睡眠の質が高い人はシンプルに幸せを実現している。わかりやすい人生の極意。

ストレス コルチゾール

睡眠とホルモン

脳が深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌されることがわかっています。

昔から「寝る子は育つ」といいますが、この睡眠時に分泌される成長ホルモンは、細胞の新陳代謝に効果があることも判っています。

女性ホルモン、男性ホルモンの分泌にも影響します。

快眠は、皮膚や筋肉、骨などを成長させたり、傷ついた筋肉や内臓などを効率よく修復したりする働きがあります。

いわば、睡眠は心と身体、脳の再生工場の役割をしています。

私たちは、自分自身が、どう意識しょうが、自然の恵みである借り物の身体は、身体と心の健康を保つために充分な時間、質のよい睡眠を必要としています。

睡眠の研究の成果で判ったこと

睡眠負債

睡眠の研究の成果で、睡眠の重要性がようやく認識されるようになってきました。

睡眠不足、不眠、睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群・・・・睡眠に関係した悩みはいくつもあります。

睡眠不足や睡眠障害から生じる日中の眠気は、交通事故などの原因になります。

睡眠不足や不眠が蓄積されると「睡眠負債」になって、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらにうつ病、認知症や癌を発症するリスクが高いことも判ってきました。

睡眠中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の症状があると高血圧や心疾患、脳血管障害の危険性も懸念されています。

よく眠れていないと、身体だけでなく、心の面でも深刻な問題が起こってきます。

情報に惑わされず睡眠の王道

快眠環境を作るには、こだわりが必要になります。
なぜなら快眠を獲得するには、現代社会では障害となることが多すぎるからです。

たとえば「遅くまで営業しています」とスーパーマーケットのPRがテレビに流れます。
見ている人は「便利だね、ありがたい」と思います。
思ってもらえるようにPRしています。

しかし睡眠から考えると、夜間の明るすぎる照明を避けて、夜間の買い物より日中のまとめ買いを推奨します。

「眠れない」に多くの人々が苦しんでいる

ストレス

私たちが暮らす現代の日本社会では、ストレスが徐々に大きな問題になってきています。

人間には古代からストレスに対処するメカニズムを体内に有していました。

しかし瞬間的なストレスだったのに対し、現代では起きている間、長時間継続するように変化してきました。

このため人間に備わったメカニズムは、逆に人間に牙剥くような状態に変わってしまい、心身にダメージを与えるようになってしまったのです。

厚生労働省が全国の3~99歳の6466 人を対象に行なった睡眠に関する調査結果では、女性39.9% 、男性32.4% 、全体で36.4%に及んでいたことが判明しています。

この調査では5人にひとりが継続していまも困っているという報告がなされています。

日本の場合、この現象は世界と比べても、突出して高く、ライフスタイルと併せて睡眠に対する認識の低さが目立っています。

睡眠のトラブルには2種類ある

睡眠負債

睡眠の問題には、大きく分けて2 つがあります。

ひとつは「睡眠不足」、もうひとつが「不眠」です。

さらに不眠には4つの症状があります。

  • 入眠障害
  • 中途覚醒(夜中に目が醒める)
  • 早期覚醒
  • 熟眠障害(熟睡した気がしない)

「睡眠不足」と「不眠」。2つの問題は似ているようで、原因も事情も違います。

「睡眠不足」は生活習慣による生活リズムの乱れがあったり、仕事や勉強、遊びのために、ジャンクスリープと言われる質の悪い眠り方、寝床に入ってゆっくり眠る時聞が確保できないものです。これは若い人や忙しく働いている人に多いのが特徴です。

もうひとつの「不眠」は、眠ろうと思って寝床に入ってもよく眠れない、あるいは早期に目覚めてしまうなど、睡眠が混乱していることに苦しんでいる状態です。

満足に眠れないので、日中の心身にも悪い影響が出てしまいます。

こちらは、年齢が上がるのと比例して増える傾向が顕著です。

脳を休息させるのは睡眠だけ

脳のメンテナンス

睡眠は身体の休息はもちろん、脳が休息するための大切な時間です。
身体の疲れは横になって休むだけでもある程度回復できますが、高度な知的活動を行なう大脳は起きているかぎり休息できません。

睡眠は脳を深く眠らせて、疲労を回復する大切な生きものの営みなのです。

高いパフォーマンスを求められる機会が増えるほど、脳を休息させることが必要ですが、ミスマッチのうえ、さらに生活環境のミスマッチが加わり「過労死」という世界的に見て特異な現象を引き起こしています。

睡眠の重要なポイント

睡眠負債

私たちが睡眠を考える際に、次の2点に集中する傾向があります、

何時間に眠っているか、量の問題

どのように眠っているか、質の問題

しかしこれだけでは不足しています。

  • 労働環境
  • 生活環境
  • 住環境

を加味して考える必要があります。

事実、アンケートに答えた人たちからは、睡眠時聞が確保できない理由として、仕事や勉強、長距離通勤・通学など社会生活上の事情や、仕事や勉強などによるストレスも挙げられています。

これは私たちのライフスタイルに問題があることを示唆しています。
つまり自分で変えられることと、変えられないことがあるということです。

ライフスタイルで改善できること、できないこと

ライフスタイルで変えられること、変えられないこと

そこで自分で変えられることはなにか?
自分では変えられないことはなにか?
2つを整理する(区別する)必要があります。

そのうえで、自分で変えられることをスムーズに着実に実行する環境を整えて実行するようにします。

たとえば労働環境では、シフト制交代勤務による不規則な睡眠時間という問題があります。

これは自分では変えられない課題ですが、会社によってはシフトの組み方にはじまり様々な改善に会社ぐるみで取り組んでいるケースも増えてきています。

またこういう取り組みのプロセスをブログやSNSを通じて積極的に公開していくことが、信頼につながり会社の好感度をあげる要因になっていきます。

睡眠マスターに問われること

私の幸せ

つまりスリープアスリート、つまり睡眠マスターに求められることは、「私の幸せ」を「幸福な人生」として実現するサポートです。

そのために「健康」をいい形で維持するお手伝いをすることです。

そこでは必然で「食」や「運動」、さらには「住環境」「生活環境」の最適化も必要になります。

最適な睡眠を習慣化するには欠かせないテーマです。
これらをセットにしてお伝えして、無我無心でアドバイス、カウンセリングすることが睡眠マスターの役割です。

もし、「食」や「運動」で最適な状態を維持されていたとしても、「恋愛」や「仕事」で悩んでおられたとしたら、いい形で睡眠ができなくなる可能性もあります。

人は壊れやすい生きものなのです。
なので「恋愛のプロ」「仕事のプロ」でなくても「寄り添う気持ち」が必要だと思います。

「寄り添う気持ち」があれば、安心して悩む人も、眠れると思います。
眠ると元気が出てきて、チャレンジする意欲も高まります。

睡眠マスターは眠りの知識だけでなく、「寄り添う気持ち」を大切にしてください。
つまり「寄り添う気持ち」を通じて、睡眠マスター自身が「幸福な人生」を実現するようになっていただきます。

まとめ

マインドフルネスは「私の幸せ」を具現化するために「いまここ、この瞬間。」に生きることを推奨しています。

同時に「無我無心」を推奨しています。
この教えを実現しょうとしたら、自然の恵みである借り物の身体を慈しみ大切に扱うことの尊さに気づきます。

「病気になったら病院に行く」あるいは「薬を飲む」こういった考え方は、場当たり的な印象を受けます。

薬でできることは、ほんのわずかです。人間の身体を作っているのは、食であり、睡眠や運動だと分かります。

食を整え、睡眠を整え、運動を整えるとシンプルに暮らせます。

シンプルは質素と解釈されがちですが、むしろ単純だと解釈したいです。

単純とは解りやすいということです。「いまここ、この瞬間。」に集中するのがとても楽です。

つまり「私の幸せ」を具現化しやすいということではないかと思います。

 

 

 

ベッド習慣

 

インターネット通販専門店ならでは収納ベッド、フロアベッドなど低価格と高品質のベッドを300種類以上と豊富な品揃えで人気の『ベッド習慣

流通コストを大幅にカットすることで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンスをお楽しみください。

低価格と豊富な品揃えで、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

ベッド習慣』は、口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

睡眠マスター

スリープアスリートになるのに、投資はベッドと寝具、規則正しい生活だけです。
惜しむことなく、人生をエンドレスにワンダフルにしてみてはいかがでしょうか? 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました