集中できないストレスを一瞬で消すマインドフルネス

マインドフルネス状態 マインドフルネス
この記事は約4分で読めます。

「目標」という言葉には「達成する欲望」と「達成するやる気」がひとつになっているような錯覚をしがちです。

欲望とやる気の因果関係を解いて、マインドフルネスな宇宙の旅にご案内します。

 

マインドフルネスにできることリストです

マインドフルネスにできること

マインドフルネスにできること

本題に入るまえにコチラをチェ→→→→ック!!

人生100年時代のマインドフルネスにできることリストです。

  • マインドフルネスはトラウマ配線をつなぎ直します。
  • マインドフルネスは極めて有効な「ストレス低減法」です。
  • マインドフルネスは一切の評価をしません。
  • マインドフルネスは「ありのまま」を受け入れます。
  • マインドフルネスは「いまここ」に集中します。
  • マインドフルネスは「つながり」を注意深く実践します。
  • マインドフルネスは「一切皆苦」という真理を原点にしています。
  • マインドフルネス瞑想はマインドフルネスの一部です。
  • マインドフルネスは「二分化的思考」をしません。
  • マインドフルネスは医学、心理学、心理療法にも活用されています。
  • マインドフルネスでは「失敗=悪いこと」ではありません。
  • マインドフルネスは人を生きやすくし、幸せにつなぎます。

マインドフルネスで私の人生、こんなに生きやすくなり、幸せにつながりました!

以上、マインドフルネスにできるリストです。

強い欲望はプレッシャーにしかならない

マインドフルネス

欲望とやる気は全くの別物ですが、欲望がやる気のモチベーションになると思い込みがあるからです。

欲望はまだ手にしていないものですが、一方のやる気は過去の体験も含めた熱意から匂い立つものです。

欲望が強くなるほど、逆にまだ手にしていないことが認識されて不安になります。
つまり「やる気」という熱意に冷水をかけるような役割をしてしまいます。

強い欲望はプレッシャーにしかならないのです。

あるがままを評価しない

無分別置

たとえばワールドワードなスポーツ競技で、日の丸を背負ったとき、日の丸のプレッシャーで「負けられない」と思うと、ネガティブなことが気になって、楽しくもなんともありません。

同じ状況でも内側から湧き上がる強い思いで「勝ちたい」と思うのでは、言葉の上では似ていますが、心理状態では全く違います。

「負けられない」には乗り越えなければならない「障害」があり、「勝ちたい」には「障害」がなく集中だけがあるのが解ります。

「あるがまま」を一切評価しません。

集中できないストレス

システム思考

集中できないストレスは集中していないことから始まります。

実際に仕事の取り掛かった一瞬、

いっきに目標を手放し、することだけに集中します。

目標を手放すコツは、目標を忘れることです。

目の前の作業に入り込むのです。

宇宙の中心に「入り込む」・・・・マインドフルネスです。

持っていては入れません。

私は目標そのものなので、目標は不要です。

「いまここ」・・・マインドフルネスな状態

思い通りにならない「人生皆苦」

座っているときは、ただ座る。

食べているときは、ただ食べる。

歩いているときは、ただ歩く。

話しているときは、ただ話す。

聴いているときは、ただ聴く。

見ているいるときは、ただ見る。

触っているときは、ただ触る。

考えているときは、ただ考える。

遊んでいるときは、ただ遊ぶ。

そして、一瞬、一瞬を、一日一日の感覚を楽しもう、

完璧なまでの単純さの先を理解しましょう。

マインドフルネスで自動思考を止める
自分が認知のあり方に間違いがあるとは思いませんよね。自分の知識や体験で積み重ねたことだと思い込んでいます。実際は、知識や体験で積み重ねたこと+思い込み=自分自身なのです。マインドフルネスは認知の歪みを発見して、矯正(認知の再構成)をすることで、生きやすくします。マインドフルネス実践講座お申し込み受付中です。

まとめ

ジェットコースターに乗っているとき、絶叫している人は、「いまここ」にいるようで実は一歩先の不安の中にいます。

ジェットコースターに入り込んだ人は、上がったり、下がったり、急回転,その感触だけがあり、何の評価も下しません。

犬が曲がりくねった坂道をひたすら歩いているのと変わりません。

マインドフルネス状態です。

人生100年時代のマインドフルネスにできることリストです。

  • マインドフルネスはトラウマ配線をつなぎ直します。
  • マインドフルネスは極めて有効な「ストレス低減法」です。
  • マインドフルネスは一切の評価をしません。
  • マインドフルネスは「ありのまま」を受け入れます。
  • マインドフルネスは「いまここ」に集中します。
  • マインドフルネスは「つながり」を注意深く実践します。
  • マインドフルネスは「一切皆苦」という真理を原点にしています。
  • マインドフルネス瞑想はマインドフルネスの一部です。
  • マインドフルネスは「二分化的思考」をしません。
  • マインドフルネスは医学、心理学、心理療法にも活用されています。
  • マインドフルネスでは「失敗=悪いこと」ではありません。
  • マインドフルネスは人を生きやすくし、幸せにつなぎます。

マインドフルネスで私の人生、こんなに生きやすくなり、幸せにつながりました!

 

人生100年時代のマインドフルネス実践講座 

マインドフルネス実践講座

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました