マインドフルネス

システム思考

ブッダに学ぶシステム思考「三十七菩堤分法」

三十七菩提分法(三十七道品ともいいます)は、原始仏教(小乗仏教)で説かれた修行体系です。「三十七菩堤分法」の目的は「自灯明、法灯明」を具現化するための七科総計37種類からなる研修トレーニングです。
システム思考

ブッダに学ぶシステム思考「八正道」

100年時代のエクスプローラー期(=自分発見期間)に自分がやりたいことを見つけると、時間が有効に使えて自分の人間力、スキル獲得に集中・継続できます。 「八正道」は「三十七菩堤分法」のひとつです。 「三十七菩堤分法」とは、お釈迦さまが...
マインドフルネス

ブッダに学ぶシステム思考「四念処(四念住)」

ブッダはシステム思考に徹しています。理由は「因=園=果」がシステムそのものなので、対抗するにはシステムが効果的なのです。仏教とは、想像以上にポジティブな教えではないかと思います。
システム思考

ブッダに学ぶシステム思考「十二縁起」

『無明(むみょう)』を、なくさない限り、親や先祖の『無明』が、子や孫へと受けつがれ、十二縁起によって、いつまでも、束縛やとらわれから、離れることも逃れられず、負の循環を継続して死に至ります。私たちはファイナンシャルプランニングを目標に、子や孫へ受けつがれるエンドレスにワンダフルな仕組みをご提案フォローします。
システム思考

ブッダに学ぶシステム思考「自利利他」

自利利他とは、自分が努力することで利益を得るとともに、 他の人に利益になる。システマチックな効果が魅力の自利利他。社会起業家に欠かせないポリシーです。コロナ騒動で傷ついた世界は、二度とコロナ騒動前に戻らないでしょう。戻すべきではないと思います。そのためにも自利利他を広げていきたいですね。
マインドフルネス

ブッダに学ぶシステム思考「自灯明、法灯明」

「自灯明、法灯明」はお釈迦様の遺言とも言うべき重要な言葉です。 この言葉の意味を理解すれば「仏教」が宗教ではなく、哲学さらに心理学であると思うでしょう。 自灯明、法灯明 ただ誰かから聞いたからといって、それを信じるな。 ...
マインドフルネス

もともとのいのちに寄り添い5つのメリットを育むマインドフルネス

マインドフルネスは思考や感情を止めるものではなく、思考や感情が流れる川の流れも止めるものではありません。本質に寄り添うことで生じるメリットは100年時代の無形資産(活力資産・生産性資産・変身資産・パートナー資産)と金融資産を育む力を得ることです。
マインドフルネス

外出自粛を最高の期間にする5つのマインドフルネス発想

「あるがままの自分」という言葉をよく使いますが、「あるがままの自分」は表現だけで、「あるがまま」と「自分」は別です。その意味をご説明します。
マインドフルネス

マインドフルネス瞑想で効果を出す5つの質問

マインドフルネス瞑想の効果を出すには考えすぎないことです。なにより期待を一切しないことです。マインドフルネスは「もの」でも「こころ」でもなく「できごと」です。「状態」を整えることが「体験」のグレードアップにつながります。人生に似ていますね。
ファイナンシャルプランニング

瞑想するときの身体と心の姿勢。7つの重要ポイント

マインドフルネス瞑想のポイントは緊張と緩和です。緊張と緩和は、ワンセットです。身体も心もバランスが大切です。リラックスするために姿勢にこだわり、力を抜く。学業も仕事も恋愛もみんな同じです。瞑想はすべての基本なんですね。身体の姿勢、心の姿勢を基本から整えて。くつろぎましょう。
タイトルとURLをコピーしました