MART ONE

ショップ マートワン

カテゴリー

【ベッド特集】ベッド選びのコツ〜ボンネルコイルとポケットコイルの違い

   

睡眠負債を返せるマットはどちら?
ベッドはフレームとマットで構成されています。

フレームは部屋の雰囲気、センスに大きく影響しますが、寝心地の点では身体を直接支えているマットレスが、睡眠の質に影響します。

またフレームは価格によって壊れることも少ないですが。マットレスは寝る方の体重や動きで耐久性に差が出ます。耐久性に差が出ると寝心地にも差が出ます。

マットレスには次のタイプがあります。

・ポケットコイルマットレス:レギュラータイプ・ハードタイプ
・ボンネルコイルマットレス:レギュラータイプ・ハードタイプ
・国産ポケットコイルマットレス
・デュラテクノマットレス(フランスベッド社製)
・羊毛入りデュラテクノマットレス(フランスベッド社製)
・マルチラススーパースプリングマットレス(フランスベッド社製)
・マルチラスダブルデッキスプリングマットレス(フランスベッド社製)

他に

・薄型ポケットコイルマットレス
・三つ折りポケットコイルマットレス

があります。

フランスベッド社のマットレスは、独自の高密度連続スプリングを採用しており、全て国内生産で、4種類とも2年保証がついているのも安心です。

他のマットレスはオリジナルのマットレスでオリジナルな特徴があります。

価格の違いは耐久性に反映されていますが、どこまでの耐久性を求めるかは個人差があると思います。

睡眠の質を左右しているのは、マットレスの硬さにあります。
硬さはコイルの影響があります。

マットレスは個人差が耐久性や寝心地にも反映されます。

人の好みもあるので、高価なものが合っているとも言い切れません。

マットレスのコイルといえば、なんといってもよく知られているのが、ボンネルコイルとポケットコイル。

今回はボンネルコイルとポケットコイルの違いを比較してみましょう。

ポケットコイル

ボンネルコイルとポケットコイル:寝心地の違い

「寝心地」は個人の感覚の問題なので、一概にどちらが良いとは言えません。

ベッドを選ぶとき、自分に合うのがどちらかというのは、重要な課題です。

そこでボンネルコイルとポケットコイルの特性を知っていただくのが、わかりやすいと思います。ボンネルコイルとポケットコイルには明らかな構造の違いがあります。

 

ボンネルコイルとポケットコイル:仕組みの違い

ポケットコイルの仕組み

ポケットコイル

▲ポケットコイルの場合、画像のように肩からお尻にかけて沈み込むます。しかし背骨は真っ直ぐです。

ボンネルコイルよりポケットコイルの方が1万円ほど高いものです。
それには「製造過程で手間がかかっている」という明確な理由があります。
ポケットコイルの場合、それぞれスプリングコイルをひとつずつ袋に包み、独立性を保ち、点で体重を支えているからです。つまりマットが体の形状に合った沈み方する仕組みなのです。
スプリングにかかる負担が均等ではないので、これによって身体を包み込むように受け止めることができるのです。

なので、部分部分の負担が違うので耐久性でボンネルコイルより劣るのはやむを得ません。やむを得ないがゆえに身体は楽なのです。コインの裏表のようにメリットとデメリットがあるというわけです。

ボンネイルコイルの仕組み

ボンネルコイルマットレス

▲ボンネルコイルの場合、画像のようにマットレスに設置している部分は平らです。しかし背骨は曲がっています。

ボンネルコイルは、スプリングコイルが連結されているので、面で身体を受け止めるます。大袈裟な言い方をするとプロレスのマットのように跳ね返りがいいのです。その分マットとしてはタフで硬く反応が強いので、人によってはクッション性が高いと誤解されやすく特に男性に受ける傾向があります。

ポケットコイルのように腰からお尻にかけてがマットレスに沈むように入り込む感じありません。
硬い床に布団を敷いた感じに似て、面で支えることから寝返りも簡単です。
実際には腰に負担がかかりやすい仕組みなのですが、マットレスに入り込まないので腰痛を持った人に好まれます。
マットレスに沈む感じがすると朝起き上がりにくいと感じてしまうのは、ソファで体験することに似ています。ボンネルコイルは硬く感じるので腰痛持ちに快適だと感じていただけます。

ボンネルコイルとポケットコイル:使い方で差がでる快適さ。

ご夫婦でダブルの場合は「ポケットコイル」のハードタイプがオススメ

ご夫婦でダブルベッドを使われる場合、断然ポケットコイルがオススメです。
ボンネルコイルの場合にはパートナーの動きをダイレクトに感じます。
寝返りと打つと振動が響きます。過敏な方の場合、目が覚めて熟睡できないということも起こります。ポケットコイルの場合ならそれぞれスプリングコイルをひとつずつ袋に包み、独立性を保っているので振動が伝わりにくいのです。

耐久性でボンネルコイルに劣るポケットコイルですが、体重が軽く、軽やかな感じがお好きな女性にはポケットコイルが向いています。

人間の三大欲望は、食欲、性欲、睡眠欲です。セックスの時、あまり柔らかいと身体が沈んでしまい反発力が得られなくなりますので良くない場合があります。
ある程度の硬さのあるマットレスの方が適していますので、ポケットコイルのハードタイプがオススメです。

ポケットコイル

ボンネルコイルが向いてる人

硬めが好きな人はやはりボンネルコイル。
床に布団を敷いて寝る感覚にとても近く安定感は抜群です。

しかも耐久性が良く、価格も安いので経済的です。

朝起きたら腰が痛いという人の場合、どの部位にどのような問題があるのかわかりません。
一時的な気持ちよさに依存しないでください。素人判断は危険です。

寝具は健康の源です。

【ベッド特集】ベッド選びのコツ〜ボンネルコイルとポケットコイルの違い

【ベッド特集】身体にフィット 安眠マットレス ダブル 厚めサイズ

【ベッド特集】6000台から選ぶベッドフレームの色

【ベッド特集】睡眠負債

【ベッド特集】6000台から選ぶ最適のベッドフレーム

【ベッド特集】やる気ホルモン『テストステロン』はベッドで作られる

【ベッド特集】部屋が狭い悩みをデラックスに解決するチェストベッド

【ベッド特集】セミダブルで人生のときめきを

【ベッド特集】ベッドの大きさと高さ、さらに大事なこと

【ベッド特集】ベッド選びのコツ〜マットレス編

【ベッド特集】愛の巣にはダブルベッド?ツインベッド?

【ベッド特集】和室でも違和感のない大収納ベッド

【ベッド特集】すのこベッド

【ベッド特集】シングルベッド

 

ベッドなら「ベッド専門通販ショップ」がオススメです。

ダブルベッド専門通販ショップ

シングルベッド専門通販ショップMARTONE

 

 

 - ショップ, ベッド, マット ,