100年時代の部屋と4つの無形資産を整える情報サイト

暮らしを整える習慣

カテゴリー

【SOHO特集】モノが少ないとSOHOはやる気になる

投稿日:2017年3月18日 更新日:

SOHO〜やる気の出るホームオフィス

SOHO〜やる気の出るホームオフィス

持たないミニマムライフなホームオフィスづくり

ホームオフィスほど時間を大切にしないと、いつまでも仕事が終わらない癖が身についてしまいま。
テキパキしてさっさと終えて気持ちのメリハリをつけたいものです。
そこでおすすめしているのが、ノマド感覚の持たないミニマムライフなホームオフィスづくり。

モノが少ないと頭はスッキリ、テキパキ快適に仕事ができます。

屋外で仕事をする人は、部屋にモノがたくさんあっても気にならないようです。
神経を集中する場所は部屋ではないからです。

しかし部屋で仕事をする人は、モノがないほうが集中できます。

何かを生み出すには何もないほうが集中できるので、生み出す力を使えるからです。

ノマドワークスの原点もそれだと思います。

カフェに行ってもなにもありません。仕方なしになにかに集中します。
自分の体験では、カフェは選びます。
人気のスターバックスでも店舗ごとに環境が違うので全店がノマドに適しているわけではありません。
いまではどんどん減少している気がします。

気が散る環境は人によって違います。一番手っ取り早いのは、仕事部屋の最適化につきます。

なにもない部屋は、ポジティブに減らしていくことで可能になります。

面倒なようでも、こまめな整理が一番大事です。

カフェではスペースに限りがあるのでこまめに片付けながら作業しているはず。
同じことです。

片付ける上で注意が必要なのが、収納スペースを増やさないこと。

収納が増えると、間違いなくモノで溢れてしまいます。

収納スペースがないと余分なものは「捨てる」しかなくなります。

捨てられない理由は「後で必要になるかもしれない」という不安。

「後で使うかも知れない」という不安。

不安に弱いほど、捨てられないのです。
その結果、情報も含めてモノが多すぎて探し物に苦労することになります。

同じことはテキストデータ、画像データにも通じています。

「整理できない不安」「快適に働けない不安」を考えないのが不思議なのですが(笑)

ホームオフィス

ミニマムライフなホームオフィス

書類もノートも本も雑誌もスキャンして保存

相手に返送する書類は返送するまで保管することになりますが、それ以外の書類はノートも含めてスキャンして保存すれば片付きます。
スキャンするのは安心のため。しかし本と違いスキャンした書類はあまり見ないように思います。

本は1回しか読まないものは売ってしまっても問題ありません。
繰り返し読む本はスキャンしてiBooksなどクラウドに保存しておくと、待ち合わせのときでもiPhoneでも読めるので便利です。

ホームオフィス

ミニマムライフなホームオフィス

ショップマートワン

ショップマートワン



人気記事

スリープアスリートの片づけ術 1

目に見えないストレスは、あなたのなかに住み着いているので、時空を超えて突然やってきます。 自分でも何がなんだかわからないので、イライラします。 でも、大丈夫!ここでは即効で楽しめる「おもてなし」の心の ...

部屋が片付かない人 2

部屋が片づいていないと落ち着きません。 落ち着かない・・・・心が安定しない 心が安定していないから、部屋が片づかないのです。 部屋は鏡なんですね。 いらないモノに囲まれていると、大事なものがどこにある ...

ベッドの買い換え 3

https://www.pinterest.jp/pin/653022014694047400/ 捨てられないで困っている方は多いですよね。 なぜでしょう? 当然です。 働いて買ったものばかりです。 ...

幸せとは影のように自分から離れないモノ 4

整理収納、整理整頓・・・でよく耳にするのが、「行政執行でゴミ屋敷を片付けた」的に、困った子が老いた親の住処を片付けたという話。 理由はありますね。 しかしモノとの付き合い方としては、急激にモノが減る( ...

ミニマムライフ 5

整理収納を考える上で、重要なモノと人との関係を図のように、あらわしました。 整理収納を具体的に整理する上で、4 つの区別をつけて考えてみたいと思います。   4つの区別とは、 使用頻度の高い ...

-SOHOホームオフィス, ショップ
-,

Copyright© 暮らしを整える習慣 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.