MART ONE

ショップ マートワン

カテゴリー

【SOHO特集 】ホームオフィスのデスクの上はミニマリスト。

      2017/02/28

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップMARTONE

SOHO・ホームオフィス・テレワーク・在宅勤務・コワーキング・ノマド

 

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップのショップMARTONEです。

SOHO(ホームオフィス、テレワーク、スモールオフィス、モバイルオフィス、在宅勤務、レンタルオフィス)は、とても多忙です。

忙しいと目的が微妙にズレてしまうことだってあります。
だから可能な限り余計なことはカットして、シンプルにしておきたいですね。
やはりホームオフィスはミニマリストがおすすめです。

山のようなガラクタ(不用品)は取り払い、本当に望んでいる人生(自分の居場所のある人生)だけにしておきたいです。

努力は大切ですが、過剰な思い込みは危険。求めているのは結果です。
努力は平気で裏切ります。(笑)

結果には原因があること、みんな知っています。でも結果が原因だという場合もあります。
見る立場で変わります、、つまり問題がすっかり変わってしまう危険があります。

問題が違うと対策も変わるからです。間違った対策を打つと努力が無駄になります。

目的にふさわしい目標があってこそ努力はいきます。間違わないためにも繰り返しますが山のようなガラクタ(不用品)は取り払い
ミニマリストを心がけましょう。

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップMARTONE

リーダーシップ 5/14

5/14  誰一人として疑う者なく、全員がやれると信じていること。

無邪気な子どもの心から発信されるできると信じる心、

自由で無邪気な子どもは空気を読みません。嫌いなことはしません。常に楽しみを見つけようと主体的に動き回ります。自分の得意なものが何かを知っていて、苦手なことはやらず人に任せます。任せることができないと分かれば放置してまで、自分は好きなことしようとします。

大人はこれを許そうとしませんが、この自由で無邪気な子どもの精神は健全であるために必要なのです。

この精神を仕事に反映させる黄金律が「誰一人として疑う者なく、全員がやれると信じていること」です。

どうすれば「誰一人として疑う者なく、全員がやれると信じている状態」にできるでしょう?

人は成人するまでの間に14万8千回に及ぶ否定的な言葉を聞かされて育っているそうです。一日平均20回になるといいます。ですからネガティブな人が多いのは当然の結果といえます。

しかし人は他者から否定的なことを言われたから傷つき凹むのではなく、すでに潜在している自己イメージが言われた言葉に同意してしまうから傷つき凹むのが実態なようです。

克服には「私にはできる」という自己イメージが必要なのです。
それが日々の目標達成で育まれるのです。

それには、なにより「忘れないこと」が欠かせません。
人間は記憶していないことはできません。
「好きこそ物の上手なれ」というのは「忘れずに取り組みから上達(成功)する」と解釈できます。繁盛店の条件も同じです。一番に浮かぶから利用されるのです。

「忘れない」を運営の中心に置くことで、「お客様が良い印象を忘れないようにするには「どうすればいいのか」を常時念頭に置くようになります。

忘れずに取り組んでいたらPDCAは回るものです。
PDCAを回して成功体験をしたものなら「自分はできる」という自信を持ちます。
その自信は失敗の積み重ねの上で得たものだからです。
失敗を恐れて逃げた人は、成功のイメージがないのでいつまでも同意できず金縛り状態に陥ります。

「誰一人として疑う者なく、全員がやれると信じている」・・・それは誰一人、蚊帳の外に置かれたことなくPDCAを回し続けて成功した経験を持つ者の集団なのです。

忘れないように、仲間はずれにせずに、チームで頑張りぬいた子どもたちです。

*収益アップ、人の成長、集客力になります

システムデスク3点セット

スリムな奥行きが魅力のシステムデスク3点セット。ワンルームマンションでも設置可能なシステムデスクです。

詳細はこちら

今回の記事は気にいっていただけましたか

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1 2 3 4 5 6

 - SOHOホームオフィス, ショップ