マインドフルネス研修

マインドフルネス

働き方改革は「君は君のままでいい」ための生き方革命

働き方改革の本体はなんでしょう?人は喜びに出会いますが、その喜びはいつか終わります。日常に取り込まれます。喜びとの付き合い方(あり方)は生き方の問題です。よく働くの意味は長く働くという意味ではないはずです。よく働くの意味はなんでしょう。基本が整理されないまま、言葉と形が進んでいきます。ひとぞれぞれの働き方改革が必要です。
マインドフルネス

マインドフルネスな節約型「子育て」は「子ども」の自立の道標

子育てのゴールは「成人式」です。つまり1月10日です。その日をゴールにして自立させます。自立とは▶︎マインドフルネスに生きる▶︎健康を優先する▶︎環境に丁寧な暮らし▶︎3つの柱を具体的に結びつけているのは、「節約」です。マインドフルネスな節約型子育ては自立した大人を育てます。
マインドフルネス

マインドフルネスへの道「八正道」でマスターする「マインドフルネス研修」

マインドフルネスな生き方とは、どんな生活か?一般社団法人いきいきゴエス協会(非営利団体)が主催する「マインドフルネス研修」の一部をご紹介しています。研修会・セミナーなどのご相談、自治体、クラブ、サークルなどからのお申し込みは、こちらからお問い合わせください。
マインドフルネス

マインドフルネスで原因(自分の歴史)を書き直す

人は人生早期(1.5〜5歳)に、人間関係の仕方を決断をして、人生シナリオを作成しています。人間関係はコミュニケーションの仕方と連動していて、人生の終盤に完成されるように見えます。実際には1.5歳のときに、人生のクライマックスはあるのです。すでにある原因を変えて結果を変えるのが「マインドフルネス」です。まるでSF映画のようですが、マインドフルネスにできることを説明します。
マインドフルネス

マインドフルネスのルーツ〜「四門出遊」お釈迦様の出家

マインドフルネスは、プロセスの全記録のエッセンスをもとにしたトレーニングです。マインドフルネスは、お釈迦様がいちばん最初に説かれた、いちばん伝えたかった「四諦(したい)」、さらに入滅される前に説かれた「八正道(はっしょうどう)」がベースになっています。
マインドフルネス

「三十七菩堤分法」でマインドフルネスを実践

「三十七菩堤分法」とは、①四念処(四念住)②四正断③四神足④五根⑤五力⑥七覚支⑦八正道以上、七科総計37種類の修行方法です。三十七菩堤分法」の中にマインドフルネス瞑想はここから生じています。キスの味がいままで以上に感じられるようになるのがマインドフルネスです。人生がこんなにも楽しかったのかと体感できるのがマインドフルネスです。ようこそマインドフルネスの世界へ
マインドフルネス

365日、マインドフルネスで生きていく方法

一般社団法人いきいきゴエス協会のマインドフルネス研修は受講者を自信満々にするのが特長です。マインドフルネスは、あり方の状態なので、どこでもできるし、できることです。なにごとも評価することなく、ありのままを受け入れて、自分の心、性格を使っていきましょう。人生は一度限り。最良の自分とは、最高に楽しめる自分で生きること。死ぬときに「ああ〜、面白かった」と言ってお別れするのが、マインドフルネスです。
マインドフルネス

今さら聞けない「仏教の教え」が解るマインドフルネス研修

マインドフルネスは「ストレス低減法」として定着しています。いま現在、起こっている物事に注意を向ける能力を発達させるトレーニングです。仏教的には「八正道」の実践になります。「八正道」は、仏教における「涅槃」に至るための8つの実践徳目で、「四諦」に続き説示されました。「八正道」として説かれる8つの教えは互いに有機的に関連し合った一つの修行システムです。
マインドフルネス

マインドフルネス研修は、システム思考で幸せになる研修

マインドフルネス研修では「システム思考」を使うトレーニングをします。自分の心身がシステムであることを知り、会社も地球もシステムであることを知ります。そして自分はシステムのひとつなのだと理解します。マインドフルネス研修はシステム思考ができるエンドレスにワンダフルな幸せ研修です。
マインドフルネス

マインドフルネスで「PDCA全速鬼回転」に大変身

「無邪気な子ども」が乏しい人に、PDCAは回せないと断言します。理由は失敗を嫌がるからです。失敗が嫌なら、念入りな準備をすればいいと思いますが、準備すら嫌がります。とりあえず形式的にやって終わりなのです。マインドフルネス研修では、この状態から連れ出し、自信に満ちたマインドフルネスな人に大変身を実現します。
タイトルとURLをコピーしました