世界でいちばん面白い自分の働き方は自利利他

人生はエンドレスにワンダフル ひとり会社
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日。日本代表ゲンキポリタンです。

子どもは、いまここ、瞬間、瞬間を生きています。大人になった自分にも、その性質は引き継がれています。大人になると社会に適応しょうとするあまり二分的思考が強くなってしまうからです。
あなたと私、与える者と与えられ者。というように分けてしまうのです。そうすることで、どんどん本来の自分から殿いてしまうようです。

世界で自分がいちばん面白い

マインドフルネス

いまここにいる人ひとりは、育った地域、出会った人々、その最たる出会いである親、親が育った環境、家族、体験した教育、を動かされた出来事、失敗や成功の体験から得た経験知など、さまざまな個別の土壌の作物として生きています世界のどこにも自分と同じ人はいません

しかも、他人のことはわかるが自分のことはわからないという。
自分を客観視することほど難しいことはない。

つまり世界中のどこに行こうが、探そうが、自分ほど面白い人間はいません

自然な自分を取り戻す

人生は面白かったを体験する

一番面白い自分をいままでのような価値観で、子どものような活力を台無しにするのはもったいないですよね。

かっての高度成長期のように世の中が拡張していく時代には、画一的な働き方が個人にもメリットがあり効果を発揮しました。しかし、どんどん縮小していく時代、ライフシフト、ワークシフトが当たり前のようになる時代に縮ませてしまうのはもったいなくはないですか?

疫病、自然災害が定期的に繰り返される時代にあっては、100年ライフをエンドレスにワンダフルにするには「自利利他」が基本です。

「自利利他」とは、自分がマスクをすることで他者を守ることになるのがわかりやすい事例です。「自利利他」は、すべての人々を救う事を目的にする大乗仏教の根幹をなすものです。

自利利他をあり方にする

アインシュタイン

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。
Life isn’t worth living, unless it is lived for someone else.
アルベルト・アインシュタイン
              

自利利他」に通じる考えですが、微妙に違うのは、「自利利他」には自分を犠牲にする意識はありません。意識はないけど自然に他者を大事にしているのです。

世界が縮小すれば搾取は難しくなります。搾取が難しくなればなるほど、搾取しようとする人は後を絶ちません。特に権力者には注意が必要になるでしょう。

人に雇われて搾取されない、人を雇って搾取しないことが「自利利他」につながります。自分から搾取し、人から搾取しない。

それに代わってネットワークで繋がる。いちばん面白い自分が住む世界は一人一宇宙の小さな宇宙だから面白い存在ですが、ネットワークでつながれば大宇宙になります。

一人一宇宙

複数のスキルを高めて「自利利他」

世界一、おもしろい自分を大切に扱うために、ライフシフト/ワークシフトのことは、きちんと考えておきましょう。

長い100年ライフ、先の先までわかりません。

しかし、いつの時代もはっきりしていることは、生産性をあげるには、他者のために活動することです。

しかも誰でもできることではなく、生産性を高めるには、ライバルが少ないことを選びましょう。

ライバルが少ないことで、スキルを高めることは、リスクがあります

求める人が少ないのにスキルをあげるために、投資することに先見性がないと、こんなことをしていて大丈夫かと不安になるからです。

個人でも会社でも、それが怖くて無難なことを選んで、ライバルが多く、生産性の低いことを選んでしまいます。

この悩みを突破するためには、先見性を高めて複数のスキルを身につけること。

しかも短時間にです。
そのために情報の取捨選択をすることが不可欠です。どうでもいいことに時間を使わないこと。

これと決めたことは、集中して取り組む習慣を自分のものにすることです。

  • 生産性が高く自他利他を考慮した上で、先見性を高める
  • 自分の関心の高いスキルで、かつ選び抜いたスキル
  • 短時間で集中、複数のスキルを引き上げる

幸せの仕組み

まとめ

  • 世界でいちばん自分が面白い
  • 自分と徹底的につきあうには、雇われない雇わない働き方が最適
  • 人は一人一宇宙、自利利他を活かすネットワークで大宇宙
  • ライフデザインを人生に反映させるためにライフプランをしっかり組み立てる
  • 生産性が高く自他利他を考慮した上で、先見性を高める
  • 自分の関心の高いスキルで、かつ選び抜いたスキル
  • 短時間で集中、複数のスキルを引き上げる
3大質問で知るマインドフルネスな「もともとのいのち」トリセツ
エンドレスにワンダフルに生きるための大基本である『私は誰?」「なぜここにいるの?」「どのように生きればいい?」3つの質問から、「私は誰?」自分の物語に入ると、子どものようの、いまここにいまここになりきって過ごすことで、執着心、愛着を知る前の「もともとのいのち」を生きることができます。
縁起でマトリックスな世界をマインドフルネスで是正、本性強化
子どもと違い、大人は縁起で自分が作り出した物語で生きています。発端は1.5歳までに決意した対人関係の構え。根本執着心となり、これを繰り返し使えば正しい認知が不可能になります。このままでは自由で豊かな100年ライフを生きることは困難になります。マインドフルネスが縁起の人生脚本を是正、本性を強化します;
慈悲で本性に戻る究極のマインドフルネス3ステップ
いまここ、あるがまま、なりきった「慈悲のシステム」は、無分別智から始まります。慈悲は、100年ライフを生きる智慧とエネルギーとなり、エンドレスにワンダフルな旅をループします。慈悲の心は何もせず放っておいて生まれてきません。自らが育てていくものです。育て方が3大基本「無我・縁起・慈悲」に集約されます。
マインドフルネスで変わる重要な5つのこと
マインドフルネスでなにが変わるのか見ていきます。ここでは人生が変わることをお伝えします。テーマが大きいのでその一部しかご紹介できませんが、マインドフルネスによって気の滅入ることや腹立たしいこと、我慢でなく受け入れることで「これも人生の味わいのひとつ」と感じることができるようなります。

ゲンキポリタン(一般社団法人いきいきゴエス協会)

ファイナンシャルプランニング
誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」とライフプラン
自分を極めるとは、どういうことでしょうか?最高の自分を引き出すことですね。いちばん 判りやすいサンプルがアスリートではないでしょうか。「心はそのまま仏である」といいます。禅の高僧の言葉ですが、この心とは「もともとのいのち」のこころだと思いま

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました