スリープアスリート

スリープアスリート:19時間後の適度な運動で眠れる体質に改善する方法

投稿日:2019年5月5日 更新日:

運動する習慣がある人は睡眠も良好「運動が必要だけど時間がない」

「運動したいけど、優先することで時間がなくなってしまう」

おそらく、運動できない理由の1、2を争う理由でしょう。

健康的な身体と美肌を維持するために、欠かせないのが運動です。

運動は熟睡の準備になるので、睡眠のためにも是非、コンスタントな運動を取り入れてほしいですね。

そこでどのように運動する時間を割り込ませば良いのか、そのヒントについてお話します。

この記事は次の方のお役に立ちます

  • 運動がめんどくさいと感じている方
  • 運動よりも仕事など他のことを優先してしまう方
  • 睡眠不足を感じている方
  • 睡眠に異常を感じている方

体温は健康の基礎データ

体温

入院すると毎朝、体温を測って体調を確認しますよね。人の身体は「体温」が大きく影響します。

体内の温度は、手足や皮膚に近いところでは低く、体の中心部にいくほど高いことがわかります。

手足や顔など、体の末端や表面の温度は、季節や環境温の影響を強く受けます。

一方、体の中心部に近いところの温度は、脳や心臓など、大切な臓器の働きを保つために、高く安定しています。

この安定した高い温度を「中核温(ちゅうかくおん)」といい、これを測れば、安定した指標としての『体温』が得られますが、体の内部の温度なので日常的には測れません。

体温の測り方

 

体温の測り方に注意

そこで、体に負担をかけずに簡単に検温できる場所として、ワキ(腋窩)、口(舌下)、耳、直腸など体の表面に近い場所が用いられています。測定する部位ごとに検温に必要な時間や方法が異なり、得られる温度も異なります。
平熱も部位により違うため、それぞれの部位の平熱を知る必要があります。

そこで、体に負担をかけずに簡単に検温できる場所として、ワキ(腋窩)、口(舌下)、耳、直腸など体の表面に近い場所が用いられています。

測定する部位ごとに検温に必要な時間や方法が異なり、得られる温度も異なります。
平熱も部位により違うため、それぞれの部位の平熱を知る必要があります。

デジタルワーク主体の暮らしに合った運動&睡眠術

人生100年時代

デジタルワークが当たり前になった時代。肉体労働の分野にはロボット、 AIが参入して効率をあげています。この流れは今後ますます増え続けるので、身体を使うことはますます減っていくでしょう。

それだけに、「運動が必要だけど時間がない」

「運動したいけど、優先することで時間がなくなってしまう」という理由は、ますますもっともな意見になります。

人生100年時代、1999年生まれ以降の方が1--再到達率は100%ですが、幸せな形で到達するには、理由を認めない意識改革が必要なようです。

そもそも頭は疲れているのに、身体は疲れていないというアンバランスが続くと、眠れない」という現象が日常化してしまいます。

この現状を変えられるのが適度な運動です。

運動する時間の決め方

時間

適度な運動を効果的にするのが、運動する時間帯です。

いつでもいいから頑張ったら良いというわけにはいきません。

昨日の入眠時間の19時間後がベストです。

たとえば昨夜午前0時だとしたら、19時間ですから、夜の7時になります。

これが運動のベスト時間。

その理由は体温がが高い、この時間帯が睡眠禁止時間帯だからです。

Less is More

LESS IS MORE

高い体温で眠れない時間なので、さらに運動で体温をあげておいて、運動後に体温を「急降下」させることで、よりスムーズな眠りの態勢にするのです。

逆に言うと、体温が下がり始める時間帯に運動すると、身体はお休みタイムに入っているのに、興奮させてしまいます。

すると「疲れているのに眠れない」という複雑な状態にしてしまいます。

こういう事態を避けて、アンバランスな状態を作らないことが、自然な暮らし方なのです。

ナチュラルな「シンプルライフ」です。

まとめ

この記事はお役にたてましたか

 

 

  • 運動がめんどくさいと感じている方
  • 運動よりも仕事など他のことを優先してしまう方
  • 睡眠不足を感じている方
  • 睡眠に異常を感じている方

運動好きな人は日常的に身体を動かしていますが、特に運動好きということでもない人は億劫に感じてしまいます。
日頃の習慣なので、運動しているとしないでいると気持ち悪くなります。

運動をしていると、眠りが自然と深くなります。願ったり叶ったりです。

最低限の運動にジムのような施設も道具も要りません。
ジムのインストラクターしている女性は旦那さんに家庭での運動だけで理想的な体型にさせました。

彼女曰く、「生活の中に取り入れるから長続きするんですよ」と話していました。

5分程度のスクワットや腹筋の無酸素運動で体幹を鍛えながら、終わると有酸素運動(ウォーキング)を15分。
合計20分ほどの運動を昨日の入眠時間の19時間後に実行しています。

この記事を共有しますか

人気記事

学ぶべきは成功の先 1

睡眠マスターの任務は心地よい睡眠が摂れるようにアドバイスすることです。 しかし「心地よい睡眠」は表層的な課題に過ぎず、睡眠を通じて脳を守ることです。 脳を守る手段として「睡眠」にしかできない仕事があり ...

睡眠負債 2

スリープアスリート(睡眠マスター)がなぜ大事なのか。 最大の理由はスリープアスリートが、睡眠負債に関連する重要なキーワードであるストレス。 さらにコルチゾール、副腎、メラトニン、セロトニンなどホルモン ...

3

習慣には3つのステップがあります。 きっかけ ルーティン 報酬 習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)でチャールズ・デュヒッグが提唱した仕組みです。 このベッドはあなたの暮 ...

トリプトファンはバナナが簡単 4

トリプトファンと深い関係がある、幸せホルモン「セロトニン」は脳内で作られます。 「セロトニン」は、自律神経のバランスを整えるホルモンです。 セロトニンは、必須アミノ酸「トリプトファン」が変換したもので ...

セミシングルベッドならピエニ 5

明るい木の優しさが開放的なロータイプの「Pieni(ピエニ)」 Pieni(ピエニ) 木の温もりが優しいシンプルなデザイン 通気性の良さを実現 コンパクトな設置でお部屋を広く使える マットレスのレイア ...

-スリープアスリート

Copyright© スリープアスリート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.