100年時代の部屋と4つの無形資産を整える情報サイト

暮らしを整える習慣

カテゴリー

【SOHO特集 】12/14.リーダーシップ

投稿日:2017年1月25日 更新日:

SOHO〜やる気の出るホームオフィス応援ショップMARTONE

SOHO・ホームオフィス・テレワーク・在宅勤務・コワーキング・ノマド

12/14. どんな悪い環境でも、すべてを受け入れること。

あんまり活躍しない「従順な子どもの心」は決めたことを粘り強くするには打ってつけの心です。どんな悪い環境でも放り出さずに頑張る力をもっています。

会社への愚痴や環境への愚痴はどこの会社にもあります。車のハンドルに遊びがあるようにストレス発散として受け止めれば良い。しかし愚痴が意欲の低下につながり言い訳の材料になる、一方で「自分ができることをしない」のを混同すると生産能力は低下します。

必要な資源は全部手元にあると信じて、自分の手で良い結果が得られることに努力することが結果を大きく変えます。と言って努力を過大評価してはいけません。努力する姿を美しいと評価する傾向がありますが、間違った行動を積み重ねても決して良くはなりません。努力は求める結果に合致した目的に行われてこそ価値があります。

PDCAのプロセスで、努力の目的も見直すようにしましょう。目的は微妙にズレていくものです。「えっ、これって何のためにやっていたんだろう?」と思うことがありますが、早く発見しないと、その間の努力は無駄になります。

チームワークでPDCAを回す

愚痴の材料である自分の手で変えられないことに傾注していると、努力の目的を誤ってしまうことが多いので気をつけましょう。

どんな悪い環境でも、すべてを受け入れ、自分の手で良い結果が得られることに努力していると、周囲には打たれ強い。回復力が早いと映るでしょう。安心感を与えるので周囲からは信頼されることになります。
いい時もあれば、悪い時もあります。
どんな環境でも主体性を失わないでいることは目的、目標を手放さないでいるということです。

一度ホームレスになって、そこから再起。売り上げ何百億になったという話を聞きますね。
誰でもできる話ではあるませんが、なにを考えていきていくかということいですね。

*PDCAを通じて信頼関係が強くなります。

 

システムデスク

詳細はこちら

 


今回の記事は気にいっていただけましたか

にほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1 2 3 4 5 6

ショップマートワン

ショップマートワン

この記事をブックマークに追加する



人気記事

スリープアスリートの片づけ術 1

目に見えないストレスは、あなたのなかに住み着いているので、時空を超えて突然やってきます。 自分でも何がなんだかわからないので、イライラします。 でも、大丈夫!ここでは即効で楽しめる「おもてなし」の心の ...

部屋が片付かない人 2

部屋が片づいていないと落ち着きません。 落ち着かない・・・・心が安定しない 心が安定していないから、部屋が片づかないのです。 部屋は鏡なんですね。 いらないモノに囲まれていると、大事なものがどこにある ...

ベッドの買い換え 3

https://www.pinterest.jp/pin/653022014694047400/ 捨てられないで困っている方は多いですよね。 なぜでしょう? 当然です。 働いて買ったものばかりです。 ...

幸せとは影のように自分から離れないモノ 4

整理収納、整理整頓・・・でよく耳にするのが、「行政執行でゴミ屋敷を片付けた」的に、困った子が老いた親の住処を片付けたという話。 理由はありますね。 しかしモノとの付き合い方としては、急激にモノが減る( ...

ミニマムライフ 5

整理収納を考える上で、重要なモノと人との関係を図のように、あらわしました。 整理収納を具体的に整理する上で、4 つの区別をつけて考えてみたいと思います。   4つの区別とは、 使用頻度の高い ...

-SOHOホームオフィス

Copyright© 暮らしを整える習慣 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.