自動思考依存症

マインドフルネス

考えるな、感じろ。100年ライフは無意識にまかせる。

思考は言葉で行われます。思考は感じたことを制約する作業です。明確にできるので、自分にも他者にもわかりやすく伝えやすくなります。 欠点は、極端化してしまいがちです。白か黒。右と左。二分法的思考になる危なさがあります。しかし、気づきは違います。部分に特化せず、全体像をイメージでとらえあるがままを捉えます。
マインドフルネス

マインドフルネス瞑想の目的

マインドフルネス瞑想は、ストレスを和らげ、血圧の低下や夜間の睡眠の改善など、ストレスの軽減に伴う健康上のメリットをもたらします。 マインドフルネス瞑想が身体に良いのはなぜでしょう?心が安らぐからです。マインドフルネス瞑想の目的は、安らぎにあるがままの自分と宇宙をつなぎ直すことにあります。
マインドフルネス

自動思考依存症をマインドフルネスで解決するメソッド

執着すればするほど、思いは叶わないという状態になります。自動思考も認知の歪みも、「ちゃんとしないといけない」「強くならなければ」に執着した結果です。原因は強すぎる「愛されたい」欲求です。マインドフルネスでは「なにかをしないと愛されない」思い込みを捨てることで愛される体験を実感してもらえます。
タイトルとURLをコピーしました