MART ONE

ショップ マートワン

カテゴリー

【やる気の出るホームオフィス必読】なぜ、変われないのか?自分を知るアンケート

   

 

PDCA全速鬼回転

人は誰でも自分のことをそれなりに知っているつもりです。でも客観的にわかっているかというと怪しいものです。

自分を変えたい、変わりたいと願っても、感情だけで変えることはできません。

自分に何が足りていて、何が足りないのかを知って、不足を補うことが可能になります。

そうしないと、無意味に自分を責めて、自己否定感だけを強めることのなります。

そんなことのないように、自我のチェックしてみてください。

アンケート(Man_Survey.pdf

自分を知る

人にはP(親の心)、A(大人の心)、C(子どもの心) の三つの自我があります。

さらに自分を知るために、Pには父親の心、母親の心があり、Cには従順な子どもの心、無邪気な子どもの心があることを意識してください。

自分を知るために、自分の行動をP(親の心)、A(大人の心)、C(子どもの心) の三つの自我を数値化して図表に描くことが必要です。これを自我像の図式化(エゴグラム)とよびます。
TA(交流分析)ではP(親の心)、A(大人の心)、C (子どもの心)の作成と呼んでいます。

外界に露出した自分の行動をP(親の心)、A(大人の心)、C(子どもの心)、 三つの心を使って分析した結果を、数値化し、さらに図表化して描く自我像です。 この自我像によって、自分の思い込みとは違う「現実の自分」を浮き彫りにするの で、いま現在の自分がどんな自分なのか知ることができます。

なりたい自分に近ずくために、自分をどのように変えていけばいいのか、その具体 的な方法と手順を策定するための有効な資料として活用できるので自己改造に役立 てることが可能になります。

やる気の出るSOHO〜ホームオフィスにするには、不足する自我を発見して、3つの自我のバランスを整えるように推奨しています。

ともすれば観念的に理解した状態で、「変わりたい」「変わらなければ」と焦りだ けが先走りますが、それでは期待する結果を得ることは困難なばかりか、逆効果に 陥ります。大事なことは考えではなく日常の行動を変えることです。感情はコント ロールできませんが、行動はコントロールできるのです。つまり行動で自分に変革 を起こしていくのが早道なのです。 その処方箋を作るためのツールが「エゴグラム」です。エゴグラム作成のための元データになるのが、アンケート(Man_Survey.pdf)です。

今回の記事は気にいっていただけましたか

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1 2 3 4 5 6

 - SOHOホームオフィス, ブログ