人生脚本

ゴエス

100年幸せな整え日記:内面を整える習慣

私たちは「禁欲生活」を嫌います。日夜、そのように飼育されています。 「禁欲生活」を請求されたら空虚さと向き合うことになります、多くの人々が空虚を埋めるために、飲食にはじまり、より刺激的な消費活動、愛情生活を追い求めます。実際にはそれらが要求...
ウェルビーイング

ウェルビーイングの名人に学ぶ

「大日如来」とは、宇宙をつつみこむ「真理」のこと。ブッダは現世に現れた「真理」そのもの、弘法大師が高野山に生存されている、遍路では同行されているというのも納得。寺院にて参拝後に証として墨書き・御宝印をいただく納経帳や掛け軸の意味もわかります。それら一つ、一つにマインドフルネスやウェルビーイングの真髄があり、わび・さびに代表される日本文化に関わっています。
マインドフルネス

縁起でマトリックスな世界をマインドフルネスで是正、本性強化

子どもと違い、大人は縁起で自分が作り出した物語で生きています。発端は1.5歳までに決意した対人関係の構え。根本執着心となり、これを繰り返し使えば正しい認知が不可能になります。このままでは自由で豊かな100年ライフを生きることは困難になります。マインドフルネスが縁起の人生脚本を是正、本性を強化します;