人生を変えるガイドラインに気づく毎日5分のウォルナットベッド瞑想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生を変える人生のガイドラインに気づく毎日5分のベッド瞑想はいかがですか?

ベッドで瞑想する習慣ありますか?
ほとんどの方はないですよね。

「グーグルのマインドフルネス瞑想」は、アメリカの企業に広まり多くの企業で採用されています。そのグーグル社内でさえ、良いことは知っているが「瞑想はしていない」と回答する人が多いそうです。

だから余程、何かないとしなくて、当然だと思います。

それでも今回、ウォルナットのベッドで瞑想をお勧めするのは、大切すぎることがあるからです。

大切すぎることとは、心当たりがする人も多いと思います。
「なぜ、毎回同じような人を好きになるか」という問題です。

でも、それは「恋愛だけに限らない」のです。
人は、性懲りもなく、ずっと同じことを死ぬまで繰り返すからです。

それにストップをかけるのにふさわしい落ち着きのあるウォルナットのベッドと瞑想をご紹介します。

無意識のうちに同じ行動ができるようになる

同じことの繰り返し

車の自動運転化が話題になるこの頃です。

毎朝。自宅から駅まで歩くとき、最短距離の慣れた道を歩くはずです。
電車に乗るときも、ホームで待つ位置は決まっているのではないでしょうか。

慣れて決った行動を繰り返していけば、脳の中に神経回路ができあがり、無意識のうちに同じ行動ができるようになります。
その方が目的を果たすには効率はよくなります。

私たちは、無意識のうちに同じ行動を繰り返しています。
どもここでいう「無意識のうちに同じ行動を繰り返している」とは、このレベルのことではありません。

朝起きて、顔を洗って歯を磨き、食事をして駅へ向かう《その問、自分の行動をどうすればいいか考えることがありません。

脳の中には、効率良く動けるように脳の「神経回路」ができあがっていて、それに従って行動しているからです。

生活や仕事をスムーズに行うには重要な仕組みですが、時にはそれが障害になります。

変えなくてはいけない局面に遭遇しても変えることができなくなります。

たとえば新たな問題を解決しようとするとき、経験を通じて脳にでき上がったプログラムが邪魔をして、新しい解決方法を受け入れられない状態に陥るのです。

脳は長年の経験で、最適な結果を出しやすくなっていますが、周辺の事態が変わってきたときに、うまく対応できないのです。

「成功体験にこだわっている」という表現で伝える場合もそうですが、なにより同じことばかりしているのでイメージができないのです。
イメージができないことは展開のしようがないのです。

会社だったら人事異動・人材登用という手段もある

人事異動

組織の場合、これを突破する方法のひとつが、新しい人材の登用です。
具体的な方法はいくつかありますが、それをしても失敗するのは、アイデアを採用することとマネジメントスタイルは別の問題だからです。

「なにをするか」と「どう在るか」は別次元のことで、特に「どう在るか」はすぐに変えようがないようです。
脳の神経回路は両方で変わらないと変わったことになりません。

これには周囲からのアドバイスがなければ無理なのですが、アドバイスを聞く耳と、アドバイスをしてくれる人が周囲にいるかどうかが鍵になります。

さらにマネジメントスタイルは、もっと深い神経回路と密接な関係があります。

三つ子の魂、百までも

三つ子の魂、百までも

人は幼少の頃に強い感情体験をします。
内容は人によって違いますが、「三つ子の魂、百までも」と昔から言われています。

しかし、「三つ子の魂百まで」の意味を、勘違いして使っている人はかなり多く、勘違いした意味で使っている人の方が多いのではないかと思います。

「小さい頃の性格が、大きくなっても残っている」という文脈で使用されています。

でも人生を決定づけているのは、性格ではありません。
未解決の記憶の再現です。

子どもの心に残っているのはなんらかのコンプレックスです。

もっとも子どものことですから、大人から見たら大したことではなく、日常のよくあるできごとのワンシーンに過ぎす、それで子どもが傷ついたとか、衝撃を受けたとか気がつきません。

なので大半はケアされることもなく過ぎて行きます。

しかし子どもは、無力なので、ことによっては生死に関わる大問題と思います。
親にしたら、青天の霹靂というやつで、考えたこともない場合が大半です。

悲しい記憶が人生のガイドラインになる

三つ子の魂百までも

これは一例ですが、当時5歳の女の子のことです。

家に職場を持っていた父親が愛人を作って、夕方になると食卓に現れることなく愛人宅に行ってしまう。

女の子にしたら、母親の様子や言動から、なんとなく察してしまいます。
これが毎日続くと、原風景として脳裡に焼き付きます。

女の子は母親に聞くことさえできません。
「大事なことは言えない」思い込みをしてしまいます。
性格のように思われますが、性格ではなく思い込みです。
思い込みは強い「緊張」になります。

このできごとは、性格以上に、成長してどんな教育を受けても、人生のガイドラインになります。

女の子は成長すると、異性との間で、この光景のすべてを再現します。

「自分は愛する人に背を向けられる」という思い込みが自分を支配します。
仮に愛する人に愛され求められても、「背を向けられる」事態を自分で作り出してしまいます。

「大事なことは言えない」思い込みも再現するので、相手に伝わらなくなります。

思い込みは目的化する

思い込みは目的化してしまうのです。人生のガイドラインになります。

しかも同じ物語を何度も演出してしまいます。

これが彼女の人生になります。生涯続きます。

他のことは、付け足しのようになってしまいます。

  • どんなライフプランしていますか
  • どんなライフデザインですか
  • どんな仕事をしたいですか
  • 夢はなんですか
  • どんな方と結婚したいですか
  • どんなところで暮らしたいですか。

これら、一度は考えることも、ここには人生のガイドラインはありません。

人生のガイドラインは5歳まで決まっている

三つ子の魂、百まで

重要な質問を全部付け足しにしてしまう、ガイドランは、5歳までに感じた光景にあります。

それを是正しないと、本当のライフプランに進めないのです。

人生の気づき

瞑想

瞑想は気づきのための行為です。

でもブッダ(お釈迦様)ですら、人生のガイドラインに触れていません。
ブッダの言う気づきは無我無心の宇宙的に人とつながる大きな気づきです。

ブッダ(お釈迦様)がいう「四苦八苦」に人生のガイドラインは含まれています。
感情的な記憶は「四苦八苦」の原因になるもので、あなたを苦しめ続けているものです、
出来るなら一刻も早く解放されるべき感情体験です。

あなたは解放されたいと思っていますが、同時に失敗するようにプログラミングされています。過去にうまくいかずに傷ついた体験だからです。

未解決の問題とは、解決することを目的にしていないです。
その再現が、プログラミングされたことなのです。

トライ&エラーならトライする価値があります。
しかし、そのトライ&エラーは「永遠のエラー」になっているのが問題なのです。

では、なぜ「永遠のエラー」なのでしょう。
あなたが、そう決め込んでいるからです。
だからうまくいきそうになるとあなたが壊します。

解決するには、あなたが「気づく」のが始まりです。

自己実現している人とあなたの違い

成功するプログラム

自己実現している人とあなたの違いは、何の違いでしょう?

能力の差、あるいは努力の差だと思っているかも知れません。
でも人は好きなことをやっていると疲れません。
無理に努力するから疲れるのです。

人生のガイドラインの違いです。

一般社団法人いきいきゴエス協会
どのようにして、ネガティブなガイドラインが、あなたのガイドラインになってしまったのか。

ベッド瞑想で気づきましょう。

睡眠は健康の中心。ライフプランを実現して幸福な人生を現実にするには、質の良い睡眠が必要です。質の良い眠りを手に入れるには良いベッド、寝具だけでは無理です。悩まない毎日があるから熟睡できます。ベッド習慣では悩みを消し去る無料相談を受けています。

ウォルナット・ベッド瞑想での瞑想

ウォルナットブラウンのスリムベッドシリーズ

▶︎ このベッドはこちら

朝3分。夜5分の瞑想をするのに、ふさわしいウォルナットの大人ベッド。

あなたのガイドラインを発見するのに、ふさわしいウォルナットのベッドではないでしょうか。

焦らず、自分を支配している感情を見つけてください。

このベッドを見る

ウォルナットのベッド

ウォルナットのベッド

ウォルナットのベッドはおしゃれで落ち着きがあるので人気の高い柄です。

ウォールナット材を使用した家具は、1670年から1720年に人気を博し、調度品や家具として、富の象徴と見なされてきました。

ところが日本では、50年前には、アメリカが主産地なこともあり、外材と呼ばれ、あまり好まれなかったようです。
しかし、いまでは人気が高い素材に変わっています。いまも主産地はアメリカ東部のミズーリ、オハイオ州、カナダのオンタリオ州です。

”衝撃に強い”、”重厚で狂いが少ない”、”加工性や接着性に優れている”といった特長のあるウォールナットの美しさは格別です。

色は褐色、木肌や木目の美しさは歳を重ねるごとに味わい深く、艶やかになります。
落ち着いた色と雰囲気が、大変美しく、飽きがきないと好まれています。

人生100年時代のベッド選びは、お金の使い方もしっかりしたライフプランに裏打ちされたものが必要です。高価なものを長く使うか、環境に合わせて買い換えるか。ベッドサイズはどう考えたら良いのか。ファイナンシャルプランナーが選ぶ究極のベッドはコレです。

▶︎ NO.1人気、フロアベッド【Claire】のメリットとデメリットを冒険する

▶︎ 睡眠の質をあげるウォールナットのフロアベッド

▶︎ 思わず嘘!と言ってしまうッ!コスパで驚きのフロアベッド 【レネット】

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスの瞑想とは次のようにします。

  1. 身体の力を抜き、背筋を伸ばして座ります。
  2. 体と呼吸に意識を向けて、感覚に集中します。
  3. 呼吸をただ感じるようにします。お腹が膨らみ平らになります。
  4. 胸が上がったり下がったりします。鼻を通過する空気を感じます。
  5. やがて雑念が浮かびますが考えないようにします。
  6. 考えずに、いまこの瞬間の体と呼吸の感覚に集中します。

マインドフルネスによって、40%のストレスが軽減されるといいます。

これはマインドワンダリング(心の迷走)によるコルチゾールの分泌をストップさせる効果があります。

マインドフルネスが日常のことではなく、特別なイベント(行為)では意味がありません。軽減できている人は毎朝、毎夕に上手に取り入れているはずです。

しかし「マインドワンダリング(心の迷走)」を出すまでもなく、人間とは考えることが好きな生き物です。

そのため、禅宗では禅問答を採用しています。
つまり解けない質問を出すことで考えさせないようにしています。

瞑想で呼吸に集中させるのも、考えさせない工夫です。
歩行瞑想では足の裏の神経に集中させています。

では、考えさせると何が悪いのでしょう。
心ここにあらずになるだけでなく、ネガティブな感情に囚われる前提である潜在意識の影響を受けてしまうからです。

この潜在意識に、ネガティブな感情体験の記憶が潜んでいます。

マインドフルネスでは、そこに行かないことを戒めています。

グーグルのマインドフルネス

グーグルのマインドフルネス瞑想

でも気をそらしてばかりいても、問題は解決しません。

解決しないで、気づきと慈悲を得ようとしても、ブッダの教えが難解になるばかりです。そこで宗教色を排したマインドフルネスになりますが、グーグルのマインドフルネスも仏教に触れています。

グーグルのマインドフルネスの特徴は、世界企業であるグーグルには国籍を超えて多種多様な人が働いています。宗教の押し付けにならないようにしたことです。

マインドフルネスはストレスをやる気に変えて能力向上の役立てます。ストレスを鎮火するのは副腎から出るストレスホルモン、コルチゾールですが、ストレスが続くとコルチゾールの分泌が増え続け副腎を痛めます。副腎は体内の炎症を鎮めることができず病気を引き起こします。

ライフプランに生きることをおすすめします

ライフプラン

あなたが生きる場所は、未解決の感情世界ではなく、ライフデザインを具現化するライフプランの世界です。

たとえばZOZO TOWNの前園社長とあなたの違いはなんだと思いますか?その場に置けば能力は必要に応じて磨かれます。その場に置かないのには理由があります。未解決の感情世界があなたをどこにも行かさないのです。

何度恋しても、同じタイプになる理由は、未解決の感情世界がそうさせます。そして何度トライしても未解決のままになります。すでに答えとしてあなたが持っているからです。

こんなくだらないゲームに気づくために、朝3分。夜5分の瞑想が効果を発揮します。

ふさわしいウォルナットの大人ベッド。

▶︎ NO.1人気、フロアベッド【Claire】のメリットとデメリットを冒険する

▶︎ 睡眠の質をあげるウォールナットのフロアベッド

▶︎ 思わず嘘!と言ってしまうッ!コスパで驚きのフロアベッド 【レネット】

まとめ

人は年齢を重ねていきますが、ずっと同じことを繰り返して生きています。

考えること、することは「年齢相応」ですが、同じパターンを、年を負う毎に、より強く繰り返しています。

その結果、本当に大事なことは放置されたままです。

目覚めと、入眠の数分、ベッドの上で瞑想することで、気づけます。
是非、気付いてください。

落ち着きのあるウォルナットのベッドは、優しい時間を極上の時間にアップグレードします。

▶︎ 今回ご紹介のベッドはこちら

このベッドを見る

ベッドを探す

無料相談

この記事を書いた人
 
 
人生とビジネスこよなく愛する「当ブログ管理人」兼「ベッド専門通販ショップ店長」のミノルさんです。
一般社団法人いきいきゴエス協会理事にして「ビジネスコンサルタント」「整理収納アドバイザー」「ライフスキルコーチ」「ライフデザイナー」「ファイナンシャルプランナー」「スリープアスリート(睡眠マスター)です。
店長
 

スリープアスリート認定試験講座睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひとつです。しかし最も関心の低い扱いをされてきました。睡眠障害、睡眠負債が健康を害しています。運動には関心が高くなりましたが、同じように「攻めの睡眠」が必要です。 いきいきゴエス協会では、ひとりでも多くの人に、良い習慣を身につけていただくために、「スリープアスリート認定制度」を導入しました。
トップへ戻る