人気通販ショップMARTONE

【子育て豆知識】6

☀️魔法の子育て

18ヶ月〜3歳までの時期は、「自立」の基本が完成する大切な時期です。

この記事は前回の『人生が決まる10ヶ月~18ヶ月の時期〜子育て豆知識5』と併せてお読みください。「魔法の子育て」の核心です。

この時期の対応を間違わなければ、親子ともに幸福で楽しみを分かち合える関係を築ける確率が高くなりますが、
間違うと、親子ともに不幸な関係しか築けなくなるからです。

☀️対人関係の仕方を決める時期
 
この時期の目的は、アサーティブ(積極的自己主張)にイエス、ノーと言えるスキルを身につけさせることです。
自己主張を率直に認めてあげることが大切です。
 
こどもは自分の好みやしたいこと、したくないことを主張します。
こどもの主張にイライラすると親は自分の苦労を考えてしまいます。
自己憐憫になることで、子どもの意見を率直に受け入れず拒否したくなる場面も増えます。
子どもに対し否定的なるのは危険な行為で、否定感を植え付けてしまう危険があります。
 
☀️対人関係の仕方は4つしかない
 
・自分はOK、他者もOK
・自分はOK、他者はNO
・自分はNO、他者はOK
・自分はNO、他者もNO
 
対人関係の仕方は4つしかありませんが、
このうち私たちが社会で生きて行く上でとる好ましい態度はひとつだけです。
 
「自分はOK、他者もOK」だけです。
 
それ以外の
 
・自分はOK、他者はNO
・自分はNO、他者はOK
・自分はNO、他者もNO
 
は、どれをとっても成功はなく、幸せにはなれません。
少なくとも「幸福な成功」はありません。
 
ですから、積極的に子どもの主張を率直に受け入れるようにします。
 
食べたくないと言えば、率直に理由を尋ね受け入れます。
理由は受け入れてやり、しこりを残さないようにします。
 
理由を聞いてあげることで、話す練習にもなります。
うまく言えない場合も、否定せずに受け入れてあげましょう。
親の立場では、まるでわがままなお殿様、お姫さまに映っても、それでもOKです。
 
もし、「そんなわがままを言ってはいけません」と否定すると
子どもは、「ノー」と言ってはいけないんだと学習します。
 
しかし、子どもは自分の考えを主張したいので、いろんな場面で「NO」を言いたがります。
その度に「わがままな子にさせてはいけない」との危機感から、否定を続けると、子どもは学習を重ねて、「NOと言ってはいけない」と学びます。
 
その結果、社会に出てもNOが言えない人になってしまい、苦痛を背負わすことになります。
冗談でもプンプン、ツンツンした態度をとると、子どもの気持ちは歪んでしまいます。
 
☀️イエス、ノーが言える子に育てる
 
この時期の子どもは自我を主張する時期です。
 
自分の意見、イエス、ノーを率直に相手に伝える練習をさせてやる時期なのです。
 
「10ヶ月~18ヶ月の時期」に制約を教え、「18ヶ月〜3歳の時期」は子どものNOを認めてあげます。
 
これを逆にしてしまう親が少なくないので注意してください。
「10ヶ月~18ヶ月の時期」に制約を教えず、「18ヶ月〜3歳の時期」にわがままだと言ってNOを認めないのです。これは間違いです。
 
前の10ヶ月〜18ヶ月の時期が制約する時期だったのに対して、18ヶ月〜3歳の時期はNOを認めてあげる時期なのです。
この両輪が機能することが、社会を生きる力の基礎になります。
 
この時期に教えることは、「自分の主張をしていい」ことです。
イエスともノーとも言ってもいいことを教えます。
 
それにはこどもの主張を聞き受け入れてあげるのがいいのです。
 
ただし誤解されないようにお断りしておきますが、個人の主張と社会の制約を混同しないでください。
 
ノーを認めてあげるといっても、社会の制約を冒すことは注意しないといけません。
 
そのときには怒った表情で「ダメ」でなく「なぜダメなのか」「どうするのがなぜいいのか」を落ち着いて教えます。
 
言葉が通じるかどうか心配するより、通じると信じて、正面から愛情を持って真面目に誠実に話すことが大切です。
 
真摯であればあるほど、言葉、言葉のトーン、表情、態度が一体になって届いていきます。これが子どもに届くのです。
もし制約せずに、NOを認めなければどうなるでしょう?
 
・自分はOK、他者はNO
 
が対人関係の仕方として身につきます。
 
 
 
逆に制約が強く、NOを認めなければ
 
・自分はNO、他者はOK
 
が対人関係の仕方として身につきます。
 
しかし、自我が消えてなくなることないので、表面は順応したように見えても
 
・自分はNO、他者もNO
 
が対人関係の仕方として身につきます。
 
「三つ子の魂、百までも」と昔の人は言いましいたが、エラいものですね。
 
NOと主張しても、正しく受け入れてあげることで、
親に受け入れてもらえている「安心感」を得ることもできます。
 
☀️子どもは間違った決断をしてしまう
 
野生で生きる動物は別として、すべての子どもは親がライフライン、生命線です。
これは動物のすべてに通じています。つまり本能で感じるレベルなのです。
 
もし、この時期に、子どもがNOと言うと受け入れてもらえず、
親がそれまでの態度を豹変させたら、子どもは見捨てられたと感じます。
その原因を自分にあると思わざるを得ないので、自分を責め、従順になります。
 
しかし、その従順は生きるために仕方なしに選択したことなのです。
心のうちでは深い傷を負っているのです。
それを出さずに「良い子」になろうと決断します。
つまり自分を抑圧することを覚えるのです。
「良い子でいよう。自分を出してはいけない(人と仲良くしない)」と決断するのです。
 
・自分はNO、他者もNO
 
が、対人関係の仕方になります。
 
親でさえ自分を見捨てるわけですから、世のなかの人は見捨てるに決まっていると思うと、
親密な人間関係を築くことは傷つくことを選択するのと同じになるので、
人生に希望を持つことはできなくなります。
その反復で持たない方が幸せだと思うようになっていきます。
 
その結果、自分を出せば傷つくので、受け入れられるコミュニケーションをするためなら嘘が増えます
 
他者に嫌われないように、ひたすら外面の良い子を続けるか、
逆に、自分を傷つけて刹那的な愛情を求める人になってしまいます。
 
後者の場合は事件として露呈しやすく、ニュースになった事例に多く発見することができます。
またリストカットや売春など自傷行為に走ってしまうことも少なくありません。
 
18ヶ月〜3歳の幼児の時期に、反抗期の子どものあり方を作ってしまっているのです。
親が気づくのは10年先、20年先なのですが、ほとんどの人は気づきません。
むしろ自分に非があることを認めないのが大半なので、10年先、20年先の対応も誤り、生涯に影響することが多いのです。
 

次回は第二子が誕生したらどうなるかについてお話します。

 

Copyright (C) MARTONE All rights reserved

 

 コルクマット30cmレギュラーサイズ
やさしいコルクマット45cm
やさしいジョイントマット

子育て豆知識

 

 

 

 - ブログ, 子育て