スリープアスリート スリープアスリート1級 ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格を持ったスリープアスリート

投稿日:2019年7月13日 更新日:

スリープアスリートの成果

スリープアスリートは、科学的に最高の眠りができるように、アグレッシブにコーチする。かウンセリング、睡眠マスターです。

しかし。事業の悩みや深い失恋など、心の抱えた問題を解決しないと眠れないのは自然なこと、そのために心理カウンセリングできるスキルが必要ですが、特にお金の問題はヘビーです。

スリープアスリートは初級から1級まであり、1級は睡眠マスターのみならず。整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)の資格を持ちます。

  • スリープアスリート初級 睡眠マスター
  • スリープアスリート四級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー
  • スリープアスリート三級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ
  • スリープアスリート二級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+終活カウンセラー
  • スリープアスリート一級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)

1級のスリープアスリートは、パーソナル・ファイナンシャル・プランニングを設計して、金融資産運用のお手伝いを行い、安心して眠れる毎日を実現します。

ところで「パーソナル・ファイナンシャル・プランニング 」って具体的にどんな仕事をするのかについて、説明したいと思います。

パーソナル・ファイナンシャル・プランニング

ファイナンシャルプランナー

Photo by Bench Accounting on Unsplash

パーソナル・ファイナンシャル・プランニングとは、個人のライフデザインとライフプランを実現するために、当該個人の収入・支出、資産・負債などのデータを集め、現状分析を行い、住宅取得プラン、教育資金プラン、相続・事業承継プランなどのパーソナル・ファイナンスに関するプランを、お客様個人のライフプランに沿って立案・実行し、見直しをします。

これを「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

FP(ファイナンシャル・プランナー)と呼ばれているのは、よく知られています。

FPとは、パーソナル・ファイナンシャル・プランニングを行う専門家であり、必要に応じて税理士や弁護士などの協力を得ながら、個人のライフデザインに基づくライフプランに沿って、その個人とともにパーソナル・ファイナンスのすべての分野に関する包括的なプランを立て、実行・見直しを援助する専門家です。

つまり、税理士や弁護士とネットワークを作ることが必要になります。
税理士資格や弁護士資格がないとできない場合があるからです。(法律で定められています)

パーソナル・ファイナンシャル・プランニング2つの特徴

ファイナンシャルプランナー

Photo by Bench Accounting on Unsplash

(1)ライフデザインとライフプランが目的

ファイナンシャル・プランナーと大きく違うのは、ファイナンシャル・プランナーが資産の最大化を目的とする投資アドバイザーとは異なっ ている点です。

(2)ファイナンシャル・プランナーは、包括的アドバイスを行う。

①知識の包括性 

お客様のライフプランを実現するには、金融商品、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識などが要求され、FPはその要求に対し最良のプランを提示できるスキルが必要。

②プランニングアプローチの包括性

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、個別の分野に対する相談に乗るのではなく、包括的なプランニン グが必要なことを顧客に理解してもらい、その方向に進めていくことが重要です。

③プランニングにおける優先順位決定のための包括的視野

お客様のライフイベントに対する資金計画の優先順位を判断するために、短期・中期・長期の包括的なライフプラン全体を展望し考慮することが必要です。

ファイナンシャル・プランナー、4つのE

ファイナンシャル・プランナー(FP)には、お客様から信用と信頼を得て、個人のファイナンシャル・プランニングを行う専門家として認定されるているので、それにふさわしい4つの要件があります。これを「4つのE」と呼んでいます。

FPとして認定されるために、日本FP協会の所定のFP教育プログラムを修了していることが要件となります。

試験 学んだ教育内容が身についており、実務を行うのに必要なレベルに達しているかを試験する。
経験 FPには実務経験が必要である。
倫理 FPは個人資産を具体的に扱う職業であるがゆえに、厳しい職業倫理が求められる。

ファイナンシャル・プランナー 6つのステップ

パーソナル・ファイナンシャル・プランニングには、次の6つのステップないしプロセスがあります。

(1)ステップ1/顧客との関係確立とその明確化

出発点は顧客とFPとの関係の確立です。
FPは単なる情報提供者ではなく、顧客のライフプランに応じて、その顧客に最も適切だと考えられるプランを立案しなければなりません。
そのために、顧客との適切な関係を作り出 すことが大切です。

そのためのポイントとしては、

①ファイナンシャル・プランニングとFPの力量に関する情報の提供

②顧客ニーズに対するFPの適合性の判断

③業務契約の範囲の明確化

などがあり、顧客とFPそれぞれの責任の明確化、報酬体系の提示、契約 期間等について明確に合意しておく必要があります。

(2)ステップ2/顧客データの収集と目標の明確化

顧客との基本的関係が確立されたら、次は顧客データを収集するとともに、顧客の生活目標および希望を明確化することになる。これには次のような点が含まれています。

①資産や債務、収入や支出について面談や質問表で顧客データを収集します。

②顧客のファイナンス上の目的、経済面でのニーズを明確化し優先順位づけをします。

③顧客の価値観、姿勢、希望を評価します。

④顧客のパーソナル・ファイナンシャル・ゴールを達成する時期を明確化します

⑤顧客のリスク許容度を明確化します。

⑥顧客の記録や資料を適切に選択します。

これらの中で重要なのは、顧客の生活上の目標の明確化とそこから導きき出される個人の経済面での目標の明確化です

(3)ステップ3/顧客のファイナンス状態の分析と評価

収集した顧客情報の分析と顧客の目的、ニーズおよび優先事項の評価を行います。基本的には次の4つの分析となります。

①キャッシュフロー分析

顧客の現状キャッシュフローから出発して、住宅取得・子供の大学進学、老後の生活プランなどの数値化されたライフプランをキャッシュフロー表に織り込んで単年度の赤字や継続的赤字、あるいは貯蓄の取り崩しなど、長期的なキャッシュフロー分析を行います。

②バランスシート分析

顧客のバランスシートから資産内容と負債内容、そして資産と負債のバランスについて分析していく。

③保障・補償分析

顧客のパーソナル・リスクやファミリー・リスクが何であり、それぞれのリスクについてどの程度の保障・補償を保険でカバーしなければならないか分析していく。

④税金分析

個人バランスシートを相続税評価ベースで評価した場合に、相続税がどの程度となり、それを節税するためにはどうしたらよいか、といった視点から全体的な分析を行う。

(4)ステップ4/プランの検討・作成と提示

①プランの戦略の明確化と評価

顧客の現在の状態に関連づけて、顧客の目的、ニーズおよび優先事項に適合する1つまたはそれ以上の戦略を検討します。

②ファイナンシャル・プラン(提案書)の作成

FPは、顧客の目的、ニーズおよび優先事項に適合するよう、選択された戦略に基づいてファイナンシャル・プランを作成します。

提案書というかたちで顧客に提示することで、顧客の問題点や解決策が明示され、顧客は理解しやすくなると同時に実行の可能性も高くなります。

(5)ステップ5/プランの実行援助

①プラン実行の責任範囲に関する合意

FPと顧客は、業務計画の内容、顧客によって合意されたプランおよびFPの実行能力と矛盾することのないように、プラン実行の責任範囲について合意する。

②プラン実行のための商品及びサービスの明確化と提示

FPは、業務契約の範囲に従い、顧客が合意したファイナンシャル・プランと矛盾しない適切な商品とサービスを明確にし、提示します。

③プラン実行の援助

援助の仕方には、実行の代理、代行、同行などがある。プラン実行にあたって重要なことは、顧客の利益を優先した商品の提供です。

決してFPや金融機関にとっての利益優先であってはなりません。

よって、金融機関や代理店などを紹介する場合は、顧客のファイナンシャル・プランに沿った金融商品が提供されているかチェックする必要があります。

(6)ステップ6/プランの定期的見直し

プランは1度作成し実行したら終わりではありません。

環境の変化や価値観の変化、景気や金利などの市況の変化があればプランの見直しが必要になります。

定期的な見直しによって新しい個人的・社会経済的状況に対応できるように、継続的なフォローアップをしなければならないのです。

4.顧客の理解

顧客のファイナンシャル・プランニングを行うためには、顧客のトータルな理解が欠かせません。

顧客の価値観や性格、心理状態、家族関係や信仰、あるいは過去のキャリアや学歴、そして生い立ちや趣味、リスク許容度、希望や不安といった様々な側面を多面的に理解する努力をしなければなりません。

そのためには、以下の点に留意します。

①信頼感を高める

②ヒューマンスキルを高める

③行動ファイナンスを学び、様々なバイアスを理解する

④幅広い教養、識見を身につける

お客様は様々な趣味や教養、知識を持っています。特に中高齢や富裕層ではそうした傾向が顕著です。

従って、そうした顧客を理解し、顧客から信頼されるためには、幅広い教養を身につけ、知性と感性を磨くことを心がけるべきです。

100年時代をライフシフトする年金制度

 

まとめ

ライフサイクル

投資アドバイザー、終活カウンセラーらと比べて、ファイナンシャル・プランナーが大きく違うのは、ライフデザイン・ライフプランが目的だということ、
年齢や家族構成に合わせて設計します。ご高齢の方がいらした場合も、それも含めて、設計します。お墓のことも親身に傾聴し最善の案をご提供します。

スリープアスリートは初級から1級まであり、1級は睡眠マスターのみならず。整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)の資格を持ちます。

  • スリープアスリート初級 睡眠マスター
  • スリープアスリート四級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー
  • スリープアスリート三級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ
  • スリープアスリート二級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+終活カウンセラー
  • スリープアスリート一級 睡眠マスター+整理収納アドバイザー+ライフスキルコーチ+ファイナンシャルプランナー(CFP®資格)

1級のスリープアスリートは、パーソナル・ファイナンシャル・プランニングを設計して、金融資産運用のお手伝いを行い、安心して眠れる毎日を実現します。

眠れないから守るために、お金の勉強もしているスリープアスリート はあなたのライフシフトを守り抜きます。

この記事を共有しますか

人気記事

学ぶべきは成功の先 1

睡眠マスターの任務は心地よい睡眠が摂れるようにアドバイスすることです。 しかし「心地よい睡眠」は表層的な課題に過ぎず、睡眠を通じて脳を守ることです。 脳を守る手段として「睡眠」にしかできない仕事があり ...

睡眠負債 2

スリープアスリート(睡眠マスター)がなぜ大事なのか。 最大の理由はスリープアスリートが、睡眠負債に関連する重要なキーワードであるストレス。 さらにコルチゾール、副腎、メラトニン、セロトニンなどホルモン ...

3

習慣には3つのステップがあります。 きっかけ ルーティン 報酬 習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)でチャールズ・デュヒッグが提唱した仕組みです。 このベッドはあなたの暮 ...

トリプトファンはバナナが簡単 4

トリプトファンと深い関係がある、幸せホルモン「セロトニン」は脳内で作られます。 「セロトニン」は、自律神経のバランスを整えるホルモンです。 セロトニンは、必須アミノ酸「トリプトファン」が変換したもので ...

セミシングルベッドならピエニ 5

明るい木の優しさが開放的なロータイプの「Pieni(ピエニ)」 Pieni(ピエニ) 木の温もりが優しいシンプルなデザイン 通気性の良さを実現 コンパクトな設置でお部屋を広く使える マットレスのレイア ...

-スリープアスリート, スリープアスリート1級, ファイナンシャルプランナー

Copyright© スリープアスリート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.