ブッダに学ぶシステム思考「天上天下唯我独尊」

ハッピーブッダ ショップ

お釈迦様(ブッダ)は、生まれてすぐに七歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指して『天上天下唯我独尊』と云われた、と伝えられています。

「世界で自分ほど偉いものはいない」と解釈されている方が少なくありません。

しかし、それはありえないことです。

天上天下唯我独尊』はいまもって謎ですが、ブッダの歩まれた道の軌跡から本当の意味を読み解きます。

根源的ないのちのネットワーク

37兆のネットワーク

唯、我、独、尊・・・・この言葉の意味が理解されないまま、短絡的な解釈で理解されている方がたくさんいます。

虫のいのちにさえ、人間同様に尊厳を持って接するブッダに「この世で一番尊いのは自分である。」「世界で自分ほど偉いものはいない」なんて発想があるわけがありません。

虫や植物、動物、いのちあるものは、それぞれが宇宙を持っています。
いのちとは宇宙そのもの、誰も他者のいのちに入ることはできないし、自分のいのちから出ることもできません。

一人一宇宙、だけど繋がって大宇宙

システム思考

人は一人一宇宙です。誰も入れなし出ることもできません。

それぞれのルーツを辿れば親・祖父母・・・・・・ひとりのいのちは膨大ないのちの産物だと分かります。他者も同じです。

  • いのちは「因=果」「縁=起」のつながりです。
  • 様々な事象も「因=果」「縁=起」のつながりです。
  • 人の身体は37兆の細胞からなる「因=果」「縁=起」のつながりです。
  • 一人一宇宙だけど、「因=果」「縁=起」のつながりで大宇宙を形成しています。本質に連鎖することが私たちの暮らす世界のシステムの本質です。
システムを機能させるエネルギー、智慧が「自利利他」です。
天上天下唯我独尊』を「自利利他」を本質にして観察すればどう見えるか、そこに『天上天下唯我独尊』の 真の意味があります。「自利利他」は、自分が努力することで自分が利益を得るだけでなく、 他の人に利益もなるという意味です。

天上天下唯我独尊』とは、、能力、学歴、地位、名誉、財産などを超えて根源的ないのちを尊びということではないでしょうか。

天上天下・・・・つながって(大宇宙を形成して)
唯・・・・ただ存在するだけで(つながっている)
我・・・・根源的ないのちは(一人一宇宙は)
独・・・・それぞれ(出ることも入ることもできない)
尊・・・・尊い(それだけで価値がある)

関連用語

まとめ

「諸行無常」という真理があります。この世界で変わらないことはありません。
システム思考は一過性の状態に反応するのではなく、本質を見極めて性向をアプローチします。

人の身体は37兆のネットワークで構成されていますが、すべてのことも同じく因果の積み重ねです。真の対策をするには本質を読み取ることが欠かせません。

天上天下唯我独尊』になりきる学びを日常的に積み重ねることが欠かせません。

ブッダに学ぶシステム思考「随処主となれば」
随処主となれば・・・自分が自分の思考、感情、感覚に使われず、自分が思考、感情、感覚を支配し、使いこなし、主体的、積極的に行動する・・・・一時的な主人公ではなく、永続的な主人公になることをめざします。
ブッダに学ぶシステム思考「十二縁起」
『無明(むみょう)』を、なくさない限り、親や先祖の『無明』が、子や孫へと受けつがれ、十二縁起によって、いつまでも、束縛やとらわれから、離れることも逃れられず、負の循環を継続して死に至ります。私たちはファイナンシャルプランニングを目標に、子や孫へ受けつがれるエンドレスにワンダフルな仕組みをご提案フォローします。
ブッダに学ぶシステム思考「三十七菩堤分法」
三十七菩提分法(三十七道品ともいいます)は、原始仏教(小乗仏教)で説かれた修行体系です。「三十七菩堤分法」の目的は「自灯明、法灯明」を具現化するための七科総計37種類からなる研修トレーニングです。
ブッダに学ぶシステム思考「八正道」
100年時代のエクスプローラー期(=自分発見期間)に自分がやりたいことを見つけると、時間が有効に使えて自分の人間力、スキル獲得に集中・継続できます。 「八正道」は「三十七菩堤分法」のひとつです。 「三十七菩堤分法」とは、お釈迦さまが...
ブッダに学ぶシステム思考「重閣講堂」
釈尊(お釈迦様)が35歳のときに仏(仏陀)という大宇宙最高の悟りを開かれてから、80歳でおなくなりになるまでの45年間に蓄えられた知恵(教え)です。弟子とは、師が進んできた道を追体験することで、得る立場にある人を指します。現代を生きる私たちも「釈尊の弟子」として最高の境地に到達できるのです。
ブッダに学ぶシステム思考「四念処(四念住)」
ブッダはシステム思考に徹しています。理由は「因=園=果」がシステムそのものなので、対抗するにはシステムが効果的なのです。仏教とは、想像以上にポジティブな教えではないかと思います。
ブッダに学ぶシステム思考「自灯明、法灯明」
「自灯明、法灯明」はお釈迦様の遺言とも言うべき重要な言葉です。 この言葉の意味を理解すれば「仏教」が宗教ではなく、哲学さらに心理学であると思うでしょう。 自灯明、法灯明 ただ誰かから聞いたからといって、それを信じるな。 ...
ブッダに学ぶシステム思考「天上天下唯我独尊」
「諸行無常」という真理があります。この世界で変わらないことはありません。システム思考は一過性の状態に反応するのではなく、本質を見極めて性向をアプローチします。人の身体は37兆のネットワークで構成されていますが、すべてのことも同じく因果の積み重ねです。真の対策をするには本質を読み取ることが欠かせません。
「三十七菩堤分法」でマインドフルネスを実践
「三十七菩堤分法」とは、①四念処(四念住)②四正断③四神足④五根⑤五力⑥七覚支⑦八正道以上、七科総計37種類の修行方法です。三十七菩堤分法」の中にマインドフルネス瞑想はここから生じています。キスの味がいままで以上に感じられるようになるのがマインドフルネスです。人生がこんなにも楽しかったのかと体感できるのがマインドフルネスです。ようこそマインドフルネスの世界へ

LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談

人生100年時代のマインドフルネス実践講座

マインドフルネス実践講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました