睡眠負債にならないハイパフォーマーの暮らし方

学ぶべきは成功の先 睡眠負債

広島東洋カープの強さは集中力の高さ

今年も広島カーブは強いですね。

しかし、個々の選手の個人成績を見ると他チームとそんなに変わりません。
なのにあれだけ強いのには、走塁力が違いますね。

盗塁とか目立った走塁ではなく、隙あらば進塁を狙って走る。
つまり選手個々のゲームへの集中力が群を抜いています。
目的意識が高いので、集中力が高いのでしょう。

それが習慣化されて本能になる。
他球団は、同じような局面で選手の動きが違いますね。頭でやっている印象。
すべてのヒントになりますね、

本能と知恵を引き出す

 

人類は古くから長い期間、生き延びてきました。
人がこれほど長くうまく生き抜いてきた理由のひとつは、人が危険を察知した場合、高度に統合された反応を即座に起こすことができるからです。

危機に対して考えるより早く、身構えます。

全身の神経を、その音のしたところに集中します。

脳のほうは、感覚が何をキヤッチするか、注意をとぎすませています。
強い感情と恐怖や怒りが、入り混じった感情がわき起こります。

どうすれば身を守れるか、あるいはどうすれば逃げられるかを、頭はフル回転で考えます。
アドレナリン、糖分、そのほかの刺激成分が組織に流れこんできます。

病菌と戦う、傷を治す、そのほか諸々の身体内部の活動の部分から、血液がひいてゆき、骨についた筋肉、とりわけ手足の筋肉へと送りこまれます。

戦うか、逃げるか、機械的生理的な反応、つまり本能で脳は選択します。

人間にはこういう能力が身についています。

この能力を引き出すのが睡眠です。

 

本能がネガティブな「取り越し苦労」になる

しかし、この本能が、ネガティブに働いて恐怖を高めるので、私たちは起こっていないことを悩んでしまいます。

この本能が働くと、脳はすぐに、いま察知した危険に焦点を定めます。

何が異常なのか、必死に探そうとします。

危険はどこか、どんな悪い者がいるのか、どんな邪魔が入ったか、また害を及ぼす者がいるかどうかを、五感と全身に張り巡らせたネットワークを使い探し求めます。

脳は、すばらしいフィルター機構を持っています。ネットワークから莫大な情報が来るのですが、それをふるいにかけてくれます。
もしこの仕組みがなければ、五感が感知する情報の細部にいたるまで、意識をふりむけるなどということはできません。

集中力です。

この集中力をポジティブに使うとどうなるか、やってみましょう。

舌を動かしてください。

こういうまで舌があることを忘れていませんでしたか?

舌があることはわかっていたと思いますが、脳が情報から外していたのです。

足の中指を意識してみてください。
こういうまで、中指の存在を忘れていたのではないでしょうか?

ずっと忘れていると動かせなくなります。

人は情報を受けることで反応し集中します。

速やかに反応できるには脳がすっきりしている必要があります。

睡眠は重要な役割を担っています。

 

考えて出来るまで努力する

 

 

ビジネスの職場で遭遇する、硬直した心理・態度には、「彼らの現実」があります。
彼らは自分の墓に引きずり込もうとします。

彼らの現実は「みんがやっているようにしていたらいい」というものです。

その言葉のすぐ下には、悲観と絶望が満ちています。
彼らは社会は変わらないし、変えることもできないと思い込んでいます。

こちらが希望と野心にあふれていれば、その考えは不可能だと批判することで説得しようとします。

こんな壁はさっさと超えるしかありません。得るものは何一つないからです。
彼らは会議に次ぐ会議で何もしません。会議なんて要りません。
やるべきことが解っている者には迷惑なことです。さっさと行動してしまえばいいだけです。

学ぶべきは成功の先。

学ぶべきは成功の先

一度失敗している人は、何もしなかった人と同じぐらいにしか成功を収めていないでしょう。
それが現実です。
成功だけが本当に価値のある体験です。だから集中力をもって行動を起こすのです。

その前に、成功と失敗の定義を整理しておく必要があります。
成功には試行錯誤と小さな失敗があります。
ここでは、これらを失敗とは定義していません。

長期のビジネスプランは幻想です。
クルマの自動運転が云々されている間に、数年先には車を空に飛ばすという時代です。

従来同様にマーケットの状況、競合他社、顧客、経済などの手におえないたくさんの要素があります。

これらと戦うわけですから、集中力を引き出さないと手に負えません。
本能と知恵を味方につけるために、たっぷり眠ります。

睡眠負債にならずに、たっぷり眠るためのベッド

 

熟睡のために優れた寝具は投資です。

スリープアスリート(睡眠マスター)は、睡眠負債にならず、この壁を越えて、健康で、かつ能力を完全に発揮できるようにします。
睡眠だけでなく、快適な睡眠がとれるように食や運動、さらに光線や寝具など睡眠を取り巻く因果関係の理解を深めます。

本能と知恵を引き出す睡眠が足りない状態が長く続くと、1日1日の影響はわずかでも、時間の経過とともに影響が蓄積されて、膨大になり、やがてはガンや認知症、その他の病気につながる睡眠負債の危険が指摘されています。

睡眠負債とは、「少しずつ借金を重ねていたら、いつの間にか負債がとんでもない額になってしまう」といった事態が、睡眠においても発生することを意味しています。

睡眠の借金は病気で返すしかなくなります。

そしてご自身やご家族の睡眠に留まらず、会社での後輩や部下の自己啓発や地域の介護予防などのボランティア活動ができるようにスキルアップをめざします。

▶︎ ご紹介のベッドはこちら

まとめ

体質で個人差があるにしろ、6時間睡眠を2週間続けたら、2晩徹夜したのと変わりません。

8時間睡眠を実践しましょう。
ハイパフォーマーになって、仕事の仕方を大胆に変えていきましょう。

集中力が上がると、ミスも減り生産性もあがります。
疲れないので眠くなりません。メラトニンの分泌も良く、決めた時刻に入眠できます。

目覚めが良いので、正のループが機能して睡眠負債を防止できます。

 

ベッド習慣

ベッド、マットレスのことならこちらがおすすめです。

このショップ「ベッド習慣」は、いわゆるベッド屋さんとひと味違います。
それもそのはず、スリープアスリートさんの運営するショップです。

スリープアスリートだから、整理収納、介護予防のプロでもあるわけです、
ベッドだけでなく、健康と暮らしを総合的にプロデュースしているわけです。

ベッド、マットレスを通販で買うときは、
梱包サイズや在庫・発送など気になることがいっぱいありますよね。

このショップは気になる情報が見やすくなるよう気配りされてます。
ベッドやマットレスの種類も豊富で探しやすい工夫があります。
ほとんどが送料無料なので価格も抑えることができます。

 

ベッド専門通販ショップ「ベッド習慣」の詳細はこちら

スリープアスリート認定試験講座睡眠は食欲・性欲・睡眠欲と言われるように人間の三大欲求のひと

コメント

タイトルとURLをコピーしました