ロフトベッドの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロフトベッドは背が高く、狭いお部屋にお住いのビジネスマンから、学生さん、子どもさんまで幅広く利用されています。使い方はアイデア次第。かっては少なかったロフトベッドですが、いまでは種類も増えて迷ってしまいます。

ベッドの下の部分にカーテンを使えば、自分のアイデアや工夫次第で自分好みの空間を創造できます。プライベートルームや趣味やくつろぎスペースに出来るだけでなく、様々な家具や収納も設置したりできます。

また初めての子ども部屋としても人気です。

ロフトベッド

ロフトベッド

背が高いロフトベッドを選ぶ場合、いくつかのポイントがあります。
まず、天井の高さチェックです。設置場所によっては照明器具と接触することもあります。
また天井までの距離が少ないと、圧迫感がありストレスを感じてしまう場合があります。
さらにハシゴ出っ張りチェックも注意です。ひっかかったり障害にならないか確認してください。

現物を見ながらロフトベッドのベッド以外の部分を何に使うのかをよく考えておくようにしましょう。ロフトベッドには構造が複雑なものもありますし、付属パーツの違いがあります。デスクに使用されるならコンセントがあると便利です。何にどうのように使いたいのか曖昧だと購入してから後悔することがあります。

揺れや強度に問題がないか、不安を感じる人も少なくないと思います。念入りにチェックしましょう。耐震性能を強調している商品を選ぶことは大事です。
展示場でスタッフに質問しながら、現物に触れて寝転んだり、揺らしてみたりして確認するのをおすすめします。

ロフトベッドのページ

ミドルタイプ

ミドルタイプのロフトベッド

住宅の天井の高さがある程度決まっているので。ロフトベッドの高さも決まってきます。

ミドルタイプは子どもさんを念頭にデザインされたこともあって、30cmほど低めです。しかしミドルタイプの場合、低い分だけベッド下も狭くなります。それがかえって使いやすい場合と使いにくい場合がでてきます。

先にお話したように、ベッド以外の部分を何に使うのかをよく考えておくことで選択がかわる一例です。

ロフトベッドのページ

ロフトベッドのメリット

ロフトベッド

上段にあるベッはがカビにくいという点です。

ベッドを使う人はマットレスや布団などのカビに頭を悩ませている方も多いことでしょう。

どのようなベッド、布団も悩みの種はカビとの戦いだといえます。
その点、ロフトベッドの上段にあるベッドは、ベッドの浸透する湿気を逃がすことができます。湿気がこもらない構造は大変便利です。

またベッドが高いと目線に入りにくいメリットもあります。布団が目につきにくので乱雑なイメージを避けることができます。

ロフトベッドのページ

ロフトベッドのデメリット

デメリットはなんといってもハシゴを上り下りすることです。特に夜間にトイレに行く時や、体調の悪い時などは面倒さを痛感します。地震の多い地方では不安を感じることも強いので、建物の構造と照らし合わせて購入を判断されるのが良いでしょう。
大した問題ではありませんが、シーツの交換なども普通のベッドに比べ手間がかかります。

ロフトベッドのページ

まとめ

ロフトベッドは完成した形でそのまま部屋に入れるのが難しい場合が多くあります。納品前に搬入の確認をしておきましょう。

ほとんどの場合。組み立てることになりますが、簡単なものもありますが、背の高いロフトベッドを自分で組み立てるのは大変な作業です。
特に女性の場合は困難なので、購入前に配送や設置の確認をしておきましょう。

ロフトベッドのページ

ベッド習慣

トップへ戻る