人生100年時代のマインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座 マインドフルネス

当協会では、「人生はエンドレスにワンダフル」をメインテーマに掲げています。

いいモデルをメンターにすることでワンダフルな暮らし方が継承できます。

人生はシステマティックなものであるという特性があります。
親から子へ、子から子へ、好循環が継承されると「エンドレスにワンダフル」は実現できます。

マインドフルネスは重要な基盤です。
マインドフルネスを身につければすべてが好転するわけではありませんが、基盤がしっかりすると多くのことが解決あるいは円滑に進みます。

なので、他の重要な要素もご希望の方には「無料」でレクチャーする制度を採用しています。

マインドフルネス実践講座ご案内

幸せの仕組み

人生100年時代のマインドフルネス実践講座は
STEP.1の基礎学習でしっかりと知識を身につけてから
STEP.2の実践編へと進みます。
さらにマインドフルネスの理解を深めてから
STEP.3の応用編へ進み日常生活で実践できるようになっていただきます。

マインドフルネス(=主体的に積極的にあるがままの自分を注意深く内観して、空になり、いまこの瞬間になりきった状態)になることです。
  • 主体的に積極的になりきる=アサーティブと同じ。アサーティブであることで、苦しみには原因があることを知ることができます。
  • あるがままの自分=嘘偽りのない自分であることが癒しのはじまりです
  • 無我=無我とは自分のない状態ではありません。無我とは空のことです。実践講座では「自分」の取り扱いを詳しくご説明します。
    概念が整理できて、一気に分かりやすくなります。
    瞑想の概念もすっかり変わり、24時間いつでもどこでもお手軽に瞑想できる状態になります。アンガーマネジメントも簡単にできるようになります。
     
  • 注意深く=注意深く自分を観察しないと自分を誤解します。=苦しみに気づくことができなくなります。
  • 状態=観察(内観)し苦しみの原因を取り除けることに気づいて苦痛を取り除けます。

 

人生100年時代の無形資産を基礎にしていただきます。
体系的に基礎からきちんと身につけることに特化したカリキュラムは、
わずか3ヶ月で、マインドフルネスをいつでもどこでも実践できるようになります。

主体的に生きるためのマインドフルネス

人生100年時代を、どのようなあり方でどう生きるか。
ライフデザインがイメージできることを目的にしたマインドフルネス実践講座です。

「マインドフルネス」をはじめて学ぶ方でもカンタンに理解できるように進めます。
難解なことが多い「マインドフルネス」をかみくだき、難しい用語や専門知識を丁寧に解説しています。

人生100年時代に対応するために、マインドフルネスを体系的に学び、実践法もムリなく身につけていただきます。
単発のセミナーでは伝えきれない内容がぎっしり詰まっているのが特長の講座です。

不明な点は「ZOOM」を使ったONEtoONEのクリアできるので安心です。

マインドフルネスを学んだら「瞑想ができて、人生観が変わり、イライラしない自分になった」イメージができるものだと思っていませんか?

その可能性は濃厚ですが、たまにほとんど変わらない方がいます。

「なに学習してきたの?」って言われてダメ出しされることもあると思います。

ダメ出しされてしまう場合でも、平気で笑っていられるのがマインドフルネス効果です。

マインドフルネス実践講座

  • ご自分のうちにある自動思考で煩悩を製造するシステムを理解して対策を体得していただけます。
  • 瞑想の場所を選ぶことなく、24時間いつでもどこでも簡単に瞑想していただける状態になっていただきます。
  • 道具もなにも入りりません。
  • アンガーマネジメントにも効果を発揮していただけます。
  • ご自身がマスターしたマインドフルネス実践講座は「子育て」にも役立てていただけるので、エンドレスにワンダフル」を継承していただけます。

1ヶ月目

マインドフルネスは状態ですが、状態を作っているのはその個人のあり方です。
あり方は感情ではなく行動です。
マインドフルネスな状態にする行動が採れる在り方が幸せ(=JOY)です。
マインドフルネスはあるがままの自分を受け入れて、注意深く主体的積極的なりきる状態です。

「マインドフルネスであること」

  • あるがままの自分=嘘偽りのない自分であることが癒しのはじまりです
  • 注意深く=注意深く自分を観察しないと自分を誤解します。=苦しみに気づくことができなくなります。
  • 主体的に積極的に生きる=苦しみには原因があることを知ることができます
  • 状態=苦しみの原因を取り除けることに気づいて取り除けます

基礎編

大基本〜マインドフルネス実践講座

  1. マインドフルネスとは何か
  2. マインドフルネスが必要な理由(
  3. 自分を知る
  4. 人間関係への効果
  5. 仕事への効果
  6. マインドフルな思考法を身に付けよう
  7. マインドフルな思考法①「気づく」
  8. マインドフルな思考法②「手放す」
  9. マインドフルな思考法③「集中する」
  10. 添削問題

自分を知る(6つの気づきとひとつの実践)

①幸せに気づく。自分を知る自己認識スキル(PAC&認知)
②違うことに気づく(PAC&認知)
③違いは修正できることに気づく(メカニズムを知る)
④違いが認知の歪みに繋がっていると気づく
⑤もしかと考えて、どのような歪みがあるか気づく
●実践で修正する(=行動する)
⑥無形資産の土台であることに気づく

人生100年時代のマインドフルネスにできることリストです。

  • マインドフルネスはトラウマ配線をつなぎ直します。
  • マインドフルネスは極めて有効な「ストレス低減法」です。
  • マインドフルネスは一切の評価をしません。
  • マインドフルネスは「ありのまま」を受け入れます。
  • マインドフルネスは「いまここ」に集中します。
  • マインドフルネスは「つながり」を注意深く実践します。
  • マインドフルネスは「一切皆苦」という真理を原点にしています。
  • マインドフルネス瞑想はマインドフルネスの一部です。
  • マインドフルネスは「二分化的思考」をしません。
  • マインドフルネスは医学、心理学、心理療法にも活用されています。
  • マインドフルネスでは「失敗=悪いこと」ではありません。
  • マインドフルネスは人を生きやすくし、幸せにつなぎます。

マインドフルネスで私の人生、こんなに生きやすくなり、幸せにつながりました!

2ヶ月目

マインドフルネス実践講座

実践編

ループする煩悩製造システム

    1. 瞑想とは何
    2. フローの実践
    3. 「呼吸瞑想」基本編
    4. 「呼吸瞑想」応用編
    5. 「歩行瞑想」基本編
    6. 「歩行瞑想」応用編/体幹ウォーキングと瞑想
    7. 「気づきの瞑想」基本編
    8. 「気づきの瞑想」応用編
    9. うまくいかない場合の対処法
    10. 添削問題

マインドフルネス瞑想をルーティンワークにする

成人した私たちは「瞑想」について、あるイメージをすでに確立していると思います。

仏教あるいは禅のイメージがあり、「何も考えず座っているだけ」で、実際にはその間も脳は働き続けていることを知っています。

こういったすでに認知している状況にあるとき、非科学的に考えてしまう傾向があります。
非科学的にとらえても、考えることを省略しても失敗しないからです。

ちょうど、すでに知っている場所のことなら、地図を省略してもたどり着けるのに似ています。

だから科学的にアプローチされると、脳は刺激を受けますが、結果は同じである場合が少なくありません。

それよりも自らが脳に省略させることをやめさせて、ありのままを受け入れることが科学的なのです。

つまり省略する脳とは、鈍感になっている脳なのです。

マインドフルネスは注意深くなることで集中力を高めます。

3ヶ月目

応用編

マインドフルネス実践講座

    1. 日常でイライラしないマインドフルネスを実践する
    2. 仕事でイライラしないマインドフルネスを実践する
    3. 食べる瞑想
    4.  階段ワーク
    5.  マインドフル・ライティング/ジャーナリング
    6.  マインドフル・リスニング
    7.  ボディスキャン瞑想法
    8. 生産性資産・変身資産・活力資産
    9. システム思考

ライフシフトを生き抜く4つの無形資産

フォロー・サービス

ライフスキル無料講座

ご希望の方に、無料オプション講座

ライフスキル2.0無料講座
  • コミュニケーションスキル
  • ストレスマネジメントスキル(マインドフルネス復習)
  • 自己認識スキル
  • 意思決定スキル
  • 目標設定スキル
無料ファイナンシャルプランニング(アウトライン)

ライフデザイン・ライフプランのご相談をお気軽にしていただけます。
おひとりおひとりの課題に応じて、ファイナンシャルプランニング設計の準備作業までです。

支援サービス

  • 資格認定試験サービス
  • 開業支援ホームページ制作

 

 

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス(=主体的に積極的にあるがままの自分を注意深く内観してなりきった状態)になることです。
  • 主体的に積極的になりきる=アサーティブと同じ。アサーティブであることで、苦しみには原因があることを知ることができます。
  • あるがままの自分=嘘偽りのない自分であることが癒しのはじまりです
  • 注意深く=注意深く自分を観察しないと自分を誤解します。=苦しみに気づくことができなくなります。
  • 状態=観察(内観)し苦しみの原因を取り除けることに気づいて苦痛を取り除けます。

人生100年時代のマインドフルネスにできることリストです。

  • マインドフルネスはトラウマ配線をつなぎ直します。
  • マインドフルネスは極めて有効な「ストレス低減法」です。
  • マインドフルネスは一切の評価をしません。
  • マインドフルネスは「ありのまま」を受け入れます。
  • マインドフルネスは「いまここ」に集中します。
  • マインドフルネスは「つながり」を注意深く実践します。
  • マインドフルネスは「一切皆苦」という真理を原点にしています。
  • マインドフルネス瞑想はマインドフルネスの一部です。
  • マインドフルネスは「二分化的思考」をしません。
  • マインドフルネスは医学、心理学、心理療法にも活用されています。
  • マインドフルネスでは「失敗=悪いこと」ではありません。
  • マインドフルネスは人を生きやすくし、幸せにつなぎます。

マインドフルネスで私の人生、こんなに生きやすくなり、幸せにつながりました!

世界は二極化する

マインドフルネス実践講座


マインドフルネス実践講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました