ライフプラン

マインドフルネス

ループする煩悩製造システムを気にしない暮らし

煩悩はやれないことに自分を誘う仕組みです。自分がいまできることに挑戦する習慣を大事にしましょう。100年ライフは長いようでも、やれることをするには、100年ライフは長くはありません。即坐核や扁桃体から生じる煩悩の欲求を無視してでも、目の前の仕事に真剣に取り組むほど、没頭するほど、煩悩は消えます。
マインドフルネス

「ひたすら繰り返す」ルーティンワーク15のメリットを日常にする

ルーティンワークは、100年人生を主体的に生きるための最強のツールです。ルーティンワークには11のメリットがあります。デメリットは1つです。ルーティンワークを手放すメリットは4つありますルーティンワークを習慣化するには10歳までに(いくつからでもスタートできますが、早いほど有利で適格なスキルが身につきます。
ひとり会社

「ひとり会社」の人生を変える顕在意識と潜在意識のせめぎあいに勝つ

ひとり会社は孤独です。孤独はあり方次第で自分を蝕み、あり方次第で元気にもします。目標にかぶりつく「動機づけ(モチベーション)」次第。難しいことではなく、簡単なことから起こります。簡単だけどずっと使えて習慣化すると、気持ちも安定します。自律とは、自分で動機づけできること、自立はこの先にあります。ひとり会社の絶対条件をお試しください。
ひとり会社

世界でいちばん面白い自分の働き方は自利利他

・世界でいちばん自分が面白い・自分と徹底的につきあうには、雇われない雇わない働き方が最適・人は一人一宇宙、自利利他を活かすネットワークで大宇宙・ライフデザインを人生に反映させるためにライフプランをしっかり組み立てる
ファイナンシャルプランニング

新NISA(ニーサ)11の特長とマインドフルネスなライフプラン

新NISA(ニーサ)は「令和2年(2020)度税制改正大綱」で大綱としてまとめられた段階です。2020年の国会で正式決定される予定の段階ですが、実質的には「ほぼ決定事項」と見ていいので、メディアで報道もされています。ライフプランに取り込む「新NISA」11の特長をご紹介します。
ひとり会社

【ひとり会社】目標達成の道筋。その満足度と難易度

3つの目標設定があり、数値に気を奪われますが、数値そのものより、数値に対する感覚。その満足度と難易度さらに達成に対する心理状態が影響します。心理状態は、風のようなもので、吹き方次第。ひとり会社なら「気分」大企業ならコミュニケーションで変わります。その点も数値に織り込むようにします。しかし障害となることを全部取り除く、対策も準備しておくことは必須条件になります。
タイトルとURLをコピーしました