cha07661

人生100年時代のマインドフルネス実践講座

空海、真言密教の集大成『秘密曼荼羅十住心論』

『秘密曼荼羅十住心論』は真言密教の教学の集大成とされているものです。『秘密曼荼羅十住心論』は仏教・唯識・儒教・道教など東洋の思想を網羅。仏教の諸宗派を統合した空海独自の綜合思想。人類、自然、宇宙をつなぎ生命を大肯定したものです。すべては日本で大学に入学、感じたことが原点です。自分の人生は自分のもの。
マインドフルネス

マトリックス(仮想現実空間)から脱出する10の方法

私たちは現実世界を生きているようで実は他者が作った物語、仮想現実世界、他者のスタンダードに生きています。自分の現実、スタンダードに生きるには、自分の本物のソウルが必須です。心の底に自分のソウルがあるからどんな音楽でもトッピングできるように、空海は慈愛の上にいくつもの才能の花をトッピングできたのです。
マインドフルネス

ループする煩悩製造システムを気にしない暮らし

煩悩はやれないことに自分を誘う仕組みです。自分がいまできることに挑戦する習慣を大事にしましょう。100年ライフは長いようでも、やれることをするには、100年ライフは長くはありません。即坐核や扁桃体から生じる煩悩の欲求を無視してでも、目の前の仕事に真剣に取り組むほど、没頭するほど、煩悩は消えます。
マインドフルネス

「ひたすら繰り返す」ルーティンワーク15のメリットを日常にする

ルーティンワークは、100年人生を主体的に生きるための最強のツールです。ルーティンワークには11のメリットがあります。デメリットは1つです。ルーティンワークを手放すメリットは4つありますルーティンワークを習慣化するには10歳までに(いくつからでもスタートできますが、早いほど有利で適格なスキルが身につきます。
マインドフルネス

哲学する愉しさ、哲学すると身体のど真ん中が解放される

マインドフルネスであることと哲学は深く結びついていますが、アプローチの方法が誓います、哲学と違い、マインドフルネスでは言葉を使わず考えます。つまり瞑想に任すのです。なぜなら「もともとのいのち」は、すでに知っているからです。考えるな、感じろが、正しい哲学の愉しみ方
マインドフルネス

マインドフルネスで「無」と「空」を整える

マインドフルネスは「いま。ここ。あるがまま」と言われたりもしますが難解ですね。要は対象になりきることです。つまり没頭、全集中です。どこでもいつでもなりきれるための「無」であり「空」です。料理中に「あなたは誰ですか」と問われたら「私は料理です」と返事する状態がマインドフルネスです。「無」「空」です
マインドフルネス

考えるな、感じろ。100年ライフは無意識にまかせる。

思考は言葉で行われます。思考は感じたことを制約する作業です。明確にできるので、自分にも他者にもわかりやすく伝えやすくなります。 欠点は、極端化してしまいがちです。白か黒。右と左。二分法的思考になる危なさがあります。しかし、気づきは違います。部分に特化せず、全体像をイメージでとらえあるがままを捉えます。
マインドフルネス

マインドフルネスで生きづらさの原因「潜在意識」を認識する

マインドワンダリングが強化され続ける人生で、ライププランやライフシフトを成し遂げることは不可能になります。本来取り組むことは知っているのに、できない(=しないだけですが)ので怒りを他者に向けて、ますますマインドワンダリングが強化され続けます。これをストップさせるのがマインドフルネスです。
マインドフルネス

「もともとのいのち」はどこに潜んでいるのか?

もともとのいのちは潜在意識の底の底。本性ともいいます。もともとのいのちを使うことはもともとのいのちを活かすこと。考えるより行動を優先して気づくこと。大事な場面で、自分には早く楽になりたいので、本心を無視して白か黒かを急ぐ癖があるのを認識して自分で幸せを妨害する癖を取り除くマインドフルネス習慣を身につけます。
マインドフルネス

特別な一日は当たり前の一日、「なりきる」毎日が物語になる。

特別な一日は、考えない一日。起床した瞬間から行動する一日です。いま、ここ、この瞬間になりきる。目の前に人がいたら目の前の人になりきる。
タイトルとURLをコピーしました