不眠症一覧

女性の冷え症には4種類ある。眠れない時の女性の冷え症対策

「眠れない時の女性の冷え症対策」は次の方のおすすめの記事です▶︎冷え性で悩んでいる女性▶︎ストレスで自律神経のバランスが崩れたと感じている方▶︎マットレスをお探しの方▶︎ベッドの買い替えで検討中の方▶︎「私は冷え性なのよ」と自分でレッテルを貼り付けて諦めている女性がいます。なにごとも諦めたらそれまでです。やがては「年なのよ」になってしまいます。化粧、スタイル、年齢、健康、すべてに通じることです。人生100年時代を生きる女性には100歳から逆算して今日を素敵に過ごしてもらいたいものです。▶︎冷えもストレスのひとつです。

その不眠は本当?ぐっすり熟睡。不眠の原因が寝具、アレルギーかも。

「よく眠れない」で悩んでいませんか?でもその悩み、ちょっとした間違いかも知れません。寝具環境のシンプルな心地よさが、快眠の絶対条件。「部屋は涼しく、ベッドは温かく」は快眠の黄金ルール。是非寝具全般の見直しをしてみてください。費用をかけずに激変する可能性もあります。

デキる男性がしているパフォーマンスをあげる7つのベッド習慣

デキる男性には、違いを生み出す違いがあります。デキる人はパフォーマンスを気にしています。高いパフォーマンスは、前日の夜から始まっていることを知っていて、必要な7つのことを習慣にしています。簡単なことばかりですが、継続するために準備をしています。

太る!睡眠不足だと空腹ホルモン増加で食べ過ぎる | ベッド習慣

睡眠不足が食べ過ぎになるのは、空腹ホルモン「グレリン」が増加し、満腹ホルモン「レプチン」が減少してしまうことに起因します。「グレリン」発見で胃が消化機能だけでなく、エネルギー代謝や成長ホルモンの分泌調節にも機能していることが明らかに。対策は起床時間の安定です。

95%の不眠を解消して健康年齢を伸ばす人は脳の片づけが上手

スリープアスリート(睡眠マスター)は、睡眠で脳を整理整頓、人生100年「生産する健康年齢」を考えるライフプランを設計するがテーマ。介護予防力アップで平均寿命と健康年齢の差を縮め「ピンピンコロリ(PPK)」を増やします。快適な目覚めは最初の一歩。

交代勤務で生活リズムが悪いと「太る」は本当ですよ。

最近なんだか「微妙にメタボ傾向」で悩んでいませんか?微妙な内に睡眠をきちんと摂って健康体に戻しましょう。生活リズムが悪く睡眠不足だと太るメカニズムを説明します。睡眠不足だとストレスからジャンクフードとジャンクスリープに走りベッド習慣を壊してしまいます。

寝酒はNG!睡眠薬・精神安定剤・睡眠導入剤の正しい使い方とやめ方

不眠に悩んでいる方も多いと思います。でも睡眠薬に頼りたくない。そう思っている人は多いのではないでしょうか?そこで手軽な寝酒に手を出しますが、逆に睡眠の質を低下し不調の原因に。睡眠薬,精神安定剤,睡眠導入剤,入眠剤の安全で正しい使い方とやめ方をご説明します。

40代夫婦。更年期障害50の症状と4つの不眠症状と熟睡ベッド習慣

40代になるとダブルベッド事情にも大きな変化が起こります。早い人は、ストレスから40代早期から、大半は40代後期に更年期障害が起こります。この時期を境にセックスレスになる方は少なくありません。ときめき、ワクワクドキドキもなくなりがち、だからこそフロアベッドでときめく癒しタイムのご案内

トップへ戻る