引き出し式収納ベッド 跳ね上げ収納ベッド

生活感のない部屋にしたい人を応援する収納ベッドを選ぶ6つの理由

投稿日:

古くから日本の家屋はシンプルイスモアに貫かれている

モノが、気になって、落ち着けない、集中できない。
モノには波動があります。
モノが多いと、波動も周波数も強くなるので、自分の覚醒レベルを上回ってしまい、疲労感が強くなります。

スリープアスリートは、睡眠を良い状態で整え、その人のパワーを十分に引き出します。
環境を整えるアドバイスをしたいですね、

ここでは次のような悩みを抱えている方の問題を解決する収納ベッドをご提案します。

この記事は次の方のおすすめです

  • 生活感のない部屋にしたい方
  • やりたいことに集中したい方
  • モノがいっぱいイライラする方
  • あふれるモノで、気持ちが落ち着かない方
  • ミニマリストをめざしている方
  • ミニマリストほどではないけど少ないモノで暮らしたい方
  • 収納ベッドをお探しの方

生活感のない部屋にしたい方を応援する収納ベッドを選ぶ6つの理由があります。

①収納ベッドは、やりたいことに集中したい部屋を作る
②収納ベッドは、自分のやる気を後押ししてくれる
③キャッチ・ザ・ウェーブ、情報が多いと波に乗れない
④収納ベッドが自分を人生の主役にする
⑤収納ベッドの正しい使い方がミニマリストに近づける
⑥自分に合った収納ベッドでライフスタイルを磨きがかかる

生活感のない部屋にしたい方

集中力

Photo by Jared Rice on Unsplash

モノとのつきあい方に、部屋の広さに関係ありません。
収納ベッドがあるので、狭くても、すっきり片付けることはできます。

生活感のない部屋にしたいという方は多いですね。
生活感の強い部屋は心が落ち着かないものです。
実際には生活感が問題ではなく、情報量が多いので、心が落ち着かないのです。

情報が少ないと、快適さだけでなく、集中力を提供してくれます。
モノとどうつきあえば、心地よい暮らしができるのか。
モノを増やさない、モノを出さない生活、すっきりした空間で過ごす意味を考えてみます。

①収納ベッドは、やりたいことに集中したい部屋を作る

集中力を発揮したい部屋

Photo by Jean Gerber on Unsplash

モノには情報があります。
情報が多いと、自分が何をしたいのか、わからなくなってきます。

自分のことを完全に理解している人は、少ないと思います。
だから一人になりたくなったり、旅に出たくなります。

モノやコトが持つ波動から離れたくなるのではないでしょうか?
大波が来て呑み込まれそうになると逃げ出したくなります。

でも部屋は、寝食のためだけでなく、なにかをするためのスペースでもあります。

②収納ベッドは、自分のやる気を後押ししてくれる

気分はこんな感じのお部屋にしたい

Photo by Luc Tribolet on

生活感のない部屋にしたい方を応援する収納ベッドを選ぶ5つの理由

①収納ベッドは、やりたいことに集中したい部屋を作る
②収納ベッドは、自分のやる気を後押ししてくれる
③収納は60%が基本、収納ベッドが自分を人生の主役にする
④ミニマリストに考え方に近づけてくれる
⑤自分に合った収納ベッドでライフスタイルを磨きがかかる

生活感つまり情報量が多いと、気持ちが落ち着かないので、気が散漫になります。
やがて、落ち着かない時間の集積が、不安をかきたて自分が正しく生きていない気がしてきます。

あふれた物を見るにつけ、物が持っている情報を無意識に感じるだけでなく、モノへ依存している自分がむき出しになるのです。

自己否定感が強くなるだけでなく、いちいち情報に対して「判断」を強要されるわけですから、逃げ出したくなるのは自然です。
モノは無言で「判断」を要求してきます。
これが苛立ちの原因になります。

③キャッチ・ザ・ウェーブ、情報が多いと波に乗れない

キャッチ・ザ・ウェーブ

フォトライナスNylundのUnsplash

生活感つまりモノが持つ情報が波のように、押し寄せる部屋で過ごす毎日は、すごいストレスになりますよね。
生活感のない部屋に憧れるのも無理がありません。

一方、生活感のない空間は、動機づけ(モチベーション)を後押ししてくれます。
動機付けがやってくるのは、いつとは決まっていません。

キャッチ・ザ・ウェーブ!
サーファーが波に乗るようにチャンスを捕まえることが大切です。

  • 精神が安定する
  • 健康になる
  • 感性が豊かになる
  • パフォーマンスがアップする

片づいた空間は、自分のやる気を後押ししてくれます。

収納ベッドでモノを隠しても生活感はなくせない

隠さない収納

収納ベッドは、片づけるのにとっても便利です。

しかし、友達の家ならそれで終わりますが、自分の部屋だとそういうわけにはいきません。

自分をいくら着飾っても、自分を否定的に考える人が自信を持てないのと同じです。
他人は騙せても自分は騙せないのです。

そこに物が隠れていると、自分では知っているので「生活感」を削ぎ落とせません。
やはり落ち着きません。

だから収納は、自分を騙さないし、生活感をなくせないのです。
自分が落ちつける収納、「生活感」を削ぎ落とす収納とは、隠さないコトが必要なのです。

整理収納はしまいこむことだと勘違いしている方が少なくありません。
それだと見えない場所はおざなりになってしまいます。
隠しても「生活感」は削ぎ落とせません。

整理整頓のマトリックス

整理整頓のマトリックス

整理収納を考える上で、重要なモノと人との関係を図のように、あらわしました。

整理収納を具体的に整理する上で、4 つの区別をつけて考えてみたいと思います。

 

4つの区別とは、

  • 使用頻度の高いモノ
  • 使用待機のモノ
  • 所有しているだけのモノ
  • 廃棄待ちのモノ

の4つです。

必要なのは、特別に思い入れのあるものを除けば

  • 使用頻度の高いモノ
  • 使用待機のモノ

だけです。

  • 所有しているだけのモノ
  • 廃棄待ちのモノ

が、多いと疲れます。時間切れで廃棄、引っ越しで廃棄・・・時間切れで決着をつけようとする態度が自主性を奪っています。
言い換えると、あなたの人生を奪っているのです。

④収納ベッドが自分を人生の主役にする

収納は60%

収納は60%が基本です。

40%にゆとりが、心の平静、安眠、集中力をもたらします。

  • 人生を迷うことなく過ごしたい
  • 自分のやりたいが見つからない
  • 自己肯定感が持てない
  • 自分の能力を高めたい
  • 人間関係に振り回されたくない
  • ストレスから解放されたい
  • 将来がなんとなく不安

矢印の先に注目です

これらの問題の根っこはひとつです。
無意識に依存が働いていて、自分を人生の主役にできないことに原因があります。

  • 自分が主役。
  • モノを少なくすると集中力が強まり得る「モノ」が増えます。
  • 収納の鉄則は60%。頑張るのも60%。
  • 心の静けさ、安定、集中は全部イコールの関係です。
  • 生活を大事にするために、「生活感」を削ぎ落とす

準備ができたら、収納ベッドが応援します。

⑤収納ベッドの正しい使い方がミニマリストに近づける

コンパクト収納ベッド

収納ベッドは、収納が少ないから使う場合もあります。
ワンルームなどの場合、「絶対的に狭い」「収納がない」場合があります。
それでもその場合、本当に必要なものだけに最小限まで減らしたか、確認しましょう。

ミニマリストの考えは、こうです。

情報が多いと選択を強要される気がする。
自分の必要に集中するために情報を最小限にしたい

・・・・というものです。

ただ見た目をきれいにしたいというわけではありません。

捨てらた、やがて再購入が必要になる場合があります。
集中するために必要コストと割り切っています。

それほど「集中」を大切にしているのです。
「生活感」を削ぎ落とすのはファッションではありません。
「いま、ここ、この瞬間」を大事にするから、「生活感」を削ぎ落とすのです。

そこに「生活感」があると、生活のことを考えずにいられないからです。
誰だって生活があるるから生きてられるのです。
決して生活を軽視しているわけではありません。

脳は放置していると勝手にどんどんいろんなことを考えます。
大半の人は、そこで出される考えに「自分らしさ」を感じていますが、それは脳が自動生成したものにすぎなくて、本当の自分ではない。
本当の自分があるとしたら、「いま、ここ、この瞬間」に生きる自分です。

「いま、ここ、この瞬間」を大事にするために、収納ベッドを使うことには賛成です。

⑥自分に合った収納ベッドでライフスタイルを磨きがかかる

愛は

Photo by Alejandra Quiroz on Unsplash

収納ベッドには大きく分けて2種類あります。
自分のライフスタイルに合った収納ベッドを選ぶことで、ますますライフスタイルに磨きがかかります。

部屋の収納事情、自身の使い勝手の両面から考えて選ぶことが大切です。

まとめ

跳ね上げ式ベッド

この記事はお役にたてましたか

この記事はお役にたちましたか?

生活は誰にとってもリアルな重要なテーマです。
キッチンに代表されるように、生きていくにはいろんなモノが必要です。
一方で、生活感があると落ち着かないのは、生活を考えてしまって、自分が重要としていることに集中できなくなります。
だから生活感のあるモノは最小限にしたい。そこで「整理収納」のスキルが必要になります。
スキルが低い人はミニマリストになれば便利ですが、手間が発生します。

自分が最大限「いま、ここ、この瞬間」に集中するために逃げ出さないで済む部屋。
そのために「収納ベッド」も含めて、モノを増やさない、モノを収納できる生活、すっきりした空間のご提案をしました。

いかがでしたか?
100年時代のライフシフトを念頭にさらに深めていきたいと考えています。

この記事を共有しますか

人気記事

学ぶべきは成功の先 1

睡眠マスターの任務は心地よい睡眠が摂れるようにアドバイスすることです。 しかし「心地よい睡眠」は表層的な課題に過ぎず、睡眠を通じて脳を守ることです。 脳を守る手段として「睡眠」にしかできない仕事があり ...

睡眠負債 2

スリープアスリート(睡眠マスター)がなぜ大事なのか。 その理由をお話しします。 人生100年時代、健康年齢と寿命の差が開くほど、寝たきりの期間が増えます。 とりわけ認知症は介護される人、する人、双方に ...

3

習慣には3つのステップがあります。 きっかけ ルーティン 報酬 習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)でチャールズ・デュヒッグが提唱した仕組みです。 このベッドはあなたの暮 ...

トリプトファンはバナナが簡単 4

トリプトファンと深い関係がある、幸せホルモン「セロトニン」は脳内で作られます。 「セロトニン」は、自律神経のバランスを整えるホルモンです。 セロトニンは、必須アミノ酸「トリプトファン」が変換したもので ...

セミシングルベッドならピエニ 5

明るい木の優しさが開放的なロータイプの「Pieni(ピエニ)」 Pieni(ピエニ) 木の温もりが優しいシンプルなデザイン 通気性の良さを実現 コンパクトな設置でお部屋を広く使える マットレスのレイア ...

-引き出し式収納ベッド, 跳ね上げ収納ベッド

Copyright© スリープアスリート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.