ひとり会社

ひとり会社

ひとり会社の矜持・社長の労働時間に価値はない

ひとり会社の社長にも矜持があります。「社長の労働時間には価値がない」を信念にしていますか?では社長はなにに貴重な時間を使えばいいのでしょう。アップルウォッチに聞いてみませんか。スティーブ・ジョブズならなんと答えてくれるでしょうか。おそらくジョブズ氏は、白いアップルウォッチを見ながらOKサインを送ってくれるでしょう。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】気づきの法人税と事業税

法人税(法人税等)は3つの税金で構成されています。それぞれに特徴があります。「法人税と事業税って二重取りではないのか?」と疑問を持つ方もいたと思いますが、違いを理解していただいたでしょうか?ひとり会社を起業して、初めての法人税納付をする場合のために、マインドフルネスな対策をぜひ理解して成長にのお役に立ててくださいね。
ひとり会社

自灯明でティッピングポイントをめざす5つのマインドフルネス思考

100年生きてもないものにはなく、10年生きてあるものにはあり。ティッピングポイント、涅槃静寂は自らが引き寄せるものです。マインドフルネスな人とは、そんな人ではないでしょうか。うまくいかないと嘆いている面白みのない人たちと「どうしたらうまく行くか」に没頭している「一切皆苦」「諸行無常」を楽しむ痛快でマインドフルネスな人。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】断捨離は感情にしっぺ返しされる

ミニマリストも断捨離も感情の精算。感情を決意すればするほど煩悩になって苦しめます。やがて「決意」から逃げ出したくなります。決意に追われてしっぺ返しをうけることになります。感情と行動を切り分けて、生きるとは行動と位置付けて、100年ライフは気軽に気長がいちばんです
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス 】円相~正しい仕事は円になる

「円相」は「一円相」と書いたりしますが、円とは宇宙の究極の姿に似て、足りないことも、余ることもなく、すべて満たされて完結していることを意味します。正しい仕事は必ずアートのように美しい円になります。(=システム思考が機能した状態です)円になる価値観を創造するには、「諸行無常」「一切皆苦」を楽しむ能力、マインドフルネスを楽しめる能力が効果的です。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】モチベーション6つのSTEPを歩まない

心幹を鍛えていれば、モチベーションは身近にあります。モチベーションが身近にあれば、マインドフルネスになり、マインドフルネスであれば『STEP 3. 準備の段階 (達成したい)』は自然にもたらされます。自分の自然な気持ちが、フロー状態になり、関わる人と繋がり宇宙を形成していきます。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】10のライフスキルとスペシャリストのスキル

ライフスキルは、人間力、つまり世界中どこに行っても使える内的な力、専門スキルは外的な力と分けられるようです。人生100年時代は無形資産が重要と言われます。専門スキルを軽視するわけではありませんが、スペシャリストとしてのスキル、ネットワークを作るスキルを育むためにもライフスキルは大きな意味を持ちます。
ひとり会社

【ひとり会社】インセンティブとモチベーションの微妙な関係

モチベーションとインセンティブの関係は微妙です。質のよいインセンティブとは、マインドフルネスなインセンティブです。マインドフルネスなインセンティブとは、「主体性」を引き出し、さらに育んでくれるものです。人を高めるインセンティブです。
ひとり会社

【ひとり会社】目標達成の道筋。その満足度と難易度

3つの目標設定があり、数値に気を奪われますが、数値そのものより、数値に対する感覚。その満足度と難易度さらに達成に対する心理状態が影響します。心理状態は、風のようなもので、吹き方次第。ひとり会社なら「気分」大企業ならコミュニケーションで変わります。その点も数値に織り込むようにします。しかし障害となることを全部取り除く、対策も準備しておくことは必須条件になります。
タイトルとURLをコピーしました