ひとり会社

ひとり会社

PDCA をシステム思考で回すマインドフルネスなリーダーシップ

『PDCA をシステム思考で回すマインドフルネスなリーダーシップ』とは、因果関係を深い洞察ができることが条件です。因果関係を深い洞察ができるようになると、「自我」が、自然に消えてしまい「無我」の状態になります。「無我」になれない場合は、因果関係が捉えきれていないことに気づきます。ここがシステム思考のポイントです。決して人のせいにしないことが大切だと判断できるからです。
ひとり会社

ひとり会社の社長が「資金繰り」に時間を使わない4つの鉄則

会社の資金繰りは社長の仕事です。この意見に異論のある人はいないでしょう。しかし優先順位のトップでも、建設的な仕事ではありません。 だから資金繰りに時間をかけないようにします。そのためにシンプルで身軽な経営を心がけるには、まず入金日と支払日の差にゆとりがあることです。さらに4つの鉄則を遵守します。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】クローゼットをオフィスにする

100年ライフのひとり会社は、5つの戦略と4つの真理で、自由自在。私たちは、知らず知らずに自分を阻害して、自分を見えないようにしているのです。自分が見えなくなるほど、ストレスは強くなり、感情的になります。この罠にはまらないようにマインドフルネスで、あるがままの自分を受け入れて、注意深く、主体的に積極的に生きます。
ひとり会社

やる気の出るマインドフルネスな「ひとり会社」の作りかた

こんにちは、人生100年時代の「マインドフルネス実践講座」のコーチ、ゲンキポリタンです。 ここでは、PDCAを回す意欲が乏しいとお嘆きの方、「やる気の出るホームオフィス」一般のオフィスに見られる「やる気...
ひとり会社

やる気の出る「ひとり会社」の解っているけどできない悩み

【やる気の出るホームオフィス】に エゴグラム(上記の図)で自分を知り、自分がどのようなコミュニケーションをしているか、知ることは、自分を改革するを力を引き出す最初の一歩です。 自分の歴史を知る絶好の機会になります...
ひとり会社

やる気の出る「ひとり会社」の自己改造

現状のエゴグラムを見るだけでは単なる情報止まりです。 こうありたい自分のエゴ グラムを想定して、現実の自分にすることにエゴグラム作成の意義があります。 先に示したようにエゴグラムは次のように4つ用意しましょう。 •...
お金の運用

ひとり会社は大人の宝島。4つの無形資産でお金を増やす5つのステップ

ホームオフィスとは、業態的には小規模ながら家(またはレンタルオフィス)で、たとえばITを武器に事業展開を進める「スモールオフィス」のこと。「SOHO」(Small Office, Home Office)とも呼ばれますよね。ノマドワ...
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】ミニマリストなホームオフィスに賛成する理由

個人事業主が増えています。今後ますます増えるでしょう。 生産性は低く、生活も厳しいのが実態です。 経済評論家は日本の生産性が低いことを指摘しますが、個人事業主が法人化するとますます低くなる可能性があります。 個人事業主にとって国レ...
ひとり会社

ラケット・アサーティブ・マインドフルネス

感情と行動は別物です。無力な子どもが使うラケットは、感情に行動を乗せて、相手の感情に訴えて行動させます。支配が隠されているので大人も使いますが、良い結果にはなりません。アサーティブは、感情と行動を切り離します。嘘がなく誤解を招かない爽やかなコミュニケーションを可能にします。マインドフルネスは、感情と行動は切り離します。
ひとり会社

モノがなくシンプルでシャープなマインドフルネスなひとり会社の見本

整うことへの執着や整わないことへの不満があれば、すぐさま嫌な気分になります。整うことへの執着や整わないことへの不満はどうでもいいこと。こだわりを手放していくと「こうなりたい」「ああなりたい」と入れ替わるように、いま、ここ、この瞬間を、主体的に積極的に、注意深く生きるあるがままの自分とフローの瞬間が舞い降りてきます。
タイトルとURLをコピーしました