男の一人暮らし。シングル?セミダブル?後悔しないベストな選択

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルサイズかセミダブルサイズか
男性の一人暮らしでベッドを使う場合、シングルサイズにするかセミダブルサイズにするか迷いますよね。

最終的には「住環境」の問題になりますが、健康よりも住環境を優先して、「仕方ないんだよね」というのも悔しい気がします。

どんな環境でもベストを求め、チャレンジする姿勢を大事にしたいですよね。

シングルサイズ・セミダブルサイズ、
それぞれのメリットとデメリットを検証しながら、
「だからこうする」を明確にしていきたいですね。

睡眠負債になると免疫細胞が衰えます。
アミロイドβが体内に蓄積され、能力低下に始まって、日本人の死因第1位のがんをはじめ様々な病気を引き起こします。

睡眠が足りないと、なんと1.7倍近い確率で乳がんになります。
住環境のせいにして、大事な彼女への心配りを忘れないようにしたいですね。

諦め癖はつけたくないので、いい選択ができるように、シングルサイズ・セミダブルサイズ、のメリットとデメリットを見ていきましょう。

シングルサイズとダブルサイズの大きさの違い

シングルサイズにするかセミダブルサイズ、横幅の違いをみると、それぞれ下の画像のようになります。(マットレスのサイズです)

マットレスサイズ

通常は
シングルが一人用
ダブルが二人用
セミダブルがどちらもというところ。

横幅20cmの葛藤です。

何より気になるのが、ベッドが搬入できるかどうか?

ベッドを購入したのはいいけど、ベッドが部屋に入らない。そんな問題も発生します。

ベッドフレームは基本組み立て式なので、各部材はそれほど大きくないので問題はありません。

問題は「マットレス」です。

ワンルームでは大型の家具を購入するときは搬入経路をチェックしておいた方が無難です。

こればかりは1枚ものなので部屋に入らないこともあるので、大きさをチェックしておくことが重要です。

ほとんどの場合、搬入できるように作られていますが、部屋までの搬入経路は大丈夫でも、たまに部屋の入口のドアが通過できないなんてことになる場合があるからです。

もしも部屋までの搬入路や間口が狭いと思うときは、寸法を念入りに測るか、部屋に入れてから開封すると広がるロール状になった便利なマットレスもあるので、そちらの購入で対応できることもあります。

お部屋の広さや体格・寝相…など様々なことがあるので、単純にどちらがいいとは言えません。それぞれのサイズがかかえたメリットやデメリットを知っておくと快適な眠りを手にすることができます。

そこでここでは、男性の一人暮らしにおいて「シングル」「セミダブル」を比較してみようと思います。

転勤族におすすめの便利で心地よいベッド選び

TESSERA

シングルサイズベッドのメリット

シングルサイズのメリット

シングルの良さはベッドの基本だということ。
そのおかげで商品点数が多いので、「価格」その他のメリットに反映されています。

サイズ的にもシングルベッドをさらにコンパクトにしたセミシングルのショートベッドを除くと、もっともコンパクト。

セミダブルより20cm狭いので、お部屋を有効に使えます。
20cm狭いと、その分生活動線に使えるので、かなりゆったりした印象になります。

それではシングルベッドのメリットをピックアップしてみます。

  1. 生活動線が確保しやすい
  2. 搬入しやすい
  3. 価格を抑えることができる
  4. デザインが豊富
  5. 洗濯が楽
  6. レイアウトしやすい
  7. ベッドカバーやシーツなどパーツが多い
  8. ツインベッドにできる

生活動線が確保しやすい

お部屋作りの際にせっかくお気に入りの家具を購入しても、人が生活しにくいお部屋になったら台無しです。生活動線は家具・インテリアの配置やサイズ選びと密接に関係しています。

お部屋の家具やレイアウトを検討するとき、基本となる生活動線を覚えておくと便利です。

一人がゆったり通れる生活動線・幅は約600mmと言われています。
また、二人がすれ違う場合の生活動線・幅は約900~1200mmが必要と言われています。

寝室でふたりがすれ違うことは、滅多にないので、約60cmあれば快適でしょう。
シングルとセミシングルの差が20cmなので、1/3をベッド幅でクリアできるのは大きいですね。

搬入しやすい

シングルは標準サイズなので、どこでも搬入できる目安になっています。

ワンルームや1Kのお部屋でも搬入可能です。

マンションによっては、踊り場やエレベーターでベッドが入らないということもなくないですが、大半は大丈夫です。

但し、計算外になる可能性があるのが、ヘッドボードです。

なので搬入経路で気になる箇所があれば計測しておく必要があります。

お部屋によってはクレーンを使わないと入らない場合があり、実費になります。

購入前に調べておいて確認するようにしてください。

価格を抑えることができる

シングルサイズの最大のメリットは「価格の安さ」です。

流通量が多いので、セミダブルやダブルと比べても価格が安く仕上がります。
しかもマットレスの種類も数多いので、選ぶ基準も多様性があります。

価格を抑えられるメリットは、ベッドフレームだけでなく、リネン、マットレスにも通じています。

思わず嘘!と言ってしまうッ!コスパで驚く、フロアベッド  レネット

デザインが豊富

シングルサイズは流通量が多いので、自然とデザインも多種多様で、豊富になります。

チェストベッド、フロアベッド、パイプベッド、レザーベッド・・・・どのベッドをとってもほぼすべてにシングルベッドがあります。

お部屋のトーンに合わせて、色・デザイン・寝心地が選びやすいのは大きなメリットです。

人生を変えるエクササイズができる「デキる男」の黒い収納ベッド

洗濯が楽

ベッド(マットレス)が大きいほど、カバーやシーツなどリネン類も大きくなります。

日本の住環境では、大きいことは洗濯も一苦労です。

大きいカバーやシーツはコインランドリーのお世話になることも多いので、コスト高になります。

その点、シングルベッドならリネン類も小さく軽くなります。
洗濯も干すのも楽になります。

レイアウトしやすい

シングルベッドはベッドの中では、小さめサイズです。

その分、占拠スペースは少なくなり、レイアウトも自由度が増します。
セミダブルやダブルサイズと比べて軽いので、試行錯誤も簡単です。

ベッドカバーやシーツなどパーツが多い

商品数が多い分、ベッドカバーやシーツなど、寝具の種類も多く可愛いデザイン、色も豊富です。

おしゃれな寝室づくりが楽しめます。

ツインベッドにできる

シングルを二つ用意し、連結させることもできるし、離してホテルのようなツインベッドとして使用できます。

ホテルのようなツインの場合

ホテルのようなツインベッドとして使用する場合は、間に空間ができるので、キングサイズ(180~200cm)よりスペースが必要になります。

ホテルベッドを使うとホテルライクな寝室ができあがります。
このように、ツインとして使用する場合は、90〜100cmのシーツが二つになります。

シングル2台を連結した場合

シングル2台を連結した場合には、180~200cmのキングサイズになるので、相応のサイズのシーツが必要です。

隙間を防げる専用のパッドがあるシングルを2台購入すると、きれいに連結できます。
そうでない場合は、2台の高さが合うことを確認して、市販の連結パッドで隙間を埋めます。

シングルサイズベッドのデメリット

シングルサイズのメリット

メリットも大事ですが、気になるのはデメリット。
シングルサイズのデメリットは以下の2点ではないでしょうか?

  • 他のサイズと比べて狭い
  • 種類が多くて迷う

他のサイズと比べて狭い

横幅90〜100cmがシングルベッドです。
縦は標準的に195cm〜200cm。

大人ひとりが寝る基本サイズです。
狭くもなく広くもないという大きさで「可もなく不可もなく」というサイズです。

ところでこのサイズ、世界標準だと思い込んでいませんか?

日本ではベッドの中のベッドのイメージの強い横幅90〜100cmのシングルサイズですが、アメリカではこのサイズに近いのがTwinといって幅が99cmです。

シングルベッドはアメリカでは子ども用ベッドなのです。

なので、男女問わず、ひとり暮らしの人が、セミシングルに向かうのは自然なのです。

セミダブルは、日本にはないFull というサイズがアメリカにあります。
横幅135cm あります。

日本のダブルが140cmなので5cm狭いだけですので、5cmの贅沢ということになります。

ただ日本の住環境では、シングルより40cm広いダブルはかなり大きく感じます。

人生を変えるエクササイズができる「デキる男」の黒い収納ベッド

思わず嘘!と言ってしまうッ!コスパで驚く、フロアベッド  レネット

転勤族におすすめの便利で心地よいベッド選び

種類が多くて迷う

シングルは多いので、比例して種類も増えます。

種類が多いと、どれが自分にとって良いベッドなのか目写りします。
贅沢な悩みですが、様々な点で違うので、「基準」が定まらなくなる可能性があります。

まずは、寝心地を決定づけるコイルとマットレスを決めてから、求めるマットレスのあるデザインを選び、お部屋のトーンなどと合わす方法をとるのが良いと思います。

マットレスは大事ですが、あまりにトーンと合わない場合は奇異な印象になるので、寝心地の前に居心地が悪くなってしまいます。

こんな場合は、もう一度、最初からやり直し。ベッドフレームを考えなおしてみましょう。

マットレスの妥協は避けるのが賢明です。

セミダブルベッドのメリット

セミダブルのメリット

次はセミダブルベッドのメリットを考えてみます。

セミダブルサイズのメリットは次の2点ではないかと思います。

  1. 広々寝れる
  2. 彼女と寝れる

広々と寝れるので、安心して睡眠のリズムを体験できる

セミダブルの良い点は何と言っても「広さ」。
一日の疲れを癒すには、ある程度広いリラックス空間が必要ですよね。

ノンレム睡眠がとりやすいことです。
ノンレム睡眠に入ると寝返りが少なくなるので、広さは影響しませんが、皮肉な現象です、

しかし人は深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠を一定の繰り返しながら眠っています。

レム睡眠の間に自律神経、ホルモンのリズムの調整、記憶や感情を整理します。ノンレム睡眠になると熟睡し疲労を回復します。

彼女がいる場合は二人がノンレム睡眠を獲得するためにも、断然、セミダブルが必要になります。特にあなたの体格が良いとベッドの占有率も高くなります。

彼女と寝て、睡眠リズムを体験できる

特に彼女がいると、いつものより睡眠時間も少なくなりがち。二人の関係が熱いほど、気にならないものですが、ちょっと睡眠不足が積もって自分では気づきにくい睡眠負債になることも。

睡眠負債になるになると、免疫細胞が衰え、アミロイドβが蓄積され、能力低下に始まって、日本人の死因第1位のがんをはじめ様々な病気を引き起こします。睡眠が足りないと、なんと1.7倍近い確率で乳がんになるのです。大事な彼女への心配りを忘れないようにしたいものです。

たった20cmと思うかもしれませんが、寝てみると20cmの差を寸法以上に大きく感じるはず。彼女が来てもシングルよりセミダブルの方が安心感も広がるはず。

しかも広くなる分だけ寝る位置にもバラつきがでるので、それだけマットレスのヘタリ具合もピンポイントにならずにすむます。

女性は、「スペースに余裕のないワンルームに、なぜセミダブルのベッドを置くのかしら…。」と考えるかも知れません。

しかも「睡眠の質がいいから時間は短くてもいいのでは?」と考えるかもしれませんが、正解ではありません。

7時間以上の睡眠を心がけてください。

ゆったり彼女を眠れるようにするには、迷わずセミダブルベッドです。

セミダブルベッドのデメリット

セミダブルサイズベッドのデメリット

セミダブルのデメリットは、やはり広さから生じることですね。

  1. 価格が高い
  2. 場所をとる

どちらもメリットの裏返しになるのは、仕方がないといえば仕方がありません。

価格が高い

シングルサイズより広い分、部材を多く必要としますが、シングルほど販売台数が多くないので、コストが割高になります。

ベッドフレームだけでなく、マットレス、リネン類、すべてに共通しています。

それでもダブルよりは安いので、ダブルまで必要でない方にはお得な選択になります。

男性の一人暮らし☆6つの基準と厳選10台★鉄板のベッド選び

場所をとる

広い分、場所をとります。
横幅20cmの占領スペースが増加します。
1Kやワンルームでは全体の比率からすると圧迫度が増します。

お部屋全体の整理収納を見直して空間を上手にとれると、違和感なく設置できます。

快適な朝を迎えましょう

お気に入りのベッドで快適な朝を迎えましょう

朝の日光
規則的な朝食も心がけてくださいね。

朝の日光は15秒ほどでも良いので、しっかり浴びるようにしてくださいね。

朝日を浴びましょう

人生を変えるエクササイズができる「デキる男」の黒い収納ベッド

思わず嘘!と言ってしまうッ!コスパで驚く、フロアベッド  レネット

まとめ

チェック

シングルベッドとセミダブルの違いは横幅です。

20cmの横幅の違いは、住環境を計算して判断することになります。

しかし、その前に整理収納から始めることをおすすめします。
後で考えたら、これなら「セミダブル」が入ったのにと後悔することもあるからです。

  1. 整理収納を徹底的にやってみる
  2. その上でサイズを決定
  3. サイズが決まればマットレスを選ぶ
  • 厚み
  • コイル(耐久性より身体に適切なコイルを優先する)
  • 色は、シーツを敷くので見えなくなります

   4.ベッドフレームを決める

以上の順で進めるのが。間違わないベッド選びになります。

男性の一人暮らし☆6つの基準と厳選10台★鉄板のベッド選び

ベッド習慣

インターネット通販専門店ならではの低価格と高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃えで人気の『ベッド習慣』

流通コストを大幅にカットすることで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンスをお楽しみください。

低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

『ベッド習慣』は、口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

スリープアスリート認定試験講座

保存保存

保存保存

トップへ戻る