子ども用特選ベッド一覧

転勤族におすすめの便利で心地よいベッド選び

転勤族に最適なベッド。引越し費用やベッドの買い替えなどファイナンシャルプランナーの視線も入れました。子どもの成長、ライフステージも考慮、家族が離れ離れになっても、心は離れないベッドがありました。単身から家族一緒まで、どんな環境にも対応。

ワクワク子ども部屋!子どもがよろこぶベッド選びのガイドライン

子どもには、どんなベッドが良いの?「子どものくせにどんなベッドでもいいのよ」なんて言わないで。子どもだからうるさいのです。子どもは、日中忙しく動いているので、寝ることが楽しみ。子どもがワクワクして、愛されていると実感できるベッド選びです。

赤ちゃんの「気管支ぜんそく」と「ぜんそく様気管支炎」の違いとベッド習慣

小児喘息の場合、呼吸不全の場合、待たずに救急車で緊急受診するのが鉄則です。ママが心配なのは咳だけでなく咳による呼吸困難。典型的な赤ちゃんの気管支ぜんそくの症状が進むと呼吸困難を合併します。「気管支ぜんそく」と診断されたら「喘息治療・管理ガイドライン」に沿って、フルスイングでベイビーを守りましょう。

スリープアスリートが選ぶロフトベッド【セミダブル】のメリット・デメリット

特殊なベッドといえるセミダブルのロフトベッドを愛用されているスリープアスリートも少なくありません。 シングルサイズが多いロフトベッドで...

子どもに人気のロフトベッドはわくわくの秘密基地

お子さんが成長して子ども部屋を作る際、なるべく広い空間でのびのびさせてあげたいですね。しかし、日本の家屋事情では、広いお部屋を用意してあげるのは厳しいのが現実。ロフトベッドは、ワンルームにお住まいの方、子どもさんを中心に人気のベッドです。

狭い部屋、ワンルーム、新婚さん、部屋から選ぶ5つのベッドの選び方

お部屋から選ぶベッド。お部屋と使用される方の気持ちに合ったベッドを決める時、5つの条件があります。幅 / 長さ/ 高さ / フレームまでの高さ(床からマットレスを置くフレーム上部までの高さ)/ マットレスの高さ(マットレスの厚み)があります。

トップへ戻る