マインドフルネス思考法③集中する

もともとのいのち マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。

マインドフルネスな思考法には3段階あります。

  1. 気づく
  2. 手放す
  3. 集中する

3つのステップを簡単に理解するには「川」を思い浮かべていただくと超簡単です。
・あなたは川辺に座って、山から流れてきた川をみています。
・川面にはあなたの思考、感情、感覚が次々に流れてきます。あなたはただ見送ります。(=気づき)
・どの思考、感情、感覚も評価せずに傍観者のように受け入れますが決して追いかけません(=手放す)
・このように気づくと手放すの間に、一瞬(受け入れて)心を休ませるステップがあります。

心を休ませるとは、押し寄せてくる思考、感情、感覚が目の前の川を流れるのを、ただ見送って楽しみこと。決して追いかけません。

では、③の段階、「集中する」に行ってみましょう。

集中するために、することはない

マインドフルネス思考法 集中する

あなたが集中するために、なにかすることはありません。
意図すればするほど、意識すればするほど、執着に圧倒されて、集中できなくなります。

ただリラックスしていればいいのです。

なにかをやりとげたいという感情自体が煩悩です。その力みが執着です。

煩悩は「捨てたい」とこだわるほど煩悩に絡め取られます。

これはよくない感情だから捨てたいと思えば思うほど、捨てられないのは、実体は自己否定だからです。どんなに前向きで建設的なことを目論んでいても実体が自己否定だと煩悩に絡め取られます。

▶︎詳しくは人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

あるがままにまかせる

脳はもともとズボラなので、慣れたことを優先します。

  1. 予測可能な自動思考できること。
  2. あまり考えなくてもできそうなこと。
  3. 疲れが少なそうなこと

やってみたくても、難易度が高すぎるとモチベーションは高くなりません。
求める結果が期待できそうなことには、エネルギーを使います。

そこで解決策は「あるがまま」にまかせることになります。

気づきと手放すの間には、「心を休ませる」があるとお話しました。
集中するときも、心を休ませます。

あるがままにまかせて集中する方法

自分を極めるマインドフルネス実践講座

あるがままにまかせて集中するには、どうすればいいのでしょう。

自分の意思を超えた説明不可能な力、いのちの源泉(=本性)を引き出してみます。

子どもは、遊びたい一心で遊んでいます。結果に評価を入れません。
いのちの源泉(=本性)は元来そういうものです。ところが大人はなにかにつけて評価をします。

子どもは瞬間、瞬間を生きています。
瞬間を生きていない大人は、好きな女性とデイトしたいと思っても断られるのが怖くて自然な気持ちに待ったをします。人と人の情報ではなく根源的な共通点があるので、つながることができます。

大人は人の目を気にする飼育された子どもです。
評価さえ気にならなければ、正直になれるのではないでしょうか?
人の目を気にしない子どもたちは、「◯◯ちゃん、遊ぼう」と屈託無く言えます。
どうしたら友達は喜んでくれるのか、違いを見つけて共通した楽しさを探り、楽しく過ごそうとします。つながりには、もっとも重要な慈悲と智慧が宿っています。

もし、あなたが入学したい学校があっても、合格点が取れそうにないと思うと、受験をためらうのではありませんか。点数さえ気にならなければ受けたいと思いませんか。
人の目を気にしなければトライすることは日常なのです。
どうしたら自分を楽しく過ごせるのか。根源的ないのちに触れます。

つまり目的が実現するように、慈悲と智慧を働かせて、目の前の一歩、一歩、ひとつひとつ確実に乗り越えて自分を高めるしかないのです。これが空、本性、子どもの心です。

慈悲と智慧を働かせて、集中するほど、自己否定は忘れ去られ、煩悩の衝動は弱くなります。
煩悩の衝動が弱くなるほど、必要を覆い隠していた、どうでもいいことは消えて、必要が目立つようになるので、自然とあるがままにまかせて集中しやすくなります。

▶︎詳しくは人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

まとめ

マインドフルネスな思考法には3段階あります。①気づく②手放す③集中する・・・3つのステップを簡単に理解するには「川」を思い浮かべていただくと超簡単です。③の段階、「集中する」に行ってみましょう。集中するためにあなたが準備することはありません集中を意思してはいけません。ただあるがままにまかせればいいのです。

意思することなく、ただあるがままにまかせる・・・空の状態になればいいのです。空とはなんでしょう。空と無は同じことを言っていると誤解している仏教徒も多いくらいですから、一般人には違いがわかりにくく、そもそもが理解しがたいものです。

空も無も言葉で説明しようとすると大変困難。自身が体感でつかむのが一番ですが、空はいのちの源泉(=本性)とイメージするとわかりやすいでしょう。空とひとつになって集中すれば想像もしなかったパフォーマンスを発揮することになるでしょう。

これこそがマインドフルネスな体験です。

▶︎詳しくは人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

「マインドフルネス」のルーツ「八正道」で集中力をアップする
物事にはかならず「原因」があります。しかし歪んだ目で見ていては「正しい原因」を捉えることは困難です。正しい原因を捉えるには、自分のあり方を正さすことが先決です。四諦は、そのことを言ってますが、「八正道」の実践があって、四諦が理解できます。マインドフルネスが自分を育むます。マインドフルネスは生活の全ての場面で人間力を高めます。
システム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップ
マインドフルネスなリーダーシップってなんでしょう?さらに正しいチームワークってなんでしょう?正しいシステム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップは全部に答えを出します。解れば今日から正しい仕事術が実践できるので、悩みも疲れも不安も消えます。魔法のようなシステム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップを身につけてください。
【ひとり会社】目標達成の道筋。その満足度と難易度
3つの目標設定があり、数値に気を奪われますが、数値そのものより、数値に対する感覚。その満足度と難易度さらに達成に対する心理状態が影響します。心理状態は、風のようなもので、吹き方次第。ひとり会社なら「気分」大企業ならコミュニケーションで変わります。その点も数値に織り込むようにします。しかし障害となることを全部取り除く、対策も準備しておくことは必須条件になります。
97%の潜在意識とマインドフルネスでイライラを解消
イライラでお困りの方、少なくありませんよね。 イライラする理由はさまざまですが、「自分の思い通りにいかない」のがほとんど。 「自分以外の誰かのせいだ」と思ってしまうのがイライラの原因だと判ります。 状況を自分でコントロ...
マインドフルネスで変わる重要な5つのこと
マインドフルネスでなにが変わるのか見ていきます。ここでは人生が変わることをお伝えします。テーマが大きいのでその一部しかご紹介できませんが、マインドフルネスによって気の滅入ることや腹立たしいこと、我慢でなく受け入れることで「これも人生の味わいのひとつ」と感じることができるようなります。


人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座ファイナンシャルプランニングLINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
LINE 友だち追加

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました