PDCA

ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】PDCA鬼回転!朝のエクササイズ

朝のエクササイズの目的は、フローですがフロー、フローと意識しないほうがPDCAに入れます。意識すると執着になり、自律神経を緊張させて逆効果になります。いい仕事をしようとか、今日はここまでやりきろうとか、緊張を強化するようなことは一切せずに、落ち着く。リラックスしてマインドフルネスな状態にしやすいオフィスをご紹介します。
マインドフルネス

マインドフルネスで原因(自分の歴史)を書き直す

人は人生早期(1.5〜5歳)に、人間関係の仕方を決断をして、人生シナリオを作成しています。人間関係はコミュニケーションの仕方と連動していて、人生の終盤に完成されるように見えます。実際には1.5歳のときに、人生のクライマックスはあるのです。すでにある原因を変えて結果を変えるのが「マインドフルネス」です。まるでSF映画のようですが、マインドフルネスにできることを説明します。
ひとり会社

PDCA をシステム思考で回すマインドフルネスなリーダーシップ

『PDCA をシステム思考で回すマインドフルネスなリーダーシップ』とは、因果関係を深い洞察ができることが条件です。因果関係を深い洞察ができるようになると、「自我」が、自然に消えてしまい「無我」の状態になります。「無我」になれない場合は、因果関係が捉えきれていないことに気づきます。ここがシステム思考のポイントです。決して人のせいにしないことが大切だと判断できるからです。
マインドフルネス

マインドフルネス研修は、システム思考で幸せになる研修

マインドフルネス研修では「システム思考」を使うトレーニングをします。自分の心身がシステムであることを知り、会社も地球もシステムであることを知ります。そして自分はシステムのひとつなのだと理解します。マインドフルネス研修はシステム思考ができるエンドレスにワンダフルな幸せ研修です。
人生100年時代のマインドフルネス実践講座

マインドフルネスにPDCA全速鬼回転

DCAそのものになりきった状態でPDCAを鬼回転すると、どうなると思いますか? ほとんどの人は、ここで選択を間違えます。 結果をだすことばかりに関心が高くなり、PDCAから遠のいてしまいます。執着心ばかり強くなり、全体像が見えなくなってしまいます。「システム思考」というほどではないにしても、因果関係は張り巡らされています。すべての関係を整えるのがPDCAwo円滑に回すコツになります。淡々とPDCAを回せるように慣れてくださう。
タイトルとURLをコピーしました