ゴエス

ゴエス

100年幸せな整え日記:内面を整える習慣

私たちは「禁欲生活」を嫌います。日夜、そのように飼育されています。 「禁欲生活」を請求されたら空虚さと向き合うことになります、多くの人々が空虚を埋めるために、飲食にはじまり、より刺激的な消費活動、愛情生活を追い求めます。実際にはそれらが要求...
ゴエス

100年幸せな整え日記:体露金風

あなたの家族を博物館の管理者にしないようにあなたの死後を想像しながら、明るい秋の黄金色の光と心地よい清らかな風だけを思い出せるように残しておきましょう。では、”Let it be ”あるいは”Let it be Me”の流れる川に行きましょう、 Meがあることで、2つは意味が違いますがit(正しい行い)の結果は同じです。
ゴエス

わかる!「阿頼耶識縁起」を知って暮らしに役立てる

お釈迦様はことの善悪の判断は、その行動が相手、第三者にどのような影響を及ぼすかで評価するとされました。つまり良識の基準です。良識を無視した自由はないというのが自由の定義です。阿頼耶識には善悪の区別なくあらゆる可能性が潜んでいます。可能性とは「気づき」のことで、気づきを体現することが、太古の昔からいまもあなたの心臓を動かしている「もともとのいのち」の願いです。
ゴエス

「阿頼耶識(あらやしき)・末那識(まなしき)」を密教の聖なる呪文で書き換える方法

もともとのいのちは生きることを望んでいます。しかし理想的ないのちになることは稀です。傷つき認知も歪み、屈折することは珍しいことではありません。そのまま放置すれば自我執着心「末那識」に絡め取られます。しかし阿頼耶識の記憶から自分を高める記憶を呼び出し自己マスタリーを高める習慣を実践すれば執着心は弱まり、もともとのいのちを愉しむことができます。
ゴエス

ゴエスで整える「暮らしと縁起の達人」になる新習慣

多忙さは、お金をムダに費やす元凶になる場合も。会社勤めをしている人に「Do~Have~Be」の生き方が得意な人がいます。「行動〜評価を手に入れる〜達成感(自己効力感)」を得る習慣が自分のものになった人です。彼らの口グセは「時間がない」。自己効力感と自己肯定感どちらも大事ですが、達成しなくても自分を大切にする習慣を大事にしたいですね。
ゴエス

5つのエスで自分資産化計画を実行する

執着は「自己否定」から生まれます。否定感が強いほど、執着は強くなります。執着が強いほど失なうものは大きくなります。執着が強いほど「負債」の塊になるので、自分を「資産」に変えるために有形・無形の資産づくりに励みます。ゴエスで「資産形成」をルーティンワークにして習慣化しましょう。
ゴエス

5つのエスで「いま、ここ」を豊かに生きる生活術

ライフシフトするには自身をゴエス(整理・整頓・清掃・清潔・習慣)で準備が効率的。準備で不要がどんどんなくなっていくので、必然でミニマリストになります。最高のパフォーマンスが発揮できるように準備した人がミニマリストです。ミニマリストとはただ物が少ない人ではなく、すぐ実践できるように身軽にした人です。