100年時代の貯まる人の整え方

暮らしを整える習慣

カテゴリー

マインドフルネス

マインドフルネスで解決する六大煩悩と禁止令の束縛

更新日:

LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
おもてなし

この記事はこんな方におすすめです。

 

  • 禁止令に悩んでいる方
  • 人生100年時代にのびのびとやりたいことをやりたいと、考えている方
  • 怒りっぽい方
  • 自己否定感が強い人
  • 依存症の傾向がある人
  • 家族との関係が悪い人

禁止令は、阿頼耶識(あらやしき)と言われる深層心理の底にある意識です。
禁止令は、保護者によって植えつけられた「良心」です。

しかし、その良心は、保護者の主観で命じたことなので、必ずしも正しいものとは限りません。

たとえば男の子に「男であるな」という命令が下され、潜在意識に深く刻まれると、男の子は自分の願望と葛藤することになります。

「健康であるな」と命じられた子どもは、おとなになっても不摂生を行うでしょう。

「成長するな」と命じられた子どもは「大人になることを悪いことだと思い込みます。

このような禁止令は、ほとんど記憶されていないので、人生でつまずいても、どう改善したら良いのかを、間違った知識を取り入れて人生を間違います。

仏教では、知識として身につけていても役に立たないだけでなく、逆に悪い影響を与えてしまうと注意を促しています。仏教では実践がすべてなのです。

マインドフルネスも同様です。

マインドフルネスでは、以下の図にある「八識」を含めいくつもの課題を乗り越えて、自分の心と身体を整えます。
自分の心と身体を整えることで、人生が整ってきます。

また「十牛図」の6枚目までをご紹介しています。
「十牛図」は、真の自己を発見するプロセスを10枚の絵で表現したものです。

ここでは、スティーブ・ジョブズ氏の生き様を例にとって、真の自己を発見する下りまでをご紹介しています。

深層心理〜阿頼耶識

一瞬をおもてなし。

超意識

過去、現在、未来。

時の空間をどう考えるかは、人それぞれの自由ですが。過去、未来は実存する説があります。
実際はどうなんでしょうね。

大ヒットした映画「君の名は。」は、3年の時の隔たりを描いていましたね。自分をノアの箱船にして3年前に戻し好きな人を救おうとする。。。。時間については諸説ありますが、誰にも解明できていません。

しかし、1秒ごとにいまは過去になり、未来を迎えます。私たちが実在していると感じられるのは一瞬、一瞬です。

この一瞬をどう生きるかがすべてです。

つまり「一瞬のおもてなし」がすべてなのです。

一瞬を丁寧に。

マインドフルとは「心が満ち足りている」こと。

心が満ち足りている

「マインドフルネス」マインドフルとは「心が満ち足りている」ということ。

この状態を「幸せ」と言います。

マインドフル(心が満ちた)な状態にするために、自分の外のなにかに依存する必要はなく、自分の内に、全部備わっています。

人はみんな裸で生まれてきたのですから、裸の自分に全部備わっています。

「マインドフルネス」の目的は、「心が満ち足りている」一瞬を実感、自覚して会得することです。

欠乏感が人生を複雑にする

アルコール依存症

満ちていない、欠乏感があると、満たそうとします。

いちばん手近な方法が「飲食」です。

アルコール、辛味、甘味・・・刺激的であればあるほど満たしやすいので、好まれます。

全部、一瞬のことで、錯覚ですから、満たされることはありません。

それに傾倒することは「狂気」です。

世の中の多くの経済活動は、快感と装って狂気に誘い込みます。

昔、イギリスと清(中国)の間で阿片戦争がありました。麻薬ビジネスで戦争になるのだから凄いですね。

阿片戦争 [DVD]

マインドフルネスでおかしくなった?

マインドフルネス

マインドフルネスを採用した企業では、人に目覚めて企業人から脱落する人が増えています。
矛盾に耐えられなくなるようです。これは理解不足です。

禅に打ち込んで精神異常になった人もいます。これも同じではないかと思います。

 

「一瞬をおもてなし」することで「エンドレスにワンダフル」

マインドフルネスでエンドレスにワンダフル

 

一瞬をおもてなしすることでエンドレスにワンダフルとは、どういう意味でしょう?

一瞬を心ここにありの状態で、大切に過ごすことで、満ち足りた状態にする

満ち足りた状態で過ごせば、ネガティブな負の循環ではなく、穏やかな「縁」が形成できます。

ネガティブな負の循環とは、夫が妻を虐待する、その妻が夫と一緒になって子を虐待する。子どもは成長すると同級生をいじめる。

いじめた子どもは、やがてパートナーと子どもを虐待する。いじめられた子どもも、パートナーを虐待し、子どもを虐待する。

怒りの連鎖は止まりません。

人生をエンドレスにワンダフルにするには、ちょっとした意識の改善です。

  • 「私の妻」ではなく、「妻の私」。
  • 「私の子ども」ではなく、「子どもの私」。
  • 「私のあなた」ではなく、「あなたの私」。
  • 「私の社員」ではなく、「社員の私」
  • 「私のいま、ここ」があるのではなく、「いま、ここの私」。どうでしょう。

『「私の社員」ではなく、「社員の私」』で、いまの社会をみていただくと、現実が見えるのではないでしょうか?

「一瞬をおもてなし」することで「エンドレスにワンダフル」

六大煩悩

一瞬をおもてなしすることでエンドレスにワンダフルとは、どういう意味でしょう?

一瞬を心ここにありの状態で、大切に過ごすことで、満ち足りた状態になることができます。

満ち足りた状態で過ごせば、六大煩悩にまみれることなく、出会う人々との関係も穏やかな関係が築けます。

しかし、欠乏感があると、六大煩悩とは、貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)・慢(まん)・疑(ぎ)・悪見(あっけん)という、6種類の煩悩です。

実は、最初の3つである貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)は「三毒」と言います。
それに後半の3つである慢(まん)・疑(ぎ)・悪見(あっけん)を足して「六大煩悩」と言われています。

「貪」と「瞋」の切っても切れない関係

最初の三つから「貪」と「瞋」ですが、「貪」とは貪ること。「瞋」とは「怒る」ことです。
この2つは強い因果関係があります。

「貪(とん)」は貪欲(とんよく)です。

欲は誰もが持っていますが、欲が過ぎると、周りから見ても気分が悪くなるものです。
欲にもいろいろありますが、承認欲求が強いとどうでしょう。

その背景には「自己否定感」があります。「自己否定感」は思い込み、決めつけですから、他者が解決できるものではありませんが、自分で解決しようとしないので、いつまでも解決できません。

そこで人の優位に立つ何かを探して自慢します。

虐待の根本もそうです。

幼児より親の方が優れていて当然ですが、幼い子どもを叱りつけて満足を得ようとします。

しかし、子どもを痛めつけて満足できないので、いつまでも続きます。

程度の違いこそあれ、この仕組みは「依存症」のすべてに通じる論理です。

怒り

怒りのコントロールはアンガーマネジメントとマインドフルネス効果で解決

「貪り」を解決する方法が「怒り」です。

怒り

 

いくら怒っても解決しませんが、怒っている最中は興奮しているので、気分が高揚します。
高揚感が貪りを刹那的に忘れさせてくれるのです。

貪り、怒る土壌には、自分」と他者を分けて認識する二分法思考があります。

  • 自と他
  • 善と悪
  • 有と無
  • 生と死
  • 好と嫌

「自他対立」の根本が二分法思考です。

二分法思考は、完璧主義の土台になっていて人を苦しめます。

「ライフスキル研修」では、人間関係の仕方として以下の4つを挙げています。

  • 自己肯定・他者肯定
  • 自己肯定・他者否定
  • 自己否定・他者否定
  • 自己否定・他者否定

人間関係の仕方は4つありますが、「自己肯定・他者肯定」以外は全部自己否定が基本です。

六大煩悩をなくす方法は、二分法思考を止めるしかありません。

貪る習慣が止まらない

三毒


心が平静なとき、「自己肯定・他者肯定」の構えをとることができます。

しかし、承認欲求が満たされず、怒りがこみあげてくると、自己否定感が強まります。

承認欲求が出てきた段階で、すでに二分法思考に陥って、自分と他者を分けているのです。

二分している、つまり対立的になっている自分に気がつくことができれば、ニュートラルな状態に戻れます。

『私は私」「あなたはあなた」と違いの違いを肯定できると、清々しい関係が築けますが、貪る習慣があると、怒りに突入して、ドロドロしたものになります。

怒りは刺激があるので、快感なのです。快感を貪る日頃からの「心の癖」を停止できないのです。

マインドフルネスの効用

「おもてなし」のイメージ

貪っているときに、「貪っている自分に気づく」のがマインドフルネスから贈られるスキルです。
同じく、「怒ろうとする前に、いま怒りそうだ」と気づくのが、マインドフルネスから贈られるスキルです。

貪っている最中、怒っている最中に、なかなか自分の感情を客観視できません。

これを客観視できる能力がマインドフルネスのトレーニングによって身につきます。

 

人生はエンドレスにワンダフル

潜在意識

1999年生まれの100歳到達率は100%。

「人生はエンドレスにワンダフル」を合言葉に、人生100年時代のライフシフターを応援します。

感情に振り回されるような自分でいると、人生100年時代のライフシフターとして失格です。

そのためには、潜在意識にある「超意識」の扱い方の是正が必要です。

一般社団法人いきいきゴエス協会のマインドフルネス教室では、その手順をコーチングしています。

ライフプラン(マインドフルネス /ライフスキル /ライフスタイル)コンサルタント

MINORUさん
一般社団法人いきいきゴエス協会

 

「十牛図」6/10までのプロセス

「十牛図」の解説わかりやすく〜10枚の人生の教科書

マインドフルネス・禅・十牛図がもっと分かる主な言葉

「十牛図」は「尋牛」私を探す旅からはじまる

人生100年時代の「十牛図(見跡・けんせき)」けものみち自己発見の旅

人生100年時代のエクスプローラーのバイブル「十牛図」見牛(けんぎゅう)

ヨガ・マインドフルネス・禅・人生の教科書「十牛図」が解く「得牛」の方法

「十牛図」5枚目の「牧牛」は正しい周活(ルーティンワーク)で「なりきる」をなりきる。

「十牛図」騎牛帰家(きぎゅうきか)とフロイト

スティーブ・ジョブズ 「十牛図」を最後まで歩いた56年の足跡

まとめ

この記事はお役に立てましたか?

 

    • 禁止令に悩んでいる方
    • 人生100年時代にのびのびとやりたいことをやりたいと、考えている方
    • 怒りっぽい方
    • 自己否定感が強い人
    • 依存症の傾向がある人
    • 家族との関係が悪い人

この記事では、マインドフルの障害になる「六大煩悩」から、「貪(とん)」と「瞋(じん)」を取り上げました。

「六大煩悩」とは、貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)・慢(まん)・疑(ぎ)・悪見(あっけん)という、6種類の煩悩です。

残りの煩悩は次回ご説明します。

「十牛図」は真の自己を発見するプロセスを10枚の絵で表現したものです。ここでは6枚目までをご紹介しています。

 

LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談

友だち追加

ショップマートワン

ショップマートワン

この記事をブックマークに追加する



人気記事

スリープアスリートの片づけ術 1

目に見えないストレスは、あなたのなかに住み着いているので、時空を超えて突然やってきます。 自分でも何がなんだかわからないので、イライラします。 でも、大丈夫!ここでは即効で楽しめる「おもてなし」の心の ...

部屋が片付かない人 2

部屋が片づいていないと落ち着きません。 落ち着かない・・・・心が安定しない 心が安定していないから、部屋が片づかないのです。 部屋は鏡なんですね。 いらないモノに囲まれていると、大事なものがどこにある ...

ベッドの買い換え 3

https://www.pinterest.jp/pin/653022014694047400/ 捨てられないで困っている方は多いですよね。 なぜでしょう? 当然です。 働いて買ったものばかりです。 ...

幸せとは影のように自分から離れないモノ 4

整理収納、整理整頓・・・でよく耳にするのが、「行政執行でゴミ屋敷を片付けた」的に、困った子が老いた親の住処を片付けたという話。 理由はありますね。 しかしモノとの付き合い方としては、急激にモノが減る( ...

ミニマムライフ 5

整理収納を考える上で、重要なモノと人との関係を図のように、あらわしました。 整理収納を具体的に整理する上で、4 つの区別をつけて考えてみたいと思います。   4つの区別とは、 使用頻度の高い ...

-マインドフルネス
-

Copyright© 暮らしを整える習慣 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.