マインドフルネス瞑想の目的

マインドフルネス瞑想 マインドフルネス

瞑想の目的はなんでしょう。

依存症にはいろんな種類がありますが、共通しているのは、好きでもないことに熱中している点です。

アルコール依存症は依存症の代表ですが、アルコールが好きな人は楽しむので依存症になりません。他の依存症にも言えることです。

自分では止めたくて仕方がないけれど、コントロールが効かない状態です。
つまり身体から離れて、生かされているだけで、自分を生きていないのです。

マインドフルネス瞑想の目的は、とてもシンプルです。
自分を取り返すために、瞑想は、身体を通して自分と宇宙をつなぎます。

脳が自動思考して暴走が止まらない癖

マインドフルネス
たとえば盗撮や下着ドロもそうですね。
全く関心のない人にしたら、なにが面白いのか、理解できません。
しかも犯罪者になるリスクを顧みずそのメリットとデメリットを考えたらワリに合いませんよね。

痴漢行為が止まらない、ある男性の場合。
どうにも制止できない自分を恥じ、ご仏壇に向かって涙して詫びるそうです。

ここまで極端な事例を持ち出すまでもなく自分でコントロールできないことを延々と悩んでいる事例もそうです。

一見、仕事で悩んでいるかのように見えますが、本性は全く関係ありません。

外出自粛が共通認識になっている最中、パチンコに県外にまで出かける心理にも通じます。

人は幸せを求めているようですが、実体は不幸せを求めているようです。

 

マインドフルネスでは、瞑想を通して、本性を観察します。

したくもないのに夢中になってしまう自動思考の癖

マインドフルネス瞑想

したくもないことを制止できず、脳が自動思考で暴走している。
本人自身、説明不可能、ふしぎの国にアリスも驚きの生活習慣病です。

その時間と費用、生産性のあることに使えばどうですか?と投げかけても、幼い頃からの癖をコントロールできず暴走してしまうのです。

生産性のあることに関心がないのは禁止令が効いているからです。

瞑想は「禁止令」の束縛に気づき機会になる

禁止令に気づく

禁止令の主な事例をご紹介します。

  1. 「存在するな」
  2. 「女(男)であるな(性的同一性の否定)」
  3. 「楽しむな」
  4. 「成長するな」「親から自立してはいけない」
  5. 「何もするな」「成功するな」
  6. 「重要な人になってはいけない」
  7. 「感じるな」「感情を表に出してはいけない」
  8. 「所属してはいけない」「仲間入りをしてはいけない」「孤独でいろ」
  9. 「愛し合ってはいけない」
  10. 「健康であってはいけない」
  11. 「考えるな」
  12. 「知ってはいけない」
  13. 「子どもであるな」
  14. 「近寄るな」「じっとしてろ」

以上、禁止令の事例をピックアップしました。
瞑想は自分を観察することで、自分の全体像を把握し、調和していない不合理を発見する機会になります。
禁止令に束縛されて生きると、生産性とは無縁になりがちです。

禁止令「存在するな」から解放される方法
Photo by Joshua Earle on Unsplash英語の表現にDon’t be あるいはDon’t exlist live があります。究極の禁止令「存在するな」です。死にたいと思ったり、どこかへ消えてしまいたいと感じたり、

分けないことの大切さに気づく

無分別置

あるがままの自分に良い自分も悪い自分もありません。

禁止令はボディランゲージも含む言葉によって生じています。
私たちは「言葉」という便利なツールによって傷つき、傷つけています。

傷ついた心は、言葉から解放されることなく生涯に続く旅を続けます。
言葉によって習慣化した認知を歪みを言葉を使い、自動思考で呪文のように唱え続けます。
ますます認知の歪みを強化し、自分と他者に唱え続けます。

瞑想は、自分に気づくことで、不幸な習慣に歯止めをかける効果があります。

その場の状態よりも、性向が重要

麻耶識

運不運は誰にもありますが、それは一時の現象です。
一方、性向は、水が山から海に向かって、流れる川のように常に変化しながら、ある傾向を示します。

幼い頃の怪獣が下着に変わっただけで、収集癖は変わらない性向であるはずです。
幼少期の怪獣集めの時から、叱られながら収集を続けてしまう癖が身についてしまったのでしょう。

依存症の極端な事例を挙げましたが、このように脳はいつも慌ただしく活動していています。

こころここにあらずの状態を脱して、脳の活動を自分の人生を豊かにすることに使えば気分も晴れやかに日々楽しく暮らせると思いませんか。

したくもないのに夢中になってしまう=違う結果を期待して同じことを繰り返す

どことなく、似ていると思いませんか?

自分を生きていない人に、自分の人生はどこにあるのでしょう。

生きているのではなく、ただ生かされているだけです。

思考に使われてはいけません。

根源的ないのちは、思考の主であるべきなのです。

パンデミックの最中でも刺激を求める自動思考の癖

マインドフルネス瞑想のやり方

豊かさを希求するとき、私たちは新しいもの、新しい人との出会い、新しい生き方に一種の興奮を覚え、必死になって追い求めます。

しばらくの間は新しいことが刺激になりますが、これも依存症のひとつです。


私たちは新型ウイルスによるパンデミックの最中にいるときも、パンデミック後の世界にさえ求めていることに気づかれると思います。

心のやすらぎは、自分の内側にあるのに、どんな場合も外側に求めてしまう癖は止まらないようです。

マインドフルネス瞑想の目的

マインドフルネス瞑想

瞑想は、脳がする自動思考の癖から離れて、暴走を静止させて、ひたすらぼんやりと、心を休ませます。
あるがままの自分を見つめる作業を通して本来の自分につながることです。

瞑想の約束事はとってもシンプル。
こうしなければ、ああしなければといった先入観、固定概念から離れて、囚われの状態から解放することがまず大切です。

ひたすらぼんやりと、心を休ませ、本来の自分(=根源的いのち)につながるとともに、穏やかな空間で、言葉から離れて、自分の価値観や固定概念がどこから来ているのかをつかみます。

注目です!

37兆のネットワーク

標準的なマインドフルネス瞑想、7つの手順
標準的なマインドフルネス瞑想の7つの手順の重要ポイントを要約すると、①背筋を伸ばす ②身体をゆったりくつろがせる。以上の2点になります。ここではより具体的に簡単で効果的な瞑想の手順と目的をご紹介します。

ハッピーブッダの重要用語

ハッピーブッダ

まとめ

マインドフルネス瞑想は、ストレスを和らげ、血圧の低下や夜間の睡眠の改善など、ストレスの軽減に伴う健康上のメリットをもたらします。

身体に良いのはなぜでしょう?

心が休まるからです。

ところが私たちは心を休ませるために「刺激」を求める傾向があります。

それもどんどんエスカレートさせる癖があり、次々と新しい刺激を求めます。

間違った癖から脱皮ししてみませんか?
心身に良い安らぎを通じてあるがままの自分に触れてみるのは楽しいことですよ。

 

ブッダに学ぶシステム思考「随処主となれば」
随処主となれば・・・自分が自分の思考、感情、感覚に使われず、自分が思考、感情、感覚を支配し、使いこなし、主体的、積極的に行動する・・・・一時的な主人公ではなく、永続的な主人公になることをめざします。
ブッダに学ぶシステム思考「十二縁起」
『無明(むみょう)』を、なくさない限り、親や先祖の『無明』が、子や孫へと受けつがれ、十二縁起によって、いつまでも、束縛やとらわれから、離れることも逃れられず、負の循環を継続して死に至ります。私たちはファイナンシャルプランニングを目標に、子や孫へ受けつがれるエンドレスにワンダフルな仕組みをご提案フォローします。
ブッダに学ぶシステム思考「三十七菩堤分法」
三十七菩提分法(三十七道品ともいいます)は、原始仏教(小乗仏教)で説かれた修行体系です。「三十七菩堤分法」の目的は「自灯明、法灯明」を具現化するための七科総計37種類からなる研修トレーニングです。
ブッダに学ぶシステム思考「八正道」
100年時代のエクスプローラー期(=自分発見期間)に自分がやりたいことを見つけると、時間が有効に使えて自分の人間力、スキル獲得に集中・継続できます。 「八正道」は「三十七菩堤分法」のひとつです。 「三十七菩堤分法」とは、お釈迦さまが...
ブッダに学ぶシステム思考「重閣講堂」
釈尊(お釈迦様)が35歳のときに仏(仏陀)という大宇宙最高の悟りを開かれてから、80歳でおなくなりになるまでの45年間に蓄えられた知恵(教え)です。弟子とは、師が進んできた道を追体験することで、得る立場にある人を指します。現代を生きる私たちも「釈尊の弟子」として最高の境地に到達できるのです。
ブッダに学ぶシステム思考「四念処(四念住)」
ブッダはシステム思考に徹しています。理由は「因=園=果」がシステムそのものなので、対抗するにはシステムが効果的なのです。仏教とは、想像以上にポジティブな教えではないかと思います。
ブッダに学ぶシステム思考「自灯明、法灯明」
「自灯明、法灯明」はお釈迦様の遺言とも言うべき重要な言葉です。 この言葉の意味を理解すれば「仏教」が宗教ではなく、哲学さらに心理学であると思うでしょう。 自灯明、法灯明 ただ誰かから聞いたからといって、それを信じるな。 ...
ブッダに学ぶシステム思考「天上天下唯我独尊」
「諸行無常」という真理があります。この世界で変わらないことはありません。システム思考は一過性の状態に反応するのではなく、本質を見極めて性向をアプローチします。人の身体は37兆のネットワークで構成されていますが、すべてのことも同じく因果の積み重ねです。真の対策をするには本質を読み取ることが欠かせません。
「三十七菩堤分法」でマインドフルネスを実践
「三十七菩堤分法」とは、①四念処(四念住)②四正断③四神足④五根⑤五力⑥七覚支⑦八正道以上、七科総計37種類の修行方法です。三十七菩堤分法」の中にマインドフルネス瞑想はここから生じています。キスの味がいままで以上に感じられるようになるのがマインドフルネスです。人生がこんなにも楽しかったのかと体感できるのがマインドフルネスです。ようこそマインドフルネスの世界へ
ブッダに学ぶシステム思考「諸行無常」
日本の仏教は葬式仏教なので、どうしても陰りがあります。なので「諸行無常」もネガティブな印象が強くなりがちです。「諸行無常」は事実なので、自分自身の理解で様変わりする性質のもです。いままで及第点が取れなかった。でも再度挑戦すれば今度はやれると挑戦する根拠を「諸行無常」に求めるのも真理なのです。
ブッダに学ぶシステム思考「一切皆苦」
「一切皆苦」の根拠は、心身両面で十二縁起で言い表しています。問題が起こる仕組みが働いているので「一切皆苦」は避けられない。だからどうする?と問いかけています。答えを出すのは私たちなのです。システム思考も同じです。問題を解決するのが仕事ではなく、未然に防ぐのがシステム思考です。
ブッダに学ぶシステム思考「諸行無常」
日本の仏教は葬式仏教なので、どうしても陰りがあります。なので「諸行無常」もネガティブな印象が強くなりがちです。「諸行無常」は事実なので、自分自身の理解で様変わりする性質のもです。いままで及第点が取れなかった。でも再度挑戦すれば今度はやれると挑戦する根拠を「諸行無常」に求めるのも真理なのです。
ブッダに学ぶシステム思考「諸法無我」
「一切皆苦」「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」 「一切皆苦(いっさいかいく)」・・・・人生は思い通りにならない 「諸行無常(しょぎょうむじょう)」・・・・すべてはうつり変わるもの 「諸法無我(しょほうむが)」・・・・すべては繋が...
ブッダに学ぶシステム思考「涅槃寂静」
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、ゴール(=可能性)を表した言葉です。誰もが正しい原因を作れば無限の可能性を得られる。裏返せば正しい原因(真理)を無視すれば可能性を閉じることになる。共有ビジョンが顕著な事例です。

LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談

人生100年時代のマインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました