マインドフルネスが必要な理由

マインドフルネスが必要な理由 マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。

人生100年時代のマインドフルネスにできることリストです。
マインドフルネスが必要な理由がここに潜んでいるはずです。
つまりあなたが抱えている問題の真の問題があるはずです。

  • マインドフルネスはトラウマ配線をつなぎ直します。
  • マインドフルネスは極めて有効な「ストレス低減法」です。
  • マインドフルネスは一切の評価をしません。
  • マインドフルネスは「ありのまま」を受け入れます。
  • マインドフルネスは「いまここ」に集中します。
  • マインドフルネスは「つながり」を注意深く実践します。
  • マインドフルネスは「一切皆苦」という真理を原点にしています。
  • マインドフルネス瞑想はマインドフルネスの一部です。
  • マインドフルネスは「二分化的思考」をしません。
  • マインドフルネスは医学、心理学、心理療法にも活用されています。
  • マインドフルネスでは「失敗=悪いこと」ではありません。
  • マインドフルネスは人を生きやすくし、幸せにつなぎます。

真の問題に気づくために、マインドフルネスが必要な理由についてお話します。

マインドフルネスのねらい

潜在意識の大掃除講座

私たちの心身の健康に保つためには、今の自分に起こっていることを、判断や批判なしにありのままを認識することが重要です。

しかし、普段の私たちの頭の中は常時、不安や心配事、スケジュールへの焦り、仕事内容への関心など、あれこれ多種多様な雑念(マインドワンダリング)に支配されています。

人は集中するのが苦手です。多種多様な雑念(マインドワンダリング)に支配されているのは、集中から逃れる手段として、支配されるようにしている可能性があります

この状態にあると、何をするにも否定や不安、不必要なストレスを着込んだ状態になっていて、「あるがまま」のパフォーマンスを発揮できることはなく、レベルの低いパフォーマンスを余儀なくされます。

しかも、マインドワンダリングを着込んだ状態で働く事が常態化しているので、組織的にメスをいれない限り、組織全体が低いパフォーマンスで活動していることに気づくことさえできません。

この事実に気づいたのがグーグルをはじめとする名だたるIT企業でした。つまり世界最高峰の企業が危機感を露わにしているのに、生産性の低い日本の地方の零細企業が我関せずにあるとしたら、結果は見えています。結果が見えているのに何もしないほど、低いパフォーマンスしか発揮できないとしたら、それが問題です。

マインドフルネスは「今、この瞬間の自分」に意識を集中させ、現状をありのままに受け入れて、対象に「なりきる」ことが目的です。
▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

マインドフルネスで「なりきる」

マインドフルネスでなりきるとは、なりきった状態=マインドフルネスの状態のことです。

対象になりきるとは、掃除しているなら掃除になりきる。
仕事をしているなら仕事になりきる。
たとえば、集中してケーキを食べることになりきれば、味も食感も強く感じることができます。

これが普段の「ながら」が常態化している私たちには難しく、なりきろうとしても、数秒で気が散ってしまうのです。そのことは坐禅の様子を思い浮かべても容易に想像できます。

結局、また余計なことが一つ増えただけになりストレスホルモン、コルチゾールの分泌が進むことになります。

こうした状況を脱して、今の自分に意識を集中させ脳内の無駄な思考を減らし、さらに意識から解放されるようにするのが、マインドフルネスです。

マインドフルネスは「状態」のことをいいます。

マインドフルネス実践講座

マインドフルネスで本来の自分を引き出す

心の十二縁起(内縁起)

私たちは過度に多忙な状態に慣れています。
その一方で、さらに自分に過度な期待をかけたり、逆に自分否定したり。
客観的に、冷静に自分を見つめることができません。

過去のことを思い出しては「あのときああすればよかった……」と後悔して、
未来のことを想像しては「うまくいかないかもしれない……」と不安になり、
私たちの脳と心は、いま目の前にない過去や未来のことに一日の半数を使っています。

たとえ現実に辛いことが起こっていなくても、
辛い記憶を思い出したり見つめないようにして、
あるいは想像するだけでストレスホルモンが過剰に分泌されている自動思考の状態で、
なにかのせいにしてエイヤーで取り組んでいることが少なくありません。

こうして過去と未来に心を砕き。現実から逃げるように、
自分を仮想空間に置いたような状態で暮らしています。

この状態にストップをかけられるように、
マインドフルネスの状態に自分を置くことで、
つまり自分を過去と未来から解放し。
本来の自分を引き出すのが「ねらい」です。

マインドフルネス実践講座

ブレずに現実に生きるためのマインドフルネス

マインドフルネス実践講座

心ここに在らずの状況を脱して、今の自分に意識を集中させることで脳内の無駄な思考を減らし、今の自分に何ができるのか、もっとも大事なことは何かを的確に把握し、どんな場合でもブレない自分でいられるようにするのがマインドフルネスいきいきメソッドです。

マインドフルネス実践講座

まとめ

マインドフルネスは「今、この瞬間の自分」に意識を集中させ、現状をありのままに受け入れて、対象に「なりきる」ことが目的です。

  • 組織にマインドフルネスに導入といっても、ひとりひとりの状態は違います。
  • ひとりひとりの理解度を高める
  • 組織として基準を引き上げるようにする
  • ひとりひとりの基準を引き上げる
  • 組織のの理解度を高める

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

「マインドフルネス」のルーツ「八正道」で集中力をアップする
物事にはかならず「原因」があります。しかし歪んだ目で見ていては「正しい原因」を捉えることは困難です。正しい原因を捉えるには、自分のあり方を正さすことが先決です。四諦は、そのことを言ってますが、「八正道」の実践があって、四諦が理解できます。マインドフルネスが自分を育むます。マインドフルネスは生活の全ての場面で人間力を高めます。
システム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップ
マインドフルネスなリーダーシップってなんでしょう?さらに正しいチームワークってなんでしょう?正しいシステム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップは全部に答えを出します。解れば今日から正しい仕事術が実践できるので、悩みも疲れも不安も消えます。魔法のようなシステム思考ができるマインドフルネスなリーダーシップを身につけてください。
【ひとり会社】目標達成の道筋。その満足度と難易度
3つの目標設定があり、数値に気を奪われますが、数値そのものより、数値に対する感覚。その満足度と難易度さらに達成に対する心理状態が影響します。心理状態は、風のようなもので、吹き方次第。ひとり会社なら「気分」大企業ならコミュニケーションで変わります。その点も数値に織り込むようにします。しかし障害となることを全部取り除く、対策も準備しておくことは必須条件になります。
97%の潜在意識とマインドフルネスでイライラを解消
イライラでお困りの方、少なくありませんよね。 イライラする理由はさまざまですが、「自分の思い通りにいかない」のがほとんど。 「自分以外の誰かのせいだ」と思ってしまうのがイライラの原因だと判ります。 状況を自分でコントロ...
マインドフルネスで変わる重要な5つのこと
マインドフルネスでなにが変わるのか見ていきます。ここでは人生が変わることをお伝えします。テーマが大きいのでその一部しかご紹介できませんが、マインドフルネスによって気の滅入ることや腹立たしいこと、我慢でなく受け入れることで「これも人生の味わいのひとつ」と感じることができるようなります。


人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座ファイナンシャルプランニングLINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
LINE 友だち追加

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」
禅の教科書「十牛図」は、無形資産の教科書として人生100年時代を生きる世代を応援します。自分とは何者か?という根本問題に焦点をあてることで、どう生きるべきか、他者とは何者かという根本問題にも答えを出します。自分を高めたい自己マスタリーにも大きな効果を発揮すること間違いなしです。

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座

 

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました