無料でスゴい美容と健康はホルモンのシフト制分泌が常識の時代

イレブンセブン エストロゲン

深夜営業をやめるコンビニが増えてきそうな世相ですが、
お肌のゴールデンタイムにも、諸説あります。

それは健康で美容に良い睡眠時間は、ホルモンの分泌と深い関係があるからです。

つまりホルモンの分泌の仕組みを知って、ベストな分泌から逆算して眠ることで、無料で最大効果が得られる睡眠を日常にするのです。

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、「寝る大人はきれいに痩せます」

きれいに痩せるのは、正しく育っている証なのです。

つまり成長ホルモンがしっかり働いているからですが、どのように働けばきれい痩せ、正しく育つのか、「ホルモンもシフト制の時代」をご紹介します。

健康と美容に良い眠りはイレブンセブン

スリープアスリートはイレブンセブン

成長ホルモンは「天然の美容液」とも呼ばれているホルモンです。

成長ホルモンは、美しくやせるためのキーとなる大切なホルモンで、メラトニン、コルチゾールと上手に絡み合って、睡眠中、美容と健康のために大活躍しています。

成長ホルモン、メラトニン、コルチゾールの出勤時間も「イレブンセブン」に落ち着きそうです。

無料でスゴい美容と健康はホルモンのシフト制分泌が常識の時代です。

浮いたお金は貯蓄&投資に回しましょう。時代はすべて逆算です。

成長ホルモン

成長ホルモンはその言葉からも分かるように、“身長を伸ばすホルモン”としてよく知られています。

しかし、成長ホルモンにはもう1つ重要な役割があります。それは、体内にある物質をエネルギーとして使える物質に変えていく働きです。

成長ホルモンが代謝という働きをすることで、私たちが生きていくために必要な役割を担っています。

成長ホルモンは、寝ている間に分泌され、細胞を修復して若さを保つことから「若返りホルモン」とも呼ばれています。

また免疫力を高め、脂肪を分解し、皮膚細胞の新陳代謝を活発にして肌や髪の再生を促し、エストログン生産を助け、女性らしい体つきと肌のハリの維持にも役立ちます。


無理なダイエットで体重を落としても、肌のツヤがなくなり老けてしまっては成功したとは言えませんが、成長ホルモンは、「美しくやせる」を実現させてくれるパワーを持っています。

成長ホルモンは、1 日の総量の約加%が眠っている聞に分泌されます。
骨や筋肉の成長や免疫力を活性化させるだけでなく、疲労回復や細胞の修復という大きな役割も担っています。

成長ホルモンの分泌は、特に寝入りばなのノンレム睡眠時の3 時間に集中しており、この時聞はまさに成長ホルモンのシャワータイムです。

これは何時に寝ても変わりません。

昔から9時から2 時の間に眠るのが大事」と言われることがありますが、そこにこだわる必要はないのです。

それよりも「眠りから3 時間」を充実させることが大切です。

そこでポイントになってくるのが、「0 時」という時間帯。

メラトニン

成長ホルモンはメラトニンによっても分泌が促されます。

メラトニンの分泌がマックスになる「0 時から3 時」に、成長ホルモンのシャワータイムに設定するのが理想的。

成長ホルモンはメラトニン、2 つのタイミングを重ねることで、より効果的な身体メンテナンスが行われ、健康的な「やせ美人」に近づきます。

ただメラトニンは明るい光によって分泌が止まってしまいます。

朝、しっかり太陽の光を浴びることでメラトニンがストップするのは目が覚めます。

朝はともかく、夜にスマホなどのブルーライトをずっと見ていると睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。明かりにに身体が錯覚してしまいメラトニンの分泌が低下してしまいます。

これがジャンクスリープの原因になります。

メラトニンの役割と美容効果でキレイになった私
ベッドにまでスマホを持ち込んでいませんか?不眠の原因になります。不眠は、翌朝に影響し、疲労は一日の行動に悪影響するだけでなくセロトニンの分泌を悪くし、さらにメラトニンの分泌を悪くして、生活のリズムを狂わせていきます。生活のリズムの不安定は、美容に悪いことはもちろん、三大疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)や糖尿病を引き寄せます。

コルチゾール

もうひとつ、知っておきたい三つ目のホルモンがコルチゾールです。

コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンの一つ。

コルチゾールは、ストレスを受けた時に分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています

コルチゾールの主な働きは、肝臓での糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進、抗炎症および免疫抑制などで、身体にとって必須のホルモンです。

コルチゾールには炎症を抑える働きがあるので、ステロイド系抗炎症薬として治療にも広く使われています。


コルチゾールは、ストレスから身を守る大切なホルモンですが、ストレスが多い時代にコルチゾールは分泌しまくりなって、病気を誘発することが問題になっています。

コルチゾールには、血糖値と血圧を上げて起床の準備をする働きがあり、朝に分泌のピークを迎えます。

コルチゾールの分泌が少ない状態で起きるのはとてもつらいです。

コルチゾールは、寝ている間の生命活動に必要なエネルギー源、ブドウ糖を作り出します。

ブドウ糖が肝臓に蓄えられることで、人間の体は自然に目覚められるようにできているのです。

また、脂肪をエネルギーに変えてくれるので、睡眠ダイエットに効果をもたらし、肥満予防もしてくれる重要なホルモンです。

コルチゾールと成長ホルモンの分泌が重なると、コルチゾールが成長ホルモンの働きを抑えてしまいます。

そこで意識して、成長ホルモンとコルチゾールの「シフト制」状態を作るのが得策です。

コルチゾールが大量に分泌されるのは、起床を準備するために、午前3 時からです。

先ほど述べた「0 時から3 時」に成長ホルモンとメラトニンの分泌が落ち着いたあと、コルチゾールが働き出すという「シフト」を組んで、それぞれのホルモン効果を確実に得られるようにすると、寝ている間に無料で美肌効果が得られます。

美肌効果を得るには0時から6時が睡眠のコアタイムとなります。

7 時間から7 時間半の睡眠時間を0時から6時に摂取できるように逆算すると、10~11時には入眠したいですね。

つまりセブンイレブンが睡眠のコアタイムになりそうですね。

 

寝不足になるとコルチゾールは日中も分泌され続けてしまいます。

コルチゾールによって、インスリンの働きが邪魔されて血糖値が上がり、体内に蓄えられたブドウ糖や脂肪の分解が抑制されて代謝が低下します。

さらにコルチゾールの分泌過剰は成長ホルモンの働きを低下させるので、筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすいという最悪の結果を招きます。

睡眠をおろそかにすると肥満の原因になると云われている理由のひとつです。

まとめ

1000万円を貯める時間の事例

お肌にお金をかけるのは100年時代にナンセンス。

お金のことは自分でサポートするのが当たり前の時代です。

美容におかねをかけるなら、スリープアスリートになって、貯蓄と投資が美人の時代です。

下の図は、左端の人の場合、現在貯蓄が100万円、これを1000万円に増やすには、毎月どのコースで貯蓄すると1000万円にするのに、どれだけの期間が必要かを算出したものです。

それぞれ、貯蓄だけの場合と、貯蓄&投資の場合の両方を算出しています。
安全な投資で算出していますが、結構時間がかかりますね。でもプラン次第で1000万円を1億円のコースでチャレンジすることもできます。

そのためには、毎月の出費を賢く抑えるのが得策です。

眠っている間に美容と健康さらに資産を増やせば、エンドレスにワンダフルな人生に転換できます。
まずは、無駄な美容費用を抑えて、賢い眠りで、美容と健康さらに資産を手にしましょう!

 

ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる
積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解から、非課税

LINE友達追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました