ライフシフト

スリープアスリート

100年時代を生きる21歳が71歳でティーンエージャーになるコツ

100年時代は、「主体的に築く未来」の明るい日々と、「漫然と迎える未来」の暗い現実に大きく分かれます。その鍵を握っているのは養育者との「愛着の絆」です。もし愛着の絆を築くことができなかった場合、孤独に苛まれ暗い毎日に悩むことになるでしょう。不幸にして養育者との間で無理だったとしても、「自己肯定感」を強くすることは可能です。
タイトルとURLをコピーしました