ベッドですることは3つ☆新婚カップルためのベッドの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナンシャルプランナー監修

新婚カップルのベッド選び

これからご結婚予定のカップルの場合、生活環境が変化し続けます。
何度もベッドを買い換えるのはナンセンス、合理的なベッドの買い方をお悩みの方も少なくないと思います。

ファイナンシャルプランナーが考える新婚カップルのベッド選びについてお話ししましょう。

ファイナンシャルプランナー目線で考ると、新婚カップルをもっともっと熱々にする方法はこうなりました。

ベッドを買い換える動機

ライフプラン

「結婚を機にベッドを変える」という人は多いのは当然ですよね。
「シングル2台、それともダブル?クイーンサイズ?」と悩みます。

お二人で相談されると思いますが、新婚さんや熱々カップルがやってしまう間違いが、将来を見越したベッド購入を考えていな点です。

よくあるのが新婚時にダブルベッドを購入して、お子様が産まれたらベッドを追加するのが多い考えもののパターンです。

これはもったいないですよね。

ライフプランで将来を見越した買い物

設計

将来を見越したベッド購入は、ライフプランの設計をしたうえで決めるといいですね。

ベッドは決して安いものではありませんが、お金だけの問題ではなく、女性は出産・育児が気になります。

時期はご結婚された年齢に大きく左右されます。

このあたりのことは男性には分かりにくいことです。
しかも現代は女性も男性並みに働く時代。転勤も男性同様にあります。
その意味でもライフプランを前にして将来設計をしましょう。

仕事の仕方も考える必要があります。
出産、保育園の問題、お子さんの小学校入学、大学卒業、さらにお互いの親のことなど、考えることはたくさんあります。それらから逆算してベッドを選びましょう。

ベッドは家具ですが、もっとも使用頻度の高いものなので痛みもでます。
高いから良い、安いから悪いとステレオタイプの考え方は一旦排除して考えましょう。

ライフプランと女性

ベッド習慣

ライフプランによって人生の節目に「動機」を発見できます。
動機が自分のやる気を引き出します。

ライフプランがあると、逆にやる気の低下から自分を守ってくれます。

たとえば女性は育児にかかわるために、一旦社会から後退を余儀なくされます。
毎日、毎日、育児に専念していると、自分が社会から隔離された気分になる場合もあります。特に最前線で活躍していた女性には思いもしなかった悩みです。

会社時代の友達と久々にあっても、彼女たちが光り輝いているように思えます。

気分が落ち込みますが、ライフプランがあると、いまはこれに集中する時期だとわかります。
再び社会と触れ合う時期が計算できるので、「いまここ」に集中できます。
キラキラして見える、かっての同僚より輝けますよ。

しかも次の準備をすることもいまの間にできます。

赤ちゃんとベッド

赤ちゃんと一緒

赤ちゃんが生まれると生活は一変します。
ベッドの使い方も変わります。

添い寝をするのか、しないのかも、決めておきましょう。
添い寝については、アメリカでは事故死が相次いだこともあり、賛成派と反対派で、意見が二分しています。

心理学的には、1.5歳まではスキンシップで思い切り甘やかせあげましょう。
「愛着の絆がしっかり結べると親子でハッピー」というのが私の持論です。

愛着の絆がしっかり結べた子は、無意識に「安全基地」を持つことができます。
安全基地とは心の拠り所です。

あると思えるだけで人生にチャレンジができるようになります。
不安いっぱいに生きるのとチャレンジできるのには大きな違いがあります。

同じことは、夫婦の関係にも置き換えることができます。
お互いに愛し愛され信頼できる関係をつくることで、幼いときに結べなかった愛着の絆を夫婦の間で結べます。

ママは愛する男性の励ましを受けて、赤ちゃんと愛着の絆を結ぶと素敵ですね。

ベッドは愛着の絆を結ぶ大切な場所です。その日のことを考えておきましょう。

ライフプランは人生の物語をデザインするツール

ライフプランは人生をデザインするツール

アメリカの脳科学者、ジル・ボルト・テイラー博士(女性)は37歳で脳卒中に襲われます。
幸い一命は取りとめますが脳の機能は著しく損傷、言語中枢や運動感覚にも大きなダメージを受けます。

そんなジルを復活させるのに貢献したのは母親による育てなおしでした。
育てなおしとは文字通り、赤ん坊に戻ったように育てなおすのです。
それほど、育児の影響は大きいのです。

つまり奥さんを育てなおす場合もあるし、赤ちゃんだけで良い場合もあります。

ライフプランはお金の問題をデザインするものですが、人生の物語をデザインするツール
考慮すべき事項をライフプランに組み込んでベッド選びをするようにしましょう。

そのうえで、気になるのは、やはりベッドの広さも含めたデザインではないかと思います。
もちろんマットレスの性能も重要です。

ベッドでする3つのこと

赤ちゃん

ベッドですることは、睡眠とセックスの2つしかありませんね。
あと赤ちゃんが生まれると役割が増えて、赤ちゃんを寝かせる場所にもなります。

ベッドはこの3つが機能的に使えたら良いのではないでしょうか。

ベッドル−ムにテレビやスマホがあるなら出してしまいましょう。
スマホは隣の部屋にあれば、音で知らせてくれます。

睡眠で気になるのは寝返りです。
寝返りはある程度硬いほうが体が沈まないので楽です。
同じことはセックスにも言えます。

間接照明の問題

フットライト

眠る時に照明は不要ですが、セックスや赤ちゃんがいると必要になります。
赤ちゃんをケアするには、刺激的でない明るさが求められます。
使い分けが必要かと思いますのでベッドに付いたライトと併せて考えましょう。

買い足しの問題に対策したベッド

将来分割して使える・大型モダンフロアベッド LAUTUS ラトゥース

先にお話ししたように、赤ちゃんが産まれたらベッドを追加するのがパターンです。これには同じものが入手できるかどうか分からないので、最終的に買い替えになるリスクがあります。

そこで「ベッド習慣」では費用を抑えるために、将来を見越したシリーズをご用意しています。

先で連結できるように、最初は分かれている設計のベッドをリーズナブルな価格でご提供しています。このベッドシリーズは4人、5人と人数に合わせたプランをご用意できるので人気があり、ご好評いただいております。

LAUTUS 【ラトゥース】

ベッドの高さ

新婚カップルのベッド

心地よい暮らしには、ベッドの高さにも要注意

日本のベッドには、日本独特の問題を考慮する必要があります。まず部屋が狭く天井が低いことです。この悩みに対応したのが、高さのないローベッド、フロアベッドですね。
布団に近いほど低くて、ベッドの安定感を保ったデザインは本当に日本スタイルです。
家族構成の変化で、つぎ足しも出来るので、シリーズで次々と登場しています。

湿気トラブル

湿気

部屋の条件にもうひとつ大きな課題があります。

それは湿気です。湿気というと梅雨や夏を思い浮かべますが、現代の日本家屋(マンションライフ)では結露の方が深刻です。

結露対策

結露の正体

結露による湿気の被害とは水レベルの被害です。毎日部屋のメンテンスをしていないと、ベッドの下は水浸しということも起こります。そこで通気性の良いすのこベッドが日本では人気ですが、結露の問題は、まず窓際にベッドを置かないことに尽きます。

暖房器具にも要注意です。

水分を出す暖房器具には、ガスストーブ、石油ストーブ、ガスストーブ、石油ファンヒーターなど開放型暖房器具があります。

開放型暖房機器は、使うだけで、例えば40%だった湿度が65%程度まで上昇してしまうことがあります。

湿度65%の場合、20℃程度の室温では、窓ガラスなど表面温度が7℃低い部材があれば、そこで結露してしまいます。

放出された水分で。恒常的に結露するようになってしまうと、カビやダニの発生に留まらず、柱などで結露すれば、そこに腐朽菌が発生して、住宅の寿命を縮めてしまいます。

結露の原因

結露

結露を発生させる原因には、開放型暖房機器、お風呂、キッチンの水蒸気、観葉植物も考えられます。ほとんど防御不可能というわけです。

大きな原因となる開放型暖房器具は、石油ストーブ、ガスストーブ、石油ファンヒーターなどですが室内の酸素不足によって一酸化炭素が排出されることもあるので、十分な換気が必要です。冷えるから換気しないでいると、放出された水分で。恒常的に結露します。

フロアベッドと結露

冷蔵庫のカビ

フロアベッドの場合、床とベッドが一体化したような構造となっていて、ベッドの高さがとても低くなっています。ヒトが寝ている間にかく汗はコップ一杯分と言われますが、気になるのは汗の行き場です。

放置すれば寝具に吸収されることになるので、フロアベッドの床板は汗を考慮して、すのこ仕様のものが多くなっています。

結露の水びたし対策として有効なのは、換気で湿気をこもらせないこと、および、床を冷たくさせないことが考えられます。

脚付ベッドと結露

脚付マットレス

脚付ベッド、脚付マットレスの場合、結露の原因となるベッドの下の湿気、つまり汗が湿気に転じたものがこもります。

フローリングの場合、そこで床が冷え、ベッドを冷やしてしまいます。
そのままでは冷えの影響で寒くて眠れない事態が起こります。

フロアベッドの場合、湿気に対しては、マットレスをこまめに上げて床板やその下に風を当てて湿気を飛ばすことで結露の原因となる湿気が除けます。

更に、冬は屋外の方が乾燥しているため、窓を開けて外気を取り込むことで、効果的に湿気を飛ばすことができます。

床の冷たさには、断熱性のあるジョイントマットやコルクマットをフローリングに敷くことで、冬の床の冷たさが直に伝わってくることを防ぐことができます。

結果的に結露を抑えることができます。

⇒ジョイントマット

場合によっては、アルミニウム製の断熱シートを床に敷くことも有効です。

▶︎ カップル特選ベッドはこちら

まとめ

ます、ライフプランを立てましょう。
気持ちに落ち着きが出て、一歩一歩、どのようにすればいいか、道筋が見えてきます。

新婚カップルで使うベッドを考えた時、ダブルのデメリットは「振動が伝わること」です。
振動は熟睡の妨げになります。

おすすめは「クイーンサイズ」のベッドにする方法。
フレームは一つ、マットレスは二つのタイプにすれば、同じベッドの寝ている感覚なのに、振動は防げます。フロアベッドがコスパ抜群の上、赤ちゃんができるとつぎ足しできます。

▶︎ 拡張性の高いフロアベッドはこちら

あとは湿気対策です。
こればかりはお部屋の事情に起因しますが、脚付ベッドよりすのこを使ったフロアベッドの方が対策は容易です。

あとはお二人で話し合って決めることがとっても大事ですね。

ベッド習慣

インターネット通販専門店ならでは収納ベッド、フロアベッドなど低価格と高品質のベッドを300種類以上と豊富な品揃えで人気の『ベッド習慣』

流通コストを大幅にカットすることで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンスをお楽しみください。

低価格と豊富な品揃えで、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

『ベッド習慣』は、口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

スリープアスリート認定試験講座

スリープアスリートになるのに、投資はベッドと寝具、規則正しい生活だけです。
惜しむことなく、人生をエンドレスにワンダフルにしてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る