マインドフルネス

マインドフルネス

マインドフルネスな恋愛で幸せを引き寄せる

誰かを好きになったとき、「私の幻想通りになってほしい」と思っていませんか?深く生きる、深く愛し合うために、マインドフルネス。つまり主体的に、注意深く、自分に気づき、相手に気づき、互いを大切にします。そのために決めつけない、思い込まないことが基本です。ありのままの自分と相手を受け入れるから、深く愛しあえます。
マインドフルネス

渇愛から自由になるアサーティブなマインドフルネス瞑想

渇愛から自由になるアサーティブなマインドフルネス瞑想は、いまここ、この瞬間。あるがままの私をそのまま受容し、自分がどうしたいのかに気づく。気づいたままに、自分を手放す。ただそれだけのトレーニングです。いつでもいまここ、この瞬間にできるように、ツールは「呼吸」だけOKです。呼吸だけで人生を変える力があります。
ひとり会社

やる気の出るマインドフルネスな「ひとり会社」の作りかた

こんにちは、人生100年時代の「マインドフルネス実践講座」のコーチ、ゲンキポリタンです。 ここでは、PDCAを回す意欲が乏しいとお嘆きの方、「やる気の出るホームオフィス」一般のオフィスに見られる「やる気...
マインドフルネス

人生100年時代のマインドフルネス実践講座

生き方の良いモデルをメンターにすることでワンダフルな暮らし方が継承できます。 人生はシステマティックなものであるという特性があります。 親から子へ、子から子へ、好循環が継承されると「エンドレスにワンダフル」は実現できます。 ...
マインドフルネス

マインドフルネスで「PDCA全速鬼回転」に大変身

「無邪気な子ども」が乏しい人に、PDCAは回せないと断言します。理由は失敗を嫌がるからです。失敗が嫌なら、念入りな準備をすればいいと思いますが、準備すら嫌がります。とりあえず形式的にやって終わりなのです。マインドフルネス研修では、この状態から連れ出し、自信に満ちたマインドフルネスな人に大変身を実現します。
人生100年時代のマインドフルネス実践講座

マインドフルネスにPDCA全速鬼回転

DCAそのものになりきった状態でPDCAを鬼回転すると、どうなると思いますか? ほとんどの人は、ここで選択を間違えます。 結果をだすことばかりに関心が高くなり、PDCAから遠のいてしまいます。執着心ばかり強くなり、全体像が見えなくなってしまいます。「システム思考」というほどではないにしても、因果関係は張り巡らされています。すべての関係を整えるのがPDCAwo円滑に回すコツになります。淡々とPDCAを回せるように慣れてくださう。
ひとり会社

【ひとり会社のマインドフルネス】ミニマリストなホームオフィスに賛成する理由

個人事業主が増えています。今後ますます増えるでしょう。 生産性は低く、生活も厳しいのが実態です。 経済評論家は日本の生産性が低いことを指摘しますが、個人事業主が法人化するとますます低くなる可能性があります。 個人事業主にとって国レ...
マインドフルネス

「マインドフルネス」のルーツ「八正道」で集中力をアップする

物事にはかならず「原因」があります。しかし歪んだ目で見ていては「正しい原因」を捉えることは困難です。正しい原因を捉えるには、自分のあり方を正さすことが先決です。四諦は、そのことを言ってますが、「八正道」の実践があって、四諦が理解できます。マインドフルネスが自分を育むます。マインドフルネスは生活の全ての場面で人間力を高めます。
マインドフルネス

認知の歪み「一般化のしすぎ」をマインドフルネスで是正する

認知の歪みのひとつ「一般化のしすぎ」を防ぐには、疑問を持って、適応化を探るのが鉄則です。「結果(現象)は似ていますが原因は様々」です。なので対策とは原因に打ち手を考えることなので結果に惑わされずに原因を究明(つまり本質)を発見します。結果を見て早々に原因を特定して対策を打ち出す人、カウンセラーがいるので気をつけましょう。
マインドフルネス

マインドフルネスで「自分」と「境界」に気づく。

こんにちは、人生100年時代の「マインドフルネス実践講座」のコーチ、ゲンキポリタンです。 「境界性パーソナリティー人格」という病気があります。 主な原因は親子の「愛着崩壊」によるものです。 どこ...
タイトルとURLをコピーしました