スリープアスリート

スリープアスリート

「助けて」と言える。たったひとつの命を守る脳と睡眠の関係

これからの100年時代は、「助けてほしい」と声を上げられる人間になることが重要です。それには日頃から、iDeCoやNISA or つみたてNISAを活用して信頼される自分作り&資産づくりは必須。自分作り&資産づくりには「ゆとり」空間が必要です。お部屋でマインドフルネス(=注意深く)考えられるベッドはあなた自身への投資です。
スリープアスリート

ファイナンシャルプランナーの資格を持ったスリープアスリート

投資アドバイザー、終活カウンセラーらと比べて、ファイナンシャル・プランナーが大きく違うのは、ライフデザイン・ライフプランが目的だということ、年齢や家族構成に合わせて設計します。ご高齢の方がいらした場合も、それも含めて、設計します。お墓のことも親身に傾聴し最善の案をご提供します。スリープアスリートは初級から1級まであり、1級は睡眠マスターのみならず。整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)の資格を持ちます。
スリープアスリート

100年時代を生きる21歳が71歳でティーンエージャーになるコツ

100年時代は、「主体的に築く未来」の明るい日々と、「漫然と迎える未来」の暗い現実に大きく分かれます。その鍵を握っているのは養育者との「愛着の絆」です。もし愛着の絆を築くことができなかった場合、孤独に苛まれ暗い毎日に悩むことになるでしょう。不幸にして養育者との間で無理だったとしても、「自己肯定感」を強くすることは可能です。
スリープアスリート1級

「ファイナンシャルプランナー」の資格を持ったスリープアスリートの仕事の進め方

ファイナンシャルプランナーの仕事の進め方の一部(金融資産)をご紹介します。ファイナンシャルプランナーは、知識だけ高くても、コミュニケーション能力が乏しいと実務を進めることができません。クライアントが安心して、自分のライフデザインをもとにライフプランを打ち明けられるパーソナリティーを磨くトレーニングをします。
スリープアスリート1級

スリープアスリート1級〜金融資産の運用設計のお手伝い6つのステップ

スリープアスリートは初級・4級・3級・2級・1級に分類されています。 スリープアスリート1級では、ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)の資格を得て、金融資産運用のお手伝いを行い、安心して眠れる毎日を実現します。金融資産の運用とは、金融資産運用設計は、リスクと保険や不動産運用設計と並ぶ顧客の資産運用法の3本柱の一つです。難易度は高くなりますが、これからの時代に必要なスキルです。金融資産運用のお手伝いを行い、安心して眠れる毎日を実現します。
スリープアスリート1級

ライフデザインをしっかり聞いて実現をサポートするスリープアスリート

「あなたが期待する感情(ライフデザイン)を設計するのが「生活設計(ライフプラン)」です。「資金計画(ファイナンシャルプランニング)」です。ライフプランが実現してハッピーなのではなくライフデザインが実現するからハッピーなのです。1級スリープアスリートはライフデザインを実現してライフサイクルを次世代に最高の形で引き継げるようにします。
スリープアスリート

スリープアスリート5つの等級と仕事

ファイナルプランナーの差別化であり、睡眠マスターの最高峰であるスリープアスリートは初級から一級まで5つに分類されています。スリープアスリートは一夜の眠りを極上にするために、ライフデザイン、ライフプラン、ライフスキル、ライフステージ、ライフシフト。5つの「キーワード」を使ってライフをゴエス(5S=整理・整頓・清掃・清潔・躾/習慣)して、ユーザがユーザ自身の人生に毎日、寄り添って暮らせるようにします。
資格試験

スリープアスリート認定試験講座

睡眠には目的があります。 脳のメンテナンス 身体のメンテナンス 心のメンテナンス 特に、通常、脳のメンテナンスは「睡眠」以外にできません。 しかし長い間、睡眠は重要視されてきませんでした。 現在「...
スリープアスリート

スリープアスリート:19時間後の適度な運動で眠れる体質に改善する方法

「19時間後の適度な運動で眠れる体質に改善する」この記事は次の方におすすめします▶︎運動がめんどくさいと感じている方▶︎運動よりも仕事など他のことを優先してしまう方▶︎睡眠不足を感じている方▶︎睡眠に異常を感じている方▶︎「運動は特別なものではなく生活の中に取り入れるから長続きします。その秘訣をスリープアスリートがレクチャーします。
スリープアスリート

眠れば解決!スリープアスリートの「言行一致にする方法」

朝起きて、会社に出勤するとき、爽やかな気持ちで出かけていますか?なんとなくダルい、気が晴れない、眠い、足取りが重い。。。こんな場合、「頭では解っているけど、なぜかできない」という悩みはないでしょうか?意識のズレは、見えないストレスの原因になっていることがあります。こんな場合、言行不一致な行動が目立つようになります。言行不一致な原因に「やりたいことが分からない」場合が多いようです。矛盾を解決してグッスリ快眠。眠れば解決!スリープアスリートの「言行一致にする方法」
タイトルとURLをコピーしました