MART ONE

ショップ マートワン

カテゴリー

【SOHO特集】2/14.フリーランスまたはホームオフィス〜リーダーシップ

      2017/03/07

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップMARTONE

SOHO・ホームオフィス・テレワーク・在宅勤務・コワーキング・ノマド

 

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップのショップMARTONEです。

SOHO(ホームオフィス、テレワーク、スモールオフィス、モバイルオフィス、在宅勤務、レンタルオフィス)には規模は小さくても、大仕事を片付ける力があります。
それを埋もれさせるか、プロジェクトに発展させるかは、自分のあり方(Be)次第。なにができる、する(Do)より、まずあり方です。

面倒なこともあります。
長い文章を読むように要求される場合もあります。

そんなときは、億劫になる原因を考えることも大事ですね。
でないと、次第にリーダーシップを失っていきます。

リーダーシップのある人は、逆境さえも自分の味方にして、したたかに生き抜く力がある人です。
だから読みたくない空気を読み、嫌な
ことまで分かち合い、しなくて良いことをわざわざすることもないのかも知れません。
でもそこにあるリーダーシップを使ってな大仕事に発展させるためには、ネガティブなことも味方にします。

だからSOHO(ホームオフィス、テレワーク、スモールオフィス、モバイルオフィス、在宅勤務、レンタルオフィス)のデスクの上には、夢だけにしておきましょう。億劫や面倒などストレスや余計なものは全部取り除き、夢とリーダーシップのミニマリストな環境にしておきます。

さあ、リーダーシップを発揮していくぞ!大仕事!

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップ

SOHOだからって、規模で測るのナンセンスの時代です。
中味が勝負。

そこでフリーランスまたはホームオフィスが発揮する14のリーダーシップについて
と、いっても大企業でも同じ、

リーダーシップで大事なことに、自分はわかっているが、クライアント、仲間、部下に通じていないことがよくあります。

2. その目的を達成すると、どうなるかを全員に認識させること。

これはPAC(3つの自我)の「厳格な父親の心」から発信される規則的とも言えるリーダーシップですね。

目的、方向性(数値目標)を示して、それを達成しても、自分がどうなるのか、わからないと不安は消えません。
不安を消すだけでなく、幸せに近づくことが理解できなければ、やる気は起こりません。

分かるように伝えるにはまず自分が相手を理解することです。

相手の言葉に耳を傾け寄り添わないと、相手の不安や希望は分からないままなのでズレが生じます。
傾聴から信頼関係を築き、目標を達成することで、目的が達成され、どのような効果が生まれるのかを伝え、「あなたはこうなるんですよ」と理解してもらうようにします。

このような話を得意としている人は多くはありませんが、一度で相手も理解するものでもないので、繰り返しが必要です。
繰り返しがトレーニングになり、自分も理解を深めて、話すことが得意になっていきます。

これは厳格な父親の心から発信されるものですが、厳しすぎるのは「抑圧」させるだけで、逆に意欲を失う原因になります。

「厳格な父親」を減らす言葉と態度

  • あなたの問題だろう
  • あなたのせいだ
  • どうにかしろ、なにやってるんだ
  • 当たり前だろ
  • ダメだろ
  • しっかりしろよ

「厳格な父親」を減らす態度

  • こまかいことまで注意しすぎない
  • 約束を守れなかった場合や間違いに感情的にならず理由を聞く
  • 最後までやり遂げられるようにプロセスに注意しプロセスでサポートする
  • 良い点に注目して、いたずらに厳しくしない
  • 助けの手を貸さない(貸すようにすることで減らせる)
  • 減点主義でユーモアない(ユーモアを発揮すれば減らせる)

類似する言葉を見つけてリストに加えましょう。

 

ホームオフィスにフリーデスク

詳細はこちら

 

あれこれ仕事の範囲が広いSOHO(ホームオフィス、テレワーク、スモールオフィス、モバイルオフィス、在宅勤務、レンタルオフィス)のデスクは大きいほうが便利です。作業に合わせて夢も広がります。

今回の記事は気にいっていただけましたか

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1 2 3 4 5 6

 - SOHOホームオフィス, ショップ