マインドフルネス

バスルームでは汚れる前にキレイにする習慣が心も身体も整える。

タオル、石鹸をお風呂場に置きっ放しにしていませんか?置きっ放しにすると、ぬめりが発生して菌も発生しやすくなります。お風呂から出る時には、一緒に持って出る習慣をつけ、蛇口やガラスもきちんと拭きます。お風呂場には必要最小限を心がけます。バスルームでは静かに水を節約する習慣がマインドフルネスを磨きます。
マインドフルネス

断捨離不要。マインドフルネスで金のなる木が育つ5段階トイレ掃除術

マインドフルネスも、うつも、病も、お金も、愛情も、勝手に育ちません。因果必然、なるようにしかなりません。なるようにしかならないというのは、自分勝手な思い込みの道理やるからです。すべはは因果必然、大宇宙の道理で育てましょう。断捨離不要、ゴエスの5段階で金のなる木も育つトイレ清掃術の道理をご案内します。
マインドフルネス

断捨離不要。5つのSで片づけてマインドフルネスな日々にする方法

断捨離はする必要がありません。マインドトークの一因になるだけなので気をつけましょう。マインドフルネスになれば、お部屋は自然に片づき居心地のよい場所になります。マインドフルネスになるには「因果必然」の四文字を腹の底の底に落とし込みましょう。 腹の底の底に落としこむには、ひたすら実践で繰り返すだけです。
マインドフルネス

慈悲で本性に戻る究極のマインドフルネス3ステップ

いまここ、あるがまま、なりきった「慈悲のシステム」は、無分別智から始まります。慈悲は、100年ライフを生きる智慧とエネルギーとなり、エンドレスにワンダフルな旅をループします。慈悲の心は何もせず放っておいて生まれてきません。自らが育てていくものです。育て方が3大基本「無我・縁起・慈悲」に集約されます。
マインドフルネス

縁起でマトリックスな世界をマインドフルネスで是正、本性強化

子どもと違い、大人は縁起で自分が作り出した物語で生きています。発端は1.5歳までに決意した対人関係の構え。根本執着心となり、これを繰り返し使えば正しい認知が不可能になります。このままでは自由で豊かな100年ライフを生きることは困難になります。マインドフルネスが縁起の人生脚本を是正、本性を強化します;
マインドフルネス

3大質問で知るマインドフルネスな「もともとのいのち」トリセツ

エンドレスにワンダフルに生きるための大基本である『私は誰?」「なぜここにいるの?」「どのように生きればいい?」3つの質問から、「私は誰?」自分の物語に入ると、子どものようの、いまここにいまここになりきって過ごすことで、執着心、愛着を知る前の「もともとのいのち」を生きることができます。
システム思考

特別な一日。日本代表。

「特別な一日」とは、マインドフルネスな一日、ドキドキは、あるべき自分になるファンファーレに過ぎきません。「特別な一日」は、この先が重要(本体)。マインドフルネスとは、囚われを脱して自由な境地で過ごす特別な一日。「全力少年・全力少女」を裏で支えているのがシステム思考。全体を頭ではなく身体でつかむ天才。
マインドフルネス

禅語「直指人心 見性成仏」で人生、いちばんの宝物に気づく

直指人心と見性成仏は、それぞれ独立して使われる機会の多い禅の言葉ですが「直指人心、見性成仏(じきしにんしん、けんしょうじょうぶつ)」とまとめた方が理解しやすいです。私たちの想いは言葉や文字を超えているのに閉じ込めて暮らしています。ここでは直指人心見性成仏の意味を通じ人生に宝物に気づいていただきます。
マインドフルネス

マインドフルネスで変わる重要な5つのこと

マインドフルネスでなにが変わるのか見ていきます。ここでは人生が変わることをお伝えします。テーマが大きいのでその一部しかご紹介できませんが、マインドフルネスによって気の滅入ることや腹立たしいこと、我慢でなく受け入れることで「これも人生の味わいのひとつ」と感じることができるようなります。
マインドフルネス

標準的なマインドフルネス瞑想、7つの手順

標準的なマインドフルネス瞑想の7つの手順の重要ポイントを要約すると、①背筋を伸ばす ②身体をゆったりくつろがせる。以上の2点になります。ここではより具体的に簡単で効果的な瞑想の手順と目的をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました