断捨離不要。5つのSで片づけてマインドフルネスな日々にする方法

マインドフルネス マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは、人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日。日本代表のゲンキポリタンです。

マインドフルネスは、いまここ、あるがままに、なりきった状態のことです。

ものがあるように、人間も実体があると思い込んでいます。
それが間違いだと最初に気づかせてくれたのが、ハリウッド映画「マトリックス」です。
「マトリックス」は「仮想空間」のことです。

5S(ゴエス)で片づけてマインドフルネスな日々にする方法。
仮想空間からの脱出方法をお伝えします。

マトリックス

マトリックス

映画「マトリックス」とは?

コンピュータ、プログラマーであるネオは現実世界で暮らしていると思い込んでいたのですが、あとにメンターとなる伝説のハッカー、モーフィアス(ギリシア神話に登場する夢を司る神様「モルペウス」の英語読み)という人物によって、実は仮想世界に住していると教えられます。

世界はコンピュータに乗っ取られて、人々はコンピュータの奴隷になっていたのです。
つまり脳に仮想世界が映し出されているのを脳は現実だと思い込んでいたのです。

そこから映画「マトリックス」は、世界中のクリエーターが集結して創造した映像を駆使して”仮想世界と現実世界の戦い”を描きます。

マトリックスの面白さは、映像もさることながら、着想の凄さです。
これは架空の話のようの思いますが、2500年前、お釈迦様が最初に警鐘を鳴らしたことです。
マトリックス以来、仏教に、宗教に、関心のなかった自分は、お釈迦様の教えに関心を持ち、仏教は宗教ではなく哲学、心理学だと気づいたのです。

ただ仏教はインド地方で発祥、サンスクリット語で伝わったもの。日本では統治に利用されたこともあり、その上、宗派も多く、伝え方も微妙に違います。
しかも江戸幕府が統治に利用、葬式仏教中心に変質し、近年は本質から遠のいています。一方、禅に共感して広まったアメリカン仏教は本質に率直でかなりわかりやすくなっています。

人はあるのではなく、縁起によって成り立っている状態でしかないのです。
だからこれが心だと指さした者はどこにもいないのです。

マインドトークはマトリックスそのもの

過去と未来に振り回される日々

さて「マトリックス」は、他人事ではないのです。
私たちはマインドトーク(心の雑念との会話)状態に支配されています。

米ハーバード大学の調査で一日の半分が「マインドトーク(心の雑念)」と話して過ごしていることが判明しています。

マインドトークは、ストレスの源になっていて、身体で急性心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血)などの三大疾病、認知症、など重大な病気を引き起こしています。

一日の半分の時間が、マインドトーク状態に占領されていることで、ストレスから本来、身を守るために機能していた、コルチゾールというホルモンが、自分自身の身体に牙を向いた状態に陥っているのです。

過去と未来に生きている

断捨離ブームの真の原因

断捨離ブームの本当の原因は、モノで家が狭くなるではなく、モノに含まれた過去と未来と会話しているストレスです。

中流家庭にこれほどモノが持ち込まれるようになったのは、近年のこと。
もともと狭い日本の家屋にモノが詰め込まれるようになったのは、高度成長期からのことです。
木造の家屋は火事が多いので、それほど所有していたわけでもなく、隣家に燃え移った場合は火災保険でも担保していません。一方、商家や富裕層は蔵、倉庫を持っていました。

モノが会話してくることに思いを馳せることなく、暮らしの実態に合わないほどモノが溢れたため、さらにマインドトークが一日中続くことに「肉体」が耐えられなくなってしまったのです。

因果必然、結果を変えるために今を変える

結果には必ず原因があります。結果を変えるには原因を変えるしかありません。

できることからはじめていきましょう。

朝、気持ち良いスタートをしたい。
そのためのルーティンワークを決めましょう。

マインドフルネスになります

朝起きたら、
トイレに行き、そのあと、歯を磨き顔を洗います。

つまりトイレを家中で一番綺麗な場所にしましょう。
洗面所を二番目に気持ちの良い場所にしましょう。

そのためのルーティンワークを決めて実践します。
ルーティンワークにしたら、それになりきるようにします。

なりきることがマインドフルネスです。

5つのS(ゴエス)

整理収納のゴエス
マインドフルネスは概念でも理屈でもありません。状態です。

  • トイレを家中でいちばん綺麗な場所にすると決める。これが気づきです。(→ゴエスの整理)
  • 次に決めたことを実践する。これが悟りです。(→ゴエスの整頓)
  • 悟りを開くと状態になります。マインドトークから解放される。(→ゴエスの清掃)
  • 人はあるのではなく、人は状態です。空=自由を感じることができます。(→ゴエスの清潔)
  • 状態を続ける。ルーティンワークにする。仏教でいう涅槃に到達。(→ゴエスの習慣/躾)

まとめ

断捨離はする必要がありません。マインドトークの一因になるだけなので気をつけましょう。
マインドフルネスになれば、お部屋は自然に片づき居心地のよい場所になります。
マインドフルネスになるには、「因果必然」の四文字を腹の底の底に落とし込みましょう。
腹の底の底に落としこむには、ひたすら実践で繰り返すだけです。

「因果必然」・・・原因が結果になる。なるようにしかならない。自分がしたことが結果になるだけでなく、他人がしたことも自分の結果になる。慈悲で人は良い繋がり方ができる。身を守ることが他人を守ることになります。

次回は断捨離不要の核心に触れます。

3大質問で知るマインドフルネスな「もともとのいのち」トリセツ
エンドレスにワンダフルに生きるための大基本である『私は誰?」「なぜここにいるの?」「どのように生きればいい?」3つの質問から、「私は誰?」自分の物語に入ると、子どものようの、いまここにいまここになりきって過ごすことで、執着心、愛着を知る前の「もともとのいのち」を生きることができます。
縁起でマトリックスな世界をマインドフルネスで是正、本性強化
子どもと違い、大人は縁起で自分が作り出した物語で生きています。発端は1.5歳までに決意した対人関係の構え。根本執着心となり、これを繰り返し使えば正しい認知が不可能になります。このままでは自由で豊かな100年ライフを生きることは困難になります。マインドフルネスが縁起の人生脚本を是正、本性を強化します;
慈悲で本性に戻る究極のマインドフルネス3ステップ
いまここ、あるがまま、なりきった「慈悲のシステム」は、無分別智から始まります。慈悲は、100年ライフを生きる智慧とエネルギーとなり、エンドレスにワンダフルな旅をループします。慈悲の心は何もせず放っておいて生まれてきません。自らが育てていくものです。育て方が3大基本「無我・縁起・慈悲」に集約されます。
マインドフルネスで変わる重要な5つのこと
マインドフルネスでなにが変わるのか見ていきます。ここでは人生が変わることをお伝えします。テーマが大きいのでその一部しかご紹介できませんが、マインドフルネスによって気の滅入ることや腹立たしいこと、我慢でなく受け入れることで「これも人生の味わいのひとつ」と感じることができるようなります。

ゲンキポリタン(一般社団法人いきいきゴエス協会)

ファイナンシャルプランニング
誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」とライフプラン
自分を極めるとは、どういうことでしょうか?最高の自分を引き出すことですね。いちばん 判りやすいサンプルがアスリートではないでしょうか。「心はそのまま仏である」といいます。禅の高僧の言葉ですが、この心とは「もともとのいのち」のこころだと思いま

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました