マインドフルネス

システム思考

ゴエスで人生はエンドレスにワンダフル

人は概ねエンドレスにワンダフルでない人生に行き着いてしまいます。心と身体の十二縁起によって、宿命的にエンドレスのワンダフルでない人生に惹きつけられます。これを防いであげられるのが、母親であり、母親(妻)を支える夫の役割です。子育てです。ゴエスでするマインドフルネスな子育てをご紹介。
マインドフルネス

マインドフルネスで知る諸法無我と十二縁起

「十二縁起」とは12の因果関係を説明したもので、誕生に至るプロセスからはじまり死に至ります。12の縁起(原因と結果をつなぐ縁)の過程で「執着心」が生まれる因果があります。これを避けるのが教育です。教育とは育むことを教えることで、自分で自分を育めることを教えて、そのチャンスとヒントを与えてあげることです。すなわち「諸法無我」へ誘導します。
マインドフルネス

生産性の高い家族を育むマインドフルネスな子育て

生産性=お金ではなりませんが、生産性の度合いを計測しやすい根拠です。安心・安全に暮らせる社会=生産性の高い社会。同じことはそのまま家族に当てはまります。親が理想のメンターになると生産性は飛躍的にアップします。家族が安心して安全に暮らせる子育てはエンドレスにワンダフルです。エンドレスにワンダフルになる秘訣をお伝えします。
マインドフルネス

マインドフルネスと8つのメカニズムで②自分に気づく。

「生きることは苦行ではなく、遊びなのだ。シンプルに賢く生きてさえいればいい」キーワードは「賢く生きてさえいれば」です。つまりなにが自分の幸せか、自分が何者か、という2点を「最高の技術」で実行していることです。誰もが思っている自分とは「感情」のことで、自分は因果関係の一部、つまりネットワークの一部です。
マインドフルネス

マインドフルネスで①幸せ(=Force)に気づく。

幸せというと私たちは物的なものや事象に置き換えてしまいます。 「もともとのいのち(=根源的ないのち)」は、そういう幸せを求めているでしょうか? 「もともとのいのち(=根源的ないのち)」とは「生きたい」と思っている「生命力」です。 「生命力」は無知です。この生命力を大切にしてあげるとしたらどうしたら良いと思いますか?
マインドフルネス

6つの気づきとひとつの行動で進化するマインドフルネス。

マインドフルネス瞑想でいう気づきとは、すでに自分の内側に揃っている幸せ(=JOY)に気づくことです。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】PACのバランスを整える処方箋

人には5つの心があります。親(parent)の心。大人(adult)の心。子ども(child)の心。人によって成育環境が違うので、5つのP.A.Cのバランスが違います。バランスが悪いと、生きずらさにもなります。「ひとり会社」の場合、致命傷になります。PACのバランスを整える処方箋をお伝えします。
ひとり会社

ライフスキル・境界チェック・4つの真理・マインドフルネス

幸せ(=JOY)は自分の内にすでにあります。自分の外側に求める習慣をやめて、自分の内に求めるとライフスキル(=EQ)は育ちます。 育つほどマインドフルネスになります。マインドフルネスになればなるほど幸せ(=JOY)はいっぱいになります。もうなにもいらないと心から思います。静かが最高と思うようになる100年ライフスキル。
ファイナンシャルプランニング

新NISA(ニーサ)11の特長とマインドフルネスなライフプラン

新NISA(ニーサ)は「令和2年(2020)度税制改正大綱」で大綱としてまとめられた段階です。2020年の国会で正式決定される予定の段階ですが、実質的には「ほぼ決定事項」と見ていいので、メディアで報道もされています。ライフプランに取り込む「新NISA」11の特長をご紹介します。
マインドフルネス

事例で考えるマインドフルネスなリーダー像

こうありたい自分のエゴグラムを作り、現実の自分にすることにエゴグラム作成の意義があります。しかし落とし穴はここにあります!自己否定がプラスになることはありません。自分はダメだからあの頂上に登るというのは、拷問でしかないのです。ますます「阿頼耶識」を強めてしまうからです。対策は「気にせず、マインドフルネスでいることです」
タイトルとURLをコピーしました