部屋と心と体を整えるお役立ち情報

暮らしを整える習慣

カテゴリー

私たちの方針

マートワン

 

整えたいのです。

物も
暮らし方も
人間関係も

 

自分を見つける
自分を知る

整理整頓して、自分の人生のある場所で良い習慣で生活をはじめましょう。

整理整頓は、自分を見つける、自分を知る、約束に集中するために、します。

自分との約束、大切な人との約束、社会との約束・・・

人は約束を果たすために集中できます。

しないではいられないことは習慣になります。

しないではいられないことだけをやり続けると良い習慣になります。

酒もタバコもやらず、9時に寝て、5時に起きるのは、
したくて、したくて、やらずにいられない天国があるからです。

したくもないことは習慣にできません。
したくもない、できないことを習慣にする必要はありません。

あなたがあなたであればいいのです。
それで生活ができるのか。って?
あなたがあなたであるから生活ができるのです。
心と身体と暮らしを整えましょう。

大半の人は、それぞれに一生「よい」自分であり続けようとします。
「よい」とは「他の人から拒絶されず、今日も、明日も、明後日も、受け入れられる」と確信できる程度によいという意味です。

しかし、ほとんどは挫折します。
人間関係に安心して暮らす保証はないからです。
愛する人がいつ心変わりするか、先のことは誰にもわかりません。
いつ病気になるのか、わかりません。

転がる石のように、生きるとは変化すること。
討ち死にする覚悟で変化を受け入れ、斬新に変化するしかないのです。

お釈迦様はこの世に生きることを「四苦八苦」とおっしゃいました。
そして、「いまこの瞬間を生きろ」と。。。
過去と未来は頭の中にあるだけで、生きることができるは「この瞬間だけだ」とも。

私たちは、いまを生きています。
いまは常に変化の途上です。

いまを生き、その変化をゆるやかにドライブするのが、私たちがおだやかに生きる術です。

ウォールデン 森の生活

国民がこぞって、肩書き、地位、物など外面的なことに執着し経済発展をしてきた・・・それが日本のイメージでした。
それがパワハラ、セクハラ、偽装、フェイクニュース、パーソナリテイ障害、いろんな分野でマグマのように噴出している。
何もかもがおかしい、もう、うんざりですね。全然関係のないことに見えて実は根っこはひとつだと思います。

プライドだけが異常に高く、不平不満を語り、打ち込むことも持たず、「愛」さえも見栄にしてしまう。

なんのためか、気にすることもなく、ほしい、ほしい・・・その被害者が「パーソナリテイ障害」という現象で声なき絶叫しています。

150年以上も前にソローは「ウォールデン 森の生活」で語っています。

「どの隣人からも1マイル離れた森のなかにひとりで暮らし」た理由を、「私が森へ行ったのは、思慮深く生き、人生の本質的な事実のみに直面し、人生が教えてくれるものを自分が学び取れるかどうか確かめてみたかったからであり、死ぬときになって、自分が生きてはいなかったことを発見するようなはめにおちいりたくなかったからである。人生とはいえないような人生は生きたくなかった」

人生とはいえないような人生はまっぴらです。

暮らしを整えて、約束を果たすために、これぞ!人生という暮らしをしていきましょう!

 

私たちは、整えるのにふさわしいモノを望み、提供する努力をします。

 

 

 

人気記事

更新日:

Copyright© 暮らしを整える習慣 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.