マインドフルネス

考えるな、感じろ。100年ライフは無意識にまかせる。

思考は言葉で行われます。思考は感じたことを制約する作業です。明確にできるので、自分にも他者にもわかりやすく伝えやすくなります。 欠点は、極端化してしまいがちです。白か黒。右と左。二分法的思考になる危なさがあります。しかし、気づきは違います。部分に特化せず、全体像をイメージでとらえあるがままを捉えます。
マインドフルネス

マインドフルネスで生きづらさの原因「潜在意識」を認識する

マインドワンダリングが強化され続ける人生で、ライププランやライフシフトを成し遂げることは不可能になります。本来取り組むことは知っているのに、できない(=しないだけですが)ので怒りを他者に向けて、ますますマインドワンダリングが強化され続けます。これをストップさせるのがマインドフルネスです。
マインドフルネス

「もともとのいのち」はどこに潜んでいるのか?

もともとのいのちは潜在意識の底の底。本性ともいいます。もともとのいのちを使うことはもともとのいのちを活かすこと。考えるより行動を優先して気づくこと。大事な場面で、自分には早く楽になりたいので、本心を無視して白か黒かを急ぐ癖があるのを認識して自分で幸せを妨害する癖を取り除くマインドフルネス習慣を身につけます。
マインドフルネス

特別な一日は当たり前の一日、「なりきる」毎日が物語になる。

特別な一日は、考えない一日。起床した瞬間から行動する一日です。いま、ここ、この瞬間になりきる。目の前に人がいたら目の前の人になりきる。
マインドフルネス

直指人心 見性成仏を実践するメリット

禅語「直指人心 見性成仏」は「もともとのいのち(本来の自分)」にあなたをつなぐきっかけになり、人生をエンドレスにワンダフルに道吹きます。具体的なライフプランの実現を可能にし、ライフシフトを容易にします。
マインドフルネス

人生100年時代をお祭りのように暮らすゲンキポリタン10の約束

ゲンキポリタンは24時間にこだわらず、暮らし、アート、仕事、趣味、遊び、性、年齢など、あらゆるカテゴリーを超えて、人生をお祭りのように生きる人のことです。何時であっても、いまここ、目の前のことにだけ集中すして、対象になりきる(=没頭する)。もともとのいのちを生きるために、ルーティンワークする人です。
ひとり会社

「ひとり会社」の人生を変える顕在意識と潜在意識のせめぎあいに勝つ

ひとり会社は孤独です。孤独はあり方次第で自分を蝕み、あり方次第で元気にもします。目標にかぶりつく「動機づけ(モチベーション)」次第。難しいことではなく、簡単なことから起こります。簡単だけどずっと使えて習慣化すると、気持ちも安定します。自律とは、自分で動機づけできること、自立はこの先にあります。ひとり会社の絶対条件をお試しください。
マインドフルネス

マインドフルネスの超極意であなたの全宇宙カタログを開こう

マインドフルネスあるいは禅は、難解そうに見えて、実はとてもシンプルです。アレコレ考えずに行動する。同じ要領で煩悩も手放す。ひたすら行動があるだけです。言葉を使って考えますが、言葉は所詮言葉です。真理は言葉の中にあるものではなく行動に宿っています。
ひとり会社

世界でいちばん面白い自分の働き方は自利利他

・世界でいちばん自分が面白い・自分と徹底的につきあうには、雇われない雇わない働き方が最適・人は一人一宇宙、自利利他を活かすネットワークで大宇宙・ライフデザインを人生に反映させるためにライフプランをしっかり組み立てる
マインドフルネス

丁寧に暮らすマインドフルネスなお掃除6つの鉄則

丁寧に暮らすことは若さの証明です。丁寧とは、なりきること、身体に心をこめて暮らすこと。マインドフルネスで、丁寧な暮らしは掃除からはじまります。習慣化するコツは、お金で買えない贅沢を体感すること。誰でも今日から始められる丁寧に暮らすマインドフルネスなお掃除の鉄則のコツをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました