狭い部屋、ワンルーム、新婚さん、部屋から選ぶ5つのベッドの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルダブルクッション

お部屋から選ぶベッドの選び方になりますよね。
理想はあっても、部屋の制限があります。
ベッドにも5つの条件があります。

  • 部屋を使っている人
  • 部屋の制約
  • ベッドの条件

これがピタッとはまったとき、素敵な空間が完成します。

子ども部屋にベッドをはじめてのベッドを置くとき、どんなベッドがいいか迷いますよね。
一人暮らしを始める場合はどうでしょう?
ワクワクすると同時に悩んでしまいませんか?

新婚さんの場合はどうでしょう?
ときめきながらも目移りしてしまいますよね。
限られた空間で思い切り自由に楽しみたい、ゆっくり眠れるベッドに期待します。

迷っているとき、自分の好みだけで決めてしまうのは失敗の元。
お部屋に合ったベッドの中から、好みのものを探し出しましょう。
ここでは、お部屋から選ぶベッド、5つの条件を使った選び方の注意点をご紹介します。

お部屋に合ったベッド選び

セミダブル

お部屋から選ぶベッドを選ぶとき、設置する場所によってベッドフォルム・サイズが重要になります。

1. 幅
2. 長さ
3. 高さ
4. フレームまでの高さ(床からマットレスを置くフレーム上部までの高さ)
5. マットレスの高さ(マットレスの厚み)

等が5つの条件があります。

お部屋から選ぶベッドを置くとき、部屋によってベッドの選び方も異なってきます。
ご自分のお部屋にあったベッドをじっくりと探してみてはいかがでしょうか。

子ども部屋に合ったベッド選び

子どもが喜ぶ・棚・コンセント付きロータイプ二段ベッド myspa マイスペ

即時確認の原理

子ども部屋からベッドを選ぶとき、子ども部屋の概念も子育ての変化に伴い微妙に変化しています。

子ども部屋は寝る場所という意味だけでなく、子どもが落ち着ける場所である必要があります。

勉強をするには、精神安定が欠かせないからです。最近はリビングで勉強をさせるほうがよいという考え方もありますし、住宅事情により子供部屋は作れない家庭もあります。

子どもがひとりだといつまでも勉強に取り掛からなかったり、途中で飽きてしまうこともあります、そこで親がそばにいるリビング学習なら勉強にやる気を出しやすいという説です。

確かに親が近くにいれば、わからないことがあったら、すぐ親に聞けるし、終われば親にすぐ見てもらえます。勉強を共有できるので勉強が楽しくなります。即応性の効果です。行動主義心理学では「即時確認の原理」と言います。

ただし、環境づくりが大事になります。

子ども部屋のポイント

5歳~12歳は境界を認識する重要な時期です。
境界を認識するとは、自分と他者な別人格であること認識させるということです。

助けが必要な場合は助けを求めるようにさせる。

こどもが助けを求めないのに助けを出さないことが肝心です。

実は、こどもが助けを求めないのに助けを出してしまって子育てに失敗している親が多いのです。

たとえば、学校から帰ってきたこどもに「勉強しなさい」と言うのが、それですね。

寝る前に「歯を磨きなさい」と言うのもそれです。

親がこどもの行動に関わると、自分と親は他者とは思えなくなります。

自分のことは自分がしなくても親がしてくれると思います。

何もしなかったら親が言うだろうと考えるようになります。

これでは子ども特有の万能感が断ち切れません。

断ち切らないとまともな大人になれません。

この習慣が大人になっても続き、会社に行けば、用があれば上司が言うだろう。

家庭に帰れば、嫁がするだろうと考えます。

自分と他者の境界がない依存体質がすっかりしみこんだ人間になります。

この時期に徹底して教えるべきは、自分のことは自分でする。

助けが必要ならはっきり自分で助けを求める意思表示をさせることです。

このような環境づくりをした上でのリビング学習をおすすめします。

子ども用ベッドは、子どもにとっては特別な場所です。

子どもには「自分だけの」ベッドです。
「自分だけ」という意識が成長のバネになります。
ベッドは決してやすいものではありません。

子どもの持ち物として、気軽に買い換えることができないもののナンバーワンではないでしょうか。物を大切にする心を育むことにつなぐことができます。

2段ベッドのページ

限られたスペースを有効に使う

棚・コンセント付きシステムロフトベッド【inity】アイニティ

成長のある期間限定であれば、キャラクターものの布団や枕を購入しても良いでしょう。
好みも変わっていくので、

さらに、子供用ベッドは、二段ベッド、ロフトベッド、収納付きベッドなどが人気です。

子ども部屋のスペースは限られているので、有効活用できるという点で、二段ベッド、ロフトベッド、収納付きベッドは特に学校で必要な道具が増える小学生に人気です。

子ども用ベッドはベッドフォルムに関心が行きますが、ベッドフレームの素材にも目を向けてください。

長く使うものなので、機能性やデザインを考慮しながら木製、アイアン、レザーなどからお選びください。

2段ベッドのページ

ロフトベッドのページ

収納ベッド

ワンルームや家族同居の自室に合ったベッド選び

セミシングル

寝具に限らず、家具を購入するときは、必ず設置したときのイメージされると思います。
設置して終わりではなく、どう使いこなすか、服選びの着こなしと同じで限られた空間をいかに上手に使いこなすか、気になる点です。

特にワンルームなど狭い部屋の場合には、センスと工夫が必要になります。

ワンルームって出し入れしたら、驚くぐらい、すぐに部屋中、モノだらけになります。

なので、狭い部屋→収納ベッドというアイデアはもっとものようで、安易におすすめすり方もいますが、自分なら再考してしまいます。

整理収納の考え方

収納が増えるほどモノが増えるのは目に見えているからです。収納ベッドの良さはモノを押し込むのではなく、整理収納の本質に気づかせてくれることです。

だから収納ベッドを設置するなら、同時に捨てて捨てて捨てまくり、最小限度にします。整理収納とはきれいにしまうことと勘違いしがちですが、大間違いです。だからどこに行ったのかわからなくなり、ひっくり返すことになるし、新たに収納しょうとすると面倒になってしまい維持できなくなります。

整理収納はそれで終わりではありません。

整頓、清掃、清潔、習慣と続きます。整頓とは簡単に出し入れできることです。
清掃は埃をはらい、清潔は磨くこと、習慣は整理~清潔をルーティンワークにすること。
つまり面倒くさいことはできませんから、頑張らないとできないことを自分に強いては収納の概念が崩れます。

収納ベッドを設置するなら、可能な限り収納を減らします。
段階的に減らすのもいいでしょう。

がんばらないミニマリスト

その極みがミニマリストだと思いますが、そこまでいくとボディビルダーに通じるストイックさを感じます。
でもミニマリストの本分は面倒くさいことはしないだと思います。

収納ベッドの本分はスッキリ眠れて、面倒なことはしなくてすむようにすること。簡単に出し入れができて、なにがどこにあるか、すぐわかるようにすることです。すっきりするとセレトニンが増えて脳が活性化します。

収納ベッドには、引き出し型、跳ね上げ型など種類があります。ベッドフォルム・サイズも、そこを考えて選ぶことをおすすめします。

また女性の場合、160cm未満の方も多いと思いますが、女性にやさしいプリティなショートベッドを使うとお部屋が広く使えます。

引き出し型収納ベッド

跳ね上げ型収納ベッド

ショートベッド

夫婦の寝室に合ったベッド選び

連結フロアベッド

新婚さんの寝室に合ったベッド選び

頑丈デザインすのこベッド RinForza リンフォルツァ

新婚さんの部屋から選ぶベッドはどんなベッドでしょう。
夫婦で使うベッドというと反射的にダブルベッドが浮かびかます。
しかし最近ではダブルをひとりで使う方も増えています。

画像のベッドはマットレスよりベッドフレームがはみ出したすのこ仕様のベッド。おしゃれですよね。新婚さんにぴったり。でも先々を考えると狭くなる可能性もあります。

夫婦で使う場合、横幅のあるベッドを選ぶと寝返りがスムーズなので熟睡できます。

フロアベッド、ローベッドなど高さが低く連結できるベッドだと床に直接置けて、安価でおしゃれ、安定感もあるので人気です。

赤ちゃんと一緒の部屋に合ったベッド選び

狭いお部屋に最適なベッド

さらに、赤ちゃんが誕生するとママは気がかり。

赤ちゃんと一緒の部屋から選ぶベッドは、いちばん神経を使いますね。

そばで眠りたいと思うものです。その思いは赤ちゃんも同じ。
赤ちゃんは守られていると感じると落ち着くものです。

横幅が狭いと、赤ちゃんを圧迫する危険があります。アメリカではこの問題から論争になっています。
また赤ちゃんがベッドから転落する危険もあります。

赤ちゃんと一緒に寝るベッドには、十分なベッドの横幅サイズの確保が必要です。
そこで人気なのが、フロアベッド、ローベッドです。
低いので、万が一、赤ちゃんがベッドから転落しても怪我をするリスクを減らせます。フロアベッド、ローベッドは見た目とは裏腹に部分の材料が少なく安価なのも特徴です。

フロアベッド、ローベッド、さらに連結することで、ワイドになります。
愛し合うベッドからファミリーベッドへ・・・生活の進展に合わせてプロフィールを変えます。

フロアベッドの一覧はこちら

ローベッドの一覧はこちら

連結ベッドの一覧はこちら

まとめ

どんな部屋でも。余白は30%~をめざしましょう。

ぎっしりの部屋では、ベッドも人も可哀想。そんなこと言っても狭いから仕方がないと言うかも知れません。そうですよね、あなただけではなく、一般的な意見だと思います。

大切なのは、モノとの付き合い方です。本文でも書いたように収納が増えるとモノは増えます。家も器ですから同じことが言えます。

しまう場所がないとモノを受け入れるわけにはいきません。

モノが少ない部屋にベッドを置くと、もうそれだけで熟睡できそうだと思いませんか?

お部屋に適したベッドが美しく映えるように、お選びください。

ベッド習慣

インターネット通販専門店ならでは収納ベッド、フロアベッドなど低価格と高品質のベッドを300種類以上と豊富な品揃えで人気の『ベッド習慣』

流通コストを大幅にカットすることで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンスをお楽しみください。

低価格と豊富な品揃えで、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

『ベッド習慣』は、口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

スリープアスリート認定試験講座

スリープアスリートになるのに、投資はベッドと寝具、規則正しい生活だけです。
惜しむことなく、人生をエンドレスにワンダフルにしてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る