ライフスキル

SDGs

ティッピングポイントにたどり着くコツコツ心得5つのステップ

人生100年時代のコツコツは格別です。ライフプランを整える無形資産なしに金融資産を育むのはサーカスか手品のようです。無形資産の正体は「ライフスキル」です。テイッピング・ポイントに辿り着くライフスキルのひとつ「コツコツ」をマインドフルネスに育てるのがゲンキポリタンです。(一社)いきいきゴエス協会
ひとり会社

「ひとり会社」の人生を変える顕在意識と潜在意識のせめぎあいに勝つ

ひとり会社は孤独です。孤独はあり方次第で自分を蝕み、あり方次第で元気にもします。目標にかぶりつく「動機づけ(モチベーション)」次第。難しいことではなく、簡単なことから起こります。簡単だけどずっと使えて習慣化すると、気持ちも安定します。自律とは、自分で動機づけできること、自立はこの先にあります。ひとり会社の絶対条件をお試しください。
システム思考

ゴエスで人生はエンドレスにワンダフル

人は概ねエンドレスにワンダフルでない人生に行き着いてしまいます。心と身体の十二縁起によって、宿命的にエンドレスのワンダフルでない人生に惹きつけられます。これを防いであげられるのが、母親であり、母親(妻)を支える夫の役割です。子育てです。ゴエスでするマインドフルネスな子育てをご紹介。
マインドフルネス

マインドフルネスへの道「八正道」でマスターする「マインドフルネス研修」

100年を六大煩悩まみれで生き抜いた私だからできるマインドフルネス実践講座をご紹介します。八正道には、四正断、四念処、四如意足が含まれているので、八正道を修行すると必然的に、四正断、四念処、四如意足もトレーニングします。八正道のマスターは、意識して正しいと思われる行動を取ることからスタートします。
ひとり会社

クライアントを熱狂させる「ひとり会社」の生産性は3つの心から生まれる

ディズニーのアニメに、パリを舞台にねずみを主人公にした「レミーのおいしいレストラン」があります。 この映画のクライマックス。 ねずみのレミーの料理に驚き、すっかりレミーの大ファンになった料理評論家がねずみのレミーに言いま...
ひとり会社

モノがなくシンプルでシャープなマインドフルネスなひとり会社の見本

整うことへの執着や整わないことへの不満があれば、すぐさま嫌な気分になります。整うことへの執着や整わないことへの不満はどうでもいいこと。こだわりを手放していくと「こうなりたい」「ああなりたい」と入れ替わるように、いま、ここ、この瞬間を、主体的に積極的に、注意深く生きるあるがままの自分とフローの瞬間が舞い降りてきます。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】10のライフスキルとスペシャリストのスキル

ライフスキルは、人間力、つまり世界中どこに行っても使える内的な力、専門スキルは外的な力と分けられるようです。人生100年時代は無形資産が重要と言われます。専門スキルを軽視するわけではありませんが、スペシャリストとしてのスキル、ネットワークを作るスキルを育むためにもライフスキルは大きな意味を持ちます。
ひとり会社

【ひとり会社】目標達成の道筋。その満足度と難易度

3つの目標設定があり、数値に気を奪われますが、数値そのものより、数値に対する感覚。その満足度と難易度さらに達成に対する心理状態が影響します。心理状態は、風のようなもので、吹き方次第。ひとり会社なら「気分」大企業ならコミュニケーションで変わります。その点も数値に織り込むようにします。しかし障害となることを全部取り除く、対策も準備しておくことは必須条件になります。
タイトルとURLをコピーしました