マインドフルネス「いきいきメソッド」の仕事への効果

マインドフルネス実践講座 マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。

人間は他人に自分の価値を認めてもらいたいと思うものです。こんなにスゴいと思われたいものです。そのため、自分の中に人より優れたイメージを描こうとします。
それが思うようにならなかったとき、怒りになる、他者に攻撃的になるなどして、とかく目立とうとします。マインドフルネスはよりよい形で、信頼の絆を築きます。

集中力・記憶力アップが習慣化

人間の脳には記憶や感情をコントロールしている海馬という器官があります。
この海馬がマインドフルネス瞑想、マインドフルネス状態を通じて活性化するため、集中力や記憶力アップにつながります。
自分の気持ちを客観的に整理することができるようになり、集中力が高まるため仕事でのパフォーマンスが向上します。

また、柔軟な思考で物事をこれまでと違った角度でとらえることができるようになり、感情にのまれず俯瞰した冷静な意思決定(システム思考)ができるようになります。

シズテム思考

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

創造力・発想力アップが習慣化

マインドフルネス実践講座

人は新しい考え方を素直に受け入れられずに、ついワンパターンな思考をしてしまいがちです。
過去の成功体験にしがみつくのもそういうことです。

なにごとについても評価しないマインドフルネスによって、これまではなかなか受け入れられなかった思考や価値観などを拒絶せずに受け入れることができるようになります。

新しい考え方を取り入れられることによって、これまでの自分では思いつかなかった企画が生まれることも期待できます。

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

シングル、ダブル、トリプルループ学習にみる違いの出る違い。
すべての物事は原因=結果の連鎖なので、どんどん複雑化します。シングルループではA=Bですが、ダブルループではA=Fになり、トリプルループではA=Yになります。シングルループでは解決しないことがトリプルループでは解決する。これがシステム思考です。システム思考とはトリプルをシングルループにすることです。

寛容さが習慣化する

心の三原色

職場・家庭を問わず、相手に思わずカッとなって怒鳴ってしまった経験はありませんか。このような現象に関係しているのが、脳内の情報伝達に欠かせない「三大神経伝達物質」と呼ばれているホルモンです。

三大神経伝達物質」とは、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンです。三大神経伝達物質が欠乏すれば、脳が正常に働けなくなるそうです。

脳生理学者の有田秀穂氏は、三大神経伝達物質を「心の三原色」と表現しています。
「色の三原色」や「光の三原色」のように、ノルアドレナリン・ドーパミン・セロトニンの割合が、私たちの心の「色合い」を決めているという説です

【ノルアドレナリン】=ネガティブの【青】緊張感や危機感をつかさどる

  • 心拍数を上げる作用が弱め
  • 血圧を上げる作用が強め
  • 胃腸の運動を抑える作用が弱め

【ドーパミン】=ポジティブの【赤】快感や意欲をつかさどる

  • 意欲的になれる
  • 集中力がアップする
  • ポジティブになれる

【セロトニン】=安定の【緑】安らぎや充足感をつかさどる

  • 幸せホルモンと呼ばれ幸福感の90%を担っています。
  • 運動・睡眠・感情を動かして、消化管に影響を与えることで、やる気が起こります
  • 腸内環境を整えてセロトニンを増加できます

ストレスが溜ってイライラしていると、セロトニンが減少し、余裕がなくなり些細なことでもついカッとなってしまいます。

マインドフルネスを通して自分を俯瞰して見直すことで、マインドフルネス状態になる時間が増大すると、心に余裕が生まれ、ホルモン分泌が整うことで、日々のイライラから解放されます。

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

競争優位は自己マスタリー(5つの要因)で体質になる
レジ袋をエコバックに替える、ビニールのストローを紙ストローに替えて提供する・・・やっていることは同じでも、その裏側にある学習力で、圧倒的な競争優位力は磨かれます。それは将来像をどう描き、現状認識とギャップを知ることにかかっています。ギャップを埋める道筋を発見するのも自己マスタリー次第です。

ストレス軽減・うつ病予防が習慣化

エクスタシー人間の脳にはストレスや不安、恐怖に反応する偏桃体という箇所があります。
扁桃体が大きいとストレスに過剰反応してしまい、うつ病などの心の不調を引き起こしやすくなります。

また、うつ病になると、先述した海馬の働きも落ちると言われています。
マインドフルネスには、この扁桃体を減少させる効果、そして海馬を増加させる効果があります。
結果的に不安やストレスの軽減につながります。

ハーバード大学のサラ・ラザー准教授の実験によれば、1日45分間のマインドフルネスを8週間行った被験者の脳では、海馬の灰白質が5%ほど増え、扁桃体が5%ほど減少していることが判明しています。
さらに体の不調については35%、心の不調で40%が低減したそうです。

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

マインドフルネスは深層心理に働きかける

ループする煩悩製造システム

マインドフルネスの研究はまだまだ発展途上にあります。
とくに健康効果に関しては著しい成果が報告されている反面、一方では反論する論文もあり、必ずしもすべての人に効果が認められるとはいきません。
良いことばかりが強調されがちなマインドフルネスですが、個人によって成果に幅があるようです。マインドフルネスによってすべての問題が解決するわけではないのでご注意ください。

マインドフルネス実践講座

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座

まとめ

マインドフルネスが仕事や勉学に及ぼす影響には、集中力、記憶力、創造力、想像力、やる気、寛容さの向上。さらにストレス軽減、うつ病予防などがあります。
それだけではありません。深層心理にあるコンプレックスや怒りを鎮める効果が報告されています。

しかし、必ずしもすべての人に効果が認められるとはいきません。
マインドフルネスの研究はまだまだ発展途上にあります。
とくに健康効果に関しては著しい成果が報告されている反面、一方では反論する論文もあるので、個人によって成果に幅があるようです。
盲目的に信じることはできなくても、悪くなるという報告はなく、多方面で効果があがっているのも事実なのでストレスの多い方は導入をおすすめします。

▶︎さらに詳しくマインドフルネス実践講座


人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座ファイナンシャルプランニングLINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
LINE 友だち追加

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」
禅の教科書「十牛図」は、無形資産の教科書として人生100年時代を生きる世代を応援します。自分とは何者か?という根本問題に焦点をあてることで、どう生きるべきか、他者とは何者かという根本問題にも答えを出します。自分を高めたい自己マスタリーにも大きな効果を発揮すること間違いなしです。

マインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座

 

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました