ライフシフトのための「毎日は特別な一日」

人生100年時代ライフシフト マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。

ライフシフトに欠かせないのは、金融資産以上に、「無形資産」です。
無形資産とは、成功体験にとらわれない「変身資産」、いつ、どこでも、柔軟に生産する「生産性資産」、年齢に関係なくタフな「活力資産」、パートナーの活動を支える「パートナー資産」です。無形資産を上手に育む人はにゲンキポリタンである共通点があります。特に「活力資産」は変身資産と密接な関係にあり、要となる資産なので重要です。

  • ライフシフトするにはゲンキポリタン
  • ゲンキポリタンとは、生活を愉しんでいる人=超ポジティブ
  • 人生はエンドレスにワンダフルにできると信じている人。
  • 自分のあり方で、あり方を子どもから孫へと継承できると信じている人。
  • 決して「生活しなければいけないから」「生活があるから」と言わない人。
  • 生きることを決してネガティブにしないで毎日を「特別な一日」にしている人です。

特別な一日とはなんでしょう。
ライフシフトを楽しく実践するために特別な一日を日課にしている人についてお話します

ライフステージ・ライフシフト・ライフプラン・ライフデザイン

ライフステージ

ライフステージ
人はこの世に誕生し、成長し、成熟し、老い、やがてこの世を去ります。
このライフステージを免れた者は誰もいません。ライフステージという事実から目を背けるわけにはいかないのです。このライフステージに異変が起こっています。
老化が遅く成熟期間が長くなりました。問題は長生きするほど費用がかかり、年金ではまかえないといこと。さらにやりがいがない期間が長いと健康にも悪いということ。
老後の生活資金となるお金が稼げてやりがいのある仕事に携わる必要があるのです。
この期間をライフステージに組み込んだ人生設計がフツーになったのが「現代」なのです。
その傾向は、今後
ますますエスカレートします。

そこでライフステージ+ライフシフト+ライフプラン+ライフデザインの設計があなたの年齢に適応した形で必要なのです。

ライフデザイン

ライフプランを設計する前に、忘れてならないのがライフデザインです。
ライフデザインはライフシフトと密接しています。
ライフデザインが先か、ライフシフトが先か大いに悩むところですが、ライフデザインと異なるライフシフトは楽しくなくなり、スキルアップにも影響します。
一度限りの人生、主体性をもってポジティブにライフシフトするにはライフデザインを大切にしたいものです。

ライフシフト

ライフシフト

ライフシフトするには、副業、転職、独立、リカレント教育(学び直し)、スキルアップ,ボランティア(自主活動)、起業が必要です。
結婚資金、育児資金、子どもと自身の教育資金、独立・起業資金・運転資金、老後資金というライフステージとライフシフト要因をマッチングさせた上で、ライフプランを設計する必要があるのです。

ライフプラン

ライフプランが必要な理由は、生きることをポジティブにするためです。
人生をエンドレスにワンダフルにするために、ゲンキポリタンはライフプランを設計しています。結婚資金、教育資金、住宅資金、将来資金、ライフステージに伴いお金の不安はついて回ります。人生100年時代はライフシフフトすることも、ライフプランに組み込みます。

ライフシフトする人が自分に約束した10のポリシー

お金と幸福は表裏一体、自分のあり方がお金で左右されることを許さないポリシーをライフデザインにしている人しているゲンキポリタンの10の約束から、「特別な一日」について考えます。

  1. 「直指人心 見性成仏」
  2. 特別な一日
  3. もともとのいのち
  4. 生き辛さの原因「潜在意識」を認識する
  5. 考えるな、無意識にまかせる
  6. マインドフルネスで整える
  7. 哲学する
  8. 「ひたすら繰り返す」ルーティンワークを日常とする
  9. ループする煩悩製造システムを気にしない暮らし
  10. マトリックスから脱出する

▶︎人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

毎日が習慣(ルーティンワーク)でライフシフト

毎日が習慣(ルーティンワーク)

ライフシフトするには、毎日が勉強をルーティンワークにする必要があります。
そのときに邪魔になるのが、「生活しなければいけないから」という発想。
生きたいからではなく、生きなければいけないからという発想。
「毎日が特別な一日」という発想に変えます。

  • 笑顔で目の前のことを楽しむ習慣
  • なにごとも「整理・整頓・清掃・清潔・躾(習慣化)」を習慣にする
  • ライフシフトのためにスキルアップ、毎日が特別な一日を習慣にする
  • マインドフルネス瞑想で「なりきる」を習慣にする特別な一日とは、「セレモニー」ではない一日。
    セレモニー、つまりイベントの日といえば、ハートが先が、胃袋が先か、競争するように頭に上ってくるのが、誕生日、クリスマス、バレンタインデーなどなど、商業的に開発されたあの日、この日。

キリスト教のお祭り、つまりクリスマスはあるのに、お釈迦様の誕生日とされる4月8日を祝う習慣が日本にないのはおかしいという意見があります。
お釈迦様の誕生日は一般に「花まつり」として知られています。商業的なイベントになっていないので盛り上がりません。

辞書によると、縁日とは、ある神仏に特定の由緒ある日。この日に参詣(さんけい)すれば特に御利益があると信じられている。とあります。
つまりほぼ毎日、何かしらの縁日にあたります。

縁とは、縁起の縁です。つまり因果の因にあたるのが縁。縁があって生起すると言われます。
生起(せいき)が果になります。

「生活しなければいけない」の意味

生活しなければいけない生きなければいけないの意味は、生きる理由はわからないけど生きなければいけないという消極的な生への希求を感じます。
義務か強制であるかのような言い回しですね。

でも、それがあながち間違っていないのは、仏教では縁によって生かされているといいます。生かされているというのはすごく受け身な表現ですが、ブッダは随処主となればと説いておられます。(自灯明・法灯明
矛盾しているようですが、そもそも「仏教」は十二縁起で生じる「人生の苦」と、どのように付き合っていくかをテーマにした哲学です。
苦しいことだらけの毎日を、どのようにハッピーなものにするか、能動的にかかわってこそハッピーが実現できるというガイドブックが仏教です。

だから生かされているというのは「感謝する」という意味で、義務や強制とは反対の意味です。ところが「生活しなければいけないから」と言った途端、ネガティブな響きになり、「生活したい」「生きたい」というニュアンスが感じ取れなくなります。そこが言葉の限界、束縛です。言葉は精神性、そのものなので、気をつけたいですね。

▶︎人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

諸行無常を楽しむライフシフト

インスピレーション
生きなければならないと思うのも、生きたいと思うのも、本人の自由です。
生きたくなければ死んだって自由です。なのに死なずに生きているんだから本当は生きたいのです。人のせいみたいにして、「しなければならない」を繰り返す人にライフシフトなんでできない。

生きたくないのに生きるのが死ぬことよりもイヤなことでないという人にライフシフトはできない。
ライフシフトするということは諸行無常を積極的に受け入れるということに他ならない。ライフシフトのためにスキルアップ、毎日が特別な一日を習慣にするということです。ライフシフトするということは自分の人生は自分で選択するということです。

▶︎人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

ライフシフトに欠かせないライフスキル

ライフスキル

ライフシフトするために必須のスキルがあります。
WHOが健全に暮らすのに必要なスキルとして全世界に必要性をアプローチした「ライフスキル」です。
ライフスキルは全部で10のスキルがありますが、5つに集約できます。
自己認識スキル意志決定スキル目標設定スキルストレスマネジメントスキルコミュニケーションスキルです。ライフスキルの教育は日本では主に小学校ですが、アメリカでは高校生が中心で、主にスポーツを通じて修得しようとしています。ライフスキルを目的にスポーツをする学生も多いといいます。

ライフスキル不足は認知の歪みになって顕れます。
認知の歪みで多いパターンは「二分化法的思考」です。
典型的な事例が「全てか無か」「白か黒か」です。
認知の歪みの背景には生育環境で生じた根強い執着心があります。
執着心から解放される効果的な手段がマインドフルネスです。

マインドフルネスはライフシフトを支える

幸せの仕組み

マインドフルネスとは「状態」です。
いま、ここ、この瞬間、目の前の対象になりきった状態です。

マインドフルネスは、諸行無常に対応する上で、抜群の効果を発揮するので、ライフシフトの味方になります。

「ライフステージ+ライフシフト+ライフプラン+ライフデザイン+ライフスキル」これら5つのスキルを育むのが、目標に裏付けされた5つのライフスキルです。補完しあうライフスキルはライフスキルをより育みます、システム思考の自己マスタリーに通じます、

ライフシフトを楽しむ「毎日が特別な一日の人」

マインドフルネス実践講座

コスモポリタンが、民族・国籍・言語・宗教などにはこだわらないで、全世界を自国と考えている世界主義者であるように、ゲンキポリタンは24時間にこだわらず、暮らし、アート、仕事、趣味、遊び、性、年齢など、あらゆるカテゴリーを超えて、人生は毎日が縁日。お祭りのように生きる人のことです。

毎日、何かしらの縁日にあたるというのは、「八百万の神」(やおよろずのかみ)という言葉が証明しています。

八百万の神というのは、自然のもの全てに神が宿っていることです。
私たちは、毎日、大切なご縁と出会っています。だから毎日が特別な一日
ご縁と出会えば必ず生起している。生起とは行動のことです。
行動にはすべて原因があります。原因を考えて行動に繋いでいく。
毎日が特別な一日とは、自分で考えて行動しょうということです。

最大限ポジティブな表現をするなら、

日が縁日みたいなもの。自分の物語は自分で考えて「特別な一日」に仕上げるように暮らしましょう。
ということなのです。「生活しなければいけない」と表現は吹っ飛んでしまいますよね。

生きることは知識ではありません。ライフシフトを実践しながらライフプランウィ達成して、人生はエンドレスにワンダフルを子どもにライブで臨場感たっぷりに伝えていく。
お釈迦様が説く、『人生は一切皆苦だけど、諸行無常を楽しもう』に少しは寄り添えるのではないでしょうか。

天地いっぱいにライフシフトして生きる

  • こころをからだの内部に探しても見つかりません。
  • あなたを守っている「こころ」は、天地いっぱいにあなたを包んでいるからです。
  • 一人一宇宙、宇宙はこころ、こころは宇宙。宇宙の中心はあなた。
  • あなたはあなたのこころから出られないし、だれも入ってこれません。
  • あなたのこころはビックバンから、脈々とあなたを包んできたのです。
  • 空(くう)とはあるという可能性、ないという可能性、阿頼耶識にはあらゆる可能性
  • 天地いっぱいライフシフトしてみませんか。

毎日がフツーの一日の人とは、生活のために生活していて、こころに気づいていない人。
特別な一日の人というのは、こころに気づいて、「もともとのいのち」を生きている人。
「もともとのいのち」とは、ビックバンから受け継いでいる「いのち」です。

まとめ

「生活があるから」「生活しなければいけないから」
多くの大人にとって、生活とはしなければいけないことなんです。
「生活」という魔法の言葉に人生を奪われないようにしてください。

でも、子どもはそうじゃない。
「何してたの?」と聞いても「別に」と返ってきます。

両者を分けているのは、「しなければならない」ことをしていたか、そうでないかです。
実際は「別に」と答えた子どもの方が、生きたいから生きている。
やりたいことのために時間を使っていたから「別に」なんです。

子どもは、誰かの基準に合わせてなくて、こころ(=もともとのいのち)を体感して暮らしているから、セレモニーではない特別な一日にイベントを自在にトッピングしているゲンキポリタンです。

 

一人一宇宙、星空のように「こころ」があなたを包んでいる。
・一人一宇宙。誰もが自分の宇宙から出ることも、入ることもできない・他人、こと、モノ、自然界、は、自分のこころが自分の世界に映しだしたもの・こころはあなたを包んでいる・よりよいものを自分の世界に映し出せるように自分を高めます・最高の自分は最高に生きること・死ぬことは最高に生きるためのモチベーション・いのちは次世代に最良の種子を遺す

LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談

LINE 友だち追加

人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

マインドフルネス実践講座

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」とライフプラン
自分を極めるとは、どういうことでしょうか?最高の自分を引き出すことですね。いちばん 判りやすいサンプルがアスリートではないでしょうか。「心はそのまま仏である」といいます。禅の高僧の言葉ですが、この心とは「もともとのいのち」のこころだと思いま

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました