マインドフルネス

ファイナンシャルプランニング

人生100年時代のライフデザイン

人生100年時代のライフデザインをベースにしたライフプランをファイナンシャルプランニングするとき「幸福」のイメージが重要になります。飄々としながらも、マインドトークに無縁な幸福な生き方をライフデザインに取り入れたいですね。
マインドフルネス

マインドフルネスで原因(自分の歴史)を書き直す

人は人生早期(1.5〜5歳)に、人間関係の仕方を決断をして、人生シナリオを作成しています。人間関係はコミュニケーションの仕方と連動していて、人生の終盤に完成されるように見えます。実際には1.5歳のときに、人生のクライマックスはあるのです。すでにある原因を変えて結果を変えるのが「マインドフルネス」です。まるでSF映画のようですが、マインドフルネスにできることを説明します。
マインドフルネス

マインドフルネスな暮らし方

それがなんであれ、慣れるということはとっても大事なことです。早いというのは、結果を求めるには早いという意味です。 だから慣れるまで、落ち着いて慣れることに専念する。「いま、ここ。」この瞬間に絶え間なく働いている心の働きを集中させる。それ以上の動きを求めない。判断もしない。マインドフルネスな暮らし方は一歩、一歩、注意深く。
マインドフルネス

自分に気づくマインドフルネスと他人に気づく境界

私とあの人は別人である。境界を知ることは人生を劇的に変える可能性に満ちています。境界の外側に意識を集中せずに、内側に集中する。そこには大切な自分の人生の主人公がいて、真実の物語の本があります。たった一冊の本を開いて、一日の質に影響を与えること。それは最高の技術、マインドフルネスな一日の秘訣です。
お金の運用

人生100年時代のマインドフルネスなライフデザインで貯蓄&投資

濃密な100年と浪費の100年を思い浮かべてください。浪費の100年は依存まみれ。濃密な100年は自立した主体的な100年。ライフデザインの違いは、暮らしの違いになって表れます。マインドフルネスな人生100年は、お金の使い方、時間の使い方になって表れます。究極のライフデザイン「随処に主となる」は、お金の運用に滲み出ます。
マインドフルネス

マインドフルネスのルーツ〜「四門出遊」お釈迦様の出家

マインドフルネスは、プロセスの全記録のエッセンスをもとにしたトレーニングです。マインドフルネスは、お釈迦様がいちばん最初に説かれた、いちばん伝えたかった「四諦(したい)」、さらに入滅される前に説かれた「八正道(はっしょうどう)」がベースになっています。
マインドフルネス

集中できない自分をマインドフルネスでフロー状態にする7ステップ

集中できない自分をマインドフルネスでフロー状態にする簡単な7ステップで、自分の習慣を心地良いフローに変える事ができます。繰り返すことで、習慣になり、難なくフローに入れるようになります。あると思い込んでいた「能力の差」がないことに自然に気づき、人生に変化が生じます。
ひとり会社

1000万円を簡単に貯蓄できる8つ教えとマインドフルネス

1000万円を簡単に貯蓄できる8つ教えとマインドフルネス、そのポイントは「縁起」にあることです。原因=結果です。なにごとも自分ひとり、単体のできごとではありません。なので貯蓄ばかりを考えていても貯蓄はできません。お金に支配されている状態だからです。随所に主あれ・・・自分がなくて何の人生か。自分の宇宙を大切した暮らしが「あ〜。面白かった」という人生になります。
マインドフルネス

マインドフルネスには32の効能で人生を変える力がある

心に生じる苦しみは、すべて知恵の基礎です。苦しみにとらわれる、抑圧する、それらは結局、より多くの苦しみに発展します。しかし、心の苦しみは敵ではないことを受け入れることで、逆に支えになっていきます。苦しみは友達であり「一切皆苦」は「人生はジェットコースター」という意味です。マインドフルネスは人生100年時代を支えます。
ひとり会社

マインドフルネスで成果アップするミニマムなひとり会社

ミニマムライフ(minimum-life) ミニマムライフの目的はモノが少ないことではなく、集中できることです。 モノがあるのは便利ですが、そのためにかえって意識が散漫になる。 ノマドワークスの理由は、限られたモノしか持っていない...
タイトルとURLをコピーしました