マインドフルネス

事例で考えるマインドフルネスなリーダー像

こうありたい自分のエゴグラムを作り、現実の自分にすることにエゴグラム作成の意義があります。しかし落とし穴はここにあります!自己否定がプラスになることはありません。自分はダメだからあの頂上に登るというのは、拷問でしかないのです。ますます「阿頼耶識」を強めてしまうからです。対策は「気にせず、マインドフルネスでいることです」
ひとり会社

ひとり会社の自然と心と方向性を整えるマインドフルネス

机の片付けと引き換えに「フロー(没頭)」の流れも片付けていないか、気をつけましょう。親が外から帰ってきた子どもに「なにをしていたの?」と聞くと、子どもは「なんにも」と答えます。実際は「あれも、これも、それも」なのですが、嘘ではなく「なんにも」なのです。どういうこと?正しくは「マインドフルネスだったので記憶にありません」なのです。
マインドフルネス

自動思考依存症をマインドフルネスで解決するメソッド

執着すればするほど、思いは叶わないという状態になります。自動思考も認知の歪みも、「ちゃんとしないといけない」「強くならなければ」に執着した結果です。原因は強すぎる「愛されたい」欲求です。マインドフルネスでは「なにかをしないと愛されない」思い込みを捨てることで愛される体験を実感してもらえます。
ファイナンシャルプランニング

相続税の仕組みと課税額計算の手順

相続税は、財産を相続した人にかかる税金です。 亡くなった人が持っていた財産から、非課税のもの、債務・葬式費用等を差し引いたものに対して相続税がかかります。ただし、相続税には「ここまでは相続税はかからない」という基礎控除があります。相続財産の課税価格が基礎控除額を超えると相続税がかかり、基礎控除額以下の場合には相続税はかかりません。
ファイナンシャルプランニング

自分の人生のある場所で暮らすための「配偶者控除」と「配偶者特別控除」

マインドフルネスに自分の人生のある場所で暮らしている人からは、誰も人生は盗めません。充実した100年ライフを過ごすためにお金は絶対大事。お金、時間、睡眠を疎かにする人は、絶世の美女であっても信用してはいけません。自分の人生のある場所で暮らすための「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の違いをご説明します。
マインドフルネス

マインドフルネス瞑想で「気づきの練習」を楽しむ

ストレスは自分が作り出しています。 脳に負担がかかる曖昧な一日を減らし、一日の質に影響を与える暮らし方は、自分のちょっとした意識次第です。お金も使わず充実した毎日が過ごせるので、浮いたお金を貯蓄&投資に安心なライフプランが設計できます。マインドフルネス瞑想で「気づきの練習」を楽しめるのでおすすめします。
マインドフルネス

マインドフルネスな子育て|子どもの気持ちになる

子どもは「どんな私でも変わらず愛してくれるか?」と問い続けます。人は「どんな私でも変わらず愛してくれるか?」と問い続けます。「マインドフルネスな子育て」では脳をクリアにして、「子どものときに、親に何をしてほしかったか」冷静に考えてみることに注目します。マインドフルネスが子育ての答えは自分の中にあることに気づきに誘います。
マインドフルネス

マインドフルネスで「あるがまま」につながる

こんにちは、人生100年時代の「マインドフルネス実践講座」のコーチ、コーナンダアNです。 マインドフルネスのいう「あるがまま」を受け入れるとはどういうことでしょう? 「自分があるがまま」かは、...
マインドフルネス

マインドフルネスを目標にしないでGo intoする3つのステップ

雑念をはらいたい、集中したいと思えば思うほど、できないのは、束縛してしまいます。そんな時は意識から離れて身体に集中します。呼吸する、瞑想する、体感すると束縛から解き放たれます。願いを手放すことで、願いは自然と叶います。3つのステップ(気づく、手放す、集中する)で Go intoします。つまり最初から自分の手元にあるのです。
マインドフルネス

マインドフルネスで自動思考を止める

自分が認知のあり方に間違いがあるとは思いませんよね。自分の知識や体験で積み重ねたことだと思い込んでいます。実際は、知識や体験で積み重ねたこと+思い込み=自分自身なのです。マインドフルネスは認知の歪みを発見して、矯正(認知の再構成)をすることで、生きやすくします。マインドフルネス実践講座お申し込み受付中です。
タイトルとURLをコピーしました